スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

下位打線の躍動 

140428 横浜スタジアム
中 000 205 200 9
横 002 000 000 2

小熊 5試合3勝1敗
福 6試合 

3連続のカード勝ち越し。いっときは当たり前だったカード勝ち越しも
ある時を境に全くできなくなり、今となっては本当に貴重なもののように思えます。
このような感覚を身に付けさせてくれたジョイナスおじさんには感謝感謝です(皮肉)


先発は小熊。
雨の降る中、自信の調子もよくない中と悪条件でも粘りのピッチングで2失点にまとめました。
イニングを投げ切ったのが何よりの成果で、一度完封してるとはいえ、
7回まで投げたことは小熊にとって自信となるでしょう。


6番平田が2安打3打点、
7番堂上が2安打2打点、
8番桂が1安打で3打点と
11試合連続安打で打率を.359まで上げてきたナニータも含め
下位打線が好調なんですが、ぺトリッククラスのバッティングピッチャーともなれば
誰でも打てるのが当たり前でしょう。

菅野やジョンソン、大谷則本といったエース級から点を取るにはやはりビシエドの前にいかにランナーを貯めるかが
重要になってくるので、そうなるとつまるところは1,2番がキーになるわけです。

今日みたいに僅差の試合でも敗戦処理のピッチャーが投げてくれるラッキーは他の球団では
そうはない事なので、ここからもカード勝ち越しを伸ばしていくためにはエース級を負かしていくこと。

そのために1,2番の奮起、特に2番の奮起が求められます。
まさか谷繁監督も今の荒木で満足してるはずはないでしょう。
谷や亀澤、直倫らをうまく刺激させやる気を漲らせるような環境つくりに努めてほしいですね。

ナニータ専属の車イスになりかけてる工藤だっていい活躍を見せてますから、
大島も1番センターの座は安泰じゃないですよ。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2016/04/28 22:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/999-86eb5988








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。