スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

藤井システム炸裂 

150520 豊橋
中11-6広
山井、祖父江、○浅尾、H田島、福谷


年間だいたい80勝するとして、その内訳は
40勝は投手による勝利、30勝は相手のミスによる勝利、
7勝が守備による勝利、3勝が打撃による勝利だと考えてます。
(足で勝つ試合なんて多くて年2つ)

代打杉山あたりまでは完全に消化試合モード。
エルナンデスのツーベースが流れを切り裂いてくれましたね。
地方球場ならではのアットホーム(?)な雰囲気になったところで地元の英雄藤井が登場。

1本のタイムリーに留まることなく次の打席では逆転の3ラン。
逆転3ランという響きがまず滅多に聞かない忘れかけたもの。


この日の試合は数少ない打撃で勝った試合。
なのかもしれませんが
エルナンデスの打球を追った丸のといい、
その回の直前での大瀬良のバント失敗といい、
梵のバント失敗といい紐解いていくと相手のミスによるものかもしれませんし、
逆転を呼んだ表を9球で抑えた浅尾の投手による勝利かもしれませんね。


さてさて藤井について。
誕生日で、地元凱旋で、途中出場で、2アウトから、とあまりにも出来すぎたシナリオ。
豊橋だけじゃなくて普段からもやれよ、と思うかもしれませんが、
対左や代打など、限られた場面だけでも活躍できる選手がどれだけ貴重かということ。
そこが二軍でくすぶってたり、戦力外通告を受ける二流選手との違いだし、
和田さんでさえ一軍に上がってこれない外野層の厚さで一軍に踏みとどまってる所以だと思います。

高橋聡文の立場からすると、凱旋ゲームが中止にならず開催されるだけで
うらやましいのにヒーローにまでなるってマジ何者。。。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/05/20 23:00 ] 15' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/909-f6575a83








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。