スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

反省してないのは三塁コーチ D8-2C 

140710 ナゴヤドーム
D8-2C
○大野、田島、武藤


大野が7回のピンチを抑えたところが今日の試合のターニングポイントでした。
あそこで打たれていれば、はいはいいつもの大野、でバッサリとした評価になってました。

四球1つで三振は4つと少なかったものの、被安打も5本と少ないピッチング内容でした。
ただ、浴びた2本のHRはどちらも2アウトから、与えた唯一の四球はピッチャーのバリントンに対して、と
画竜点睛を欠くあたりは大野らしいといったところでしょうか。

勝ちを計算できそうな投手までにはなってきたけど、
本人が開幕時に言ってた、エースとか貯金をたくさん作るってのには
まだまだピッチングの精度を高めて行かないといけないと感じます。

勝ち越し打は藤井のバットから。
和田さんがよく走った、と言えばそれまでですが…

負けてたわけでもないのになぜ無理して回したのかが理解不能。
例えばこれが1点負けてる場面で、
所詮止めても、1点ビハインド2死13塁だからこれは守ってる方が優位なので
一か八かで回してしまうのは選択肢としてありだとは思います。

しかし、この試合では、止めたところで、同点でなお2死13塁のチャンス。
この状況の何が不満なんでしょう。
優位な立場にいるのはどっちか?を考えれば攻めてる方が優位なのは誰の目にも明らかなはず。

思えば、先日の巨人戦でも同点の8回に、レフト亀井が超前進守備にもかからわず無謀に突っ込んで憤死
→その裏勝ち越しを許す(結局また追いついたけど)という試合がありました。

この試合の反省がなにも生かされてないのが悲しいですね。
まぁ本格的なシーズンはまだ始まってないこの時期だからまだいいものの、
本格的に開幕すると、1勝が重くなり、それに伴い1アウトもとてもとても重くなりますからね。
アウトをただであげるなんて言う敗退行為は厳禁です。

さすがに2回もやらかせば次は直してくれるよね…


相手を貶すような感じになっちゃうからあんまり言いたくないけど、
荒木ならあのゴロは飛びついてでも止めてライト前に抜けさせてないよね。
菊池は何で飛びつかなかったんだろうか。
こういうプレーしてるから毎年夏に失速してるんじゃないのかなぁ…

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2014/07/11 23:00 ] 14' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/812-81f3a24c








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。