スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

交流戦を振り返る 

■チーム成績
24試合 13勝10敗1分け (4位)

■チーム投手成績
88失点(5位) 防御率3.36(4位)

■チーム打撃成績
93得点(8位) 11本(12位) 打率.258(5位)

■交流戦で巨人と2.5G広がった


交流戦が終わりました。
13勝10敗1分けの+3。
序盤は優勝も狙える?とかいう位置につけてましたが、優勝なんて必要なくて、
一つでも貯金が作れれば十分。

ざざっと振り返ってみると、札幌での2戦目、西武Dでの2戦目、マリンの1戦目。
この3つ、点の取り合いからの乱戦をものにできたのが大きかったですね。
単純にこれらで力負けしてれば借金3でした。
貯金3はそのままこの3試合分ってとこですね。


逆に勝ちを逃してしまった、って試合は福岡での岩瀬炎上と、初戦の大谷崩した後に逆転を許した試合ですね。
特に札幌の試合に関していえば、交流戦初戦だったので、ここで勝っていれば
常に交流戦の貯金を意識して精神的優位に戦えただけに残念でした。
それでも、札幌をタイで切り抜けると宮城で連勝して貯金。
折り返し一発目の楽天戦でも2つ勝てて対チーム4-0を作ることが出来てだいぶ楽になりました。

なにより折り返し一発目で作れたことが大きくて「負けてもまだ貯金ある、勝てれば勝つだけ貯金増える」
の気分の中で残りの5カードを戦えました。

ぜんたい4位はセ・リーグだけで見ると巨人に次いで2番目。
広島はやっぱりボロが出てきたし、巨人もいろいろ迷ってて強さをそれほど感じません。
一方でドラゴンズは2番エルナンデス、4番森野の形とセットアッパー福谷がきちんと確立できたので、
理想的な交流戦だったのではないかと思います。

個人成績に目を向けてみると
まず光るのが福谷の14試合防御率1.34、10H、WHIPも0.92と1を切っています。
大野が5試合1.34で3勝0敗。マリンのアレがあったので数字ほどの良いイメージはありませんが、
それでも西に土を付けたり、完封ペースで投げたりと光るものがありました。
実は岩瀬の8Sは交流戦トップ。福岡事変がありましたけどまだまだ健在です。

打つ方ではルナ、大島、それとエルナンデス。
ルナは.367/.462/.556でOPS1.108。
大島は.350/.385/.388。6つの盗塁がありますが、盗塁死も4つある所はいつも通りでしょうか。
エルナンデスが規定未満ながら.315をマーク。
四球がたった3つというのはこの手の選手のお決まりかもしれませんが、
21安打+3四球の24出塁で13回ホームまで還ってきました。


リーグ戦再開は大野から。
3週間後のオールスターでまたローテがずれるとはいえ、
エースとのマッチアップになる金曜に指名された意味は大きいです。
その裏で山井さんの無敗は記録はもう少し伸びるかもしれませんね。

福谷は確定だとして、この2人のどちらかは監督推薦でオールスターに選ばれるだけに、
ここの争いにも注目していこうと思います。


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2014/06/26 23:00 ] 14' 交流戦 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/803-54a5cbde








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。