スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

同点へのきっかけ拓け君の足で Bs4-6D 

140615 京セラドーム
Bs4-6D
山井、H又吉、○浅尾、H福谷、S岩瀬


山井さんは最悪の立ち上がり。
ヒット、送り、タイムリー。走塁死でランナーなくなってからも四球死球からのタイムリー。
2回は2死からのソロ被弾ともう悪山井さんの役満状態。

さすがにこの出来では負けが付かないと公平ではないのですが、
それでも負けが消えてしまうのが今年の山井さん。
こんなところで運使いすぎて大事な終盤に反動が来て、神ピッチするも無援護で敗戦
なんてことがありそうなんて考えてしまうのはさすがに斜に構えすぎでしょうか?

負けを消した同点劇は山井の代打藤井から。
応援歌のごとく同点へのきっかけを拓いてくれました。
頼みのルナが三振に倒れ「ここまでか」と誰もが思った空気感の中、和田平田が良く打ちました。

6回は又吉。
準備してる段階ではまさか同点になるとは思っても無かったでしょうから、メンタルの作り方がやや難し目だったでしょう。
でも完璧なパフォーマンスを見せてくれたあたり、又吉はこういう時の方が力を発揮するタイプなのかもしれません。

7回は浅尾。
打順の巡り的にも8回よりも7回のほうが圧倒的にラクだったので、
首脳陣の中ではまだ福谷>浅尾という位置づけなのかな。

8回は福谷。
ここもまた表の攻撃で点入るとはあまり考えにくい場面だったのでいざリードしてる場面となると
メンタルの持ちようが難しいですが、福谷もまたこういう方が力を出すタイプでしょうか。

9回は岩瀬。
例のアレ、なんて何のその
セカンド直倫、サード谷くんというファイナルフォーメーションを背にいつも通りの四凡で〆。


これでオリックスとは2勝2敗。
西に土を付けたけど東明に負けたある意味予想通りのナゴドと
逆転勝ちと逆転負けの京セラと良い感じで対になってる対戦でした。
でも負けを付けたのは西と佐藤達也という点を見ると立派に戦ったのかな。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2014/06/15 23:00 ] 14' 交流戦 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/798-427103b6








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。