スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コーチの仕事は選手を守ること 

150620 東京ドーム
巨5-1中
●バルデス、田島、西川

この2試合で長野に11打数で9度も出塁を許し、6度生還されてます。
1番打者にこれだけ仕事をされちゃあやっぱり勝つのも難しくなっちゃいますよね。
ヒットを打たれるのは仕方ないにしろ、先日の初回の四球であったり、
この試合では5回のエラー出塁であったり、自ら塁を与えてるようじゃあさらに分も悪くなります。

スタメンをザーッとみて、怖いのは正直言って亀井だけなのに、
その亀井に2本のタイムリーを浴びて試合の主導権を握られたのがなんとも悔しい所。
逆に言えば、
亀井でしか点が取れない打順できっちり亀井で点取れるのがこの戦力ながらも首位にいる一つの要因だし、
亀井でしか点取られないのに亀井のところで点取られるあたりが中日の弱さだったりするわけです。


又吉がなかなか使いにくい中で、福谷に対する信頼も欠けてきつつある中で、
じゃあ誰を中心にブルペンを回していくか?という状況の中で
(数字の上では)最も良かった田島に頼ってみたら案の定炎上。

やっぱり又吉福谷しかいないんだな、で投げさせてみると安定感を欠く内容→
替わりどうしようか→田島使ってみるか→炎上→やっぱり又吉ふく(ry
何回この悪循環を見たことやら…

悪い時の田島は、ストレートが高めに浮くというより、変化球をひっかけて低めに叩き付けるのが目につきます。
キャッチャーへの信頼のなさ。リードを信用できないし、構えに安心感を感じられないから、
もっと低めに投げようとして、地面にたたきつけてしまう。そんなところではないでしょうか。

キャッチャーに信頼が出来ないから、ベンチを見る。
するとデニーが「四球は絶対出すな」という眼で睨みつけてくる。
これだと選手の逃げ場がありません。追い詰められてしまいます。
本来の力なんて、出せるはずがありません。

コーチの仕事は選手を守ること、です。


IMGP3880.jpg


IMGP3876.jpg

福ちゃん、試合壊れてるの中で2ストから山口の低めのフォーク見逃して
「おっ集中してるなぁ〜」って思ってたら次の球を右中間中段にズドン!
価値のある一打でした◎


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/06/20 23:00 ] 15' 観戦 | TB(0) | CM(2)

その前の試合の継投も、意味がわかりませんでしたが。
ブルペン大好きとしては、誰かやらかすんじゃないかといつも心配で、投手たちが気の毒で。
[ 2015/06/21 16:39 ] [ 編集 ]

アンさん、コメントありがとうございます。

仰る通りで、勝ったからよかったものの、現地だから楽しかったものの、
金曜日の継投はそれはそれは酷いものでした。

デニーが主導権を握ってるのは間違いなくて、すべての殺意は彼に向いてるのですが、
落合野球を間近で体感しておきながらもデニーの継投を
見過ごしてる谷繁と森繁にもそろそろ怒りを感じてくる頃ではあります。

[ 2015/06/22 21:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/926-2fb49e28








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。