スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

全日程終了&タイトル確定 

飯原のドラマチックな落球で2014年セ・リーグが終幕。
タイトルも確定しました。


■投手タイトルホルダー
最優秀防御率 2.33 菅野智之(巨)初
最多勝 13 R.メッセンジャー(神)初/山井大介(中)初
最高勝率  .722 山井大介(中)初
最多奪三振 226 R.メッセンジャー(神)②
最優秀中継ぎ 42 福原忍(神)初
最優秀救援  39 オ・スンファン(神)初



タイトルを獲得した菅野以外の選手の皆さん、おめでとうございます。

なんといってもこのメンツに山井大介の名前があることが異常ですね。
最多勝は神ピッチが続いてその時に漏れなく勝ち星がついていれば無くはないもの
だったのかもしれませんが、最高勝率を獲ることを予想できた人はいたのでしょうか?
おそらくガチガチの山井ファンや、山井の奥さんでさえも予想できなかったでしょう。

最優秀中継ぎは福原。
ホールドが一番多かったってだけで決して最も優秀な中継ぎ投手ではないのですが、
ルール上なので仕方ないですね。
山口西村が開幕から不調、浅尾不在と本命なき状態でスタート。
そして我等があきふみさんがなんと開幕一軍という事で千載一遇の大チャンスだった!
んですが、夏前のケガであえなくリタイア。
健康でさえいれば十分に可能性もあったオールスター監督推薦もナシ。

最優秀救援はオ・スンファン。
すいません、オ・スンファンは通用しないと思ってました。
そのせいでブルペンが崩壊し阪神を最下位予想してました。失礼いたしました。



■野手タイトルホルダー
首位打者 .338 M.マートン(神)初
本塁打王 37 B.エルドレッド(広)初
打点王 109 M.ゴメス(神)初
盗塁王 39 梶谷隆幸(横)初
最多安打 193 山田哲人(ヤ)初
出塁.率 419 W.バレンティン(ヤ)②



野手に中日勢の名前はナシ。
惜しいところでは打率で大島が.318(4位) ルナが.317(5位)を残しました。

大島は他にも盗塁が2位(28個)、安打が3位(186本)と健闘。
昨シーズンは失意のシーズンとなりましたが、肘のケガさえ万全であれば3割180本30盗塁
を安定して残してくれると証明を得たシーズンでした。
課題としては盗塁死ですね。12個はリーグワースト。
とはいうものの、成功率は12年の65.3%、13年67.9%、14年70.0%と改善されています。
来年は最低でも75%はクリアして欲しいです。

やはり寂しいのは本塁打。
チームトップ、ルナの17本はリーグで11位。
上には今季不振だった阿部、相変わらず存在感の消えた村田、まだいたのロペスがいるくらいですから、
いかに少なかったのかがよくわかりますね。
ちなみにチーム2位は16本で和田さん、3分の2しか出てないのに。

打点では森野が13本塁打ながら86も稼ぐなかなかの奮闘ぶり。
中日の全試合終了時ではリーグ3位タイでしたが、
山田と雄平が6日の試合でともに4打点で抜き去っていきました。

出塁率チームトップはもちろんルナで.387。
大島の.369はゴメス、川端、畠山といった面子よりも優れていて、この点は毎年高水準で安定。
リーグ屈指のリードオフマンと自信をもっていいでしょう。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2014/10/08 12:00 ] 14' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/859-7da3f762








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。