スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

代表監督常設はWBC王者奪還への第一歩 

小久保ジャパンの目的はただ一つ、WBC王者奪還。

思えば前回大会で優勝を逃したのは、
監督含めた首脳陣の決定が遅かったこと、
そしてその監督の采配や起用の意図が意味不明だったことといっても過言ではないでしょう。

終始無気力だった阿部、不振の長野など確かに不安因子はありましたが、
あれだけ屈強な投手陣とあれだけ勝負強いをしていた井端を擁しながらも優勝を逃したのは
監督がチームをチームとしてまとめるだけの時間があまりにも少なすぎました(ただ単に能力が無かったのかもしれませんけど)

そんな課題を克服するため、早々と小久保を監督に据えて代表チームを発足させました。
コーチの面々を見ても稲葉、仁志、矢野、村松と40代前半の若いコーチが揃っています。
このコーチ陣がWBCでもユニホームを着るのかは分かりませんが、
代表監督の座が常設され、その席に小久保が座り、次のWBCで指揮を執ります。

代表監督の常設、専任というのは今までになかった動きです。
他のスポーツに目を向けて見ると、サッカーはなんと1921年(!)の佐々木等(誰?)から始まり、
現在のザッケローニに至るまで述べ40名近くが務め、外国人監督さえいます。

つい先日までゴールデンタイムを割いてまで放送するほどの人気コンテンツ
となったバレーボールにも、どのチームの監督ではない日本代表の専任監督がいて
365日24時間代表チームのことだけを考えています。
一方で、リーグ戦の注目度は皆無と言っていいくらいですから、
この点ではNPBと真逆の課題を抱えているので、両団体が歩み寄ってそれぞれの
良いところを取り入れることが出来ればwin-winの関係になるのではないでしょうか。


11月8日 日本4-2台湾

小久保ジャパンの初陣を任されたのはライアン小川。
初回に1点こそ失いますが、シーズンで見せた修正能力の高さを遺憾なく見せつけ(すぽるとっぽい言い回し)
終わってみれば2安打1失点8奪三振で2回以降は完ぺきでした。


2番手で大野が登板。
5回ウラ

6:張進徳 追い込んでから粘られると、フルカウントから外角の球を見極められ四球を与える。


7:李杜軒 無死一塁。初球をバント。ホーム前に転がった打球を嶋がすばやく捕球し~


6回ウラ

4:陳俊秀 フルカウントから外角のストレートが外れ四球。
嶋が大野のもとに駆け寄り一言、二言声をかける。



試合のリアルタイムで観てないので何とも言えないのですが、
テキスト速報だけでも伝わってくる大野のもたもた感。

結局3イニングを投げて1失点、与四球2、奪三振3というまずまずの内容でした。


打つ方では大野が追いつかれた裏の回で平田が代打で登場。
秋山の犠牲フライで1点を勝ち越しなおも2死3塁というチャンスで、
ライト越えのツーベースを放ち追加点を挙げました。


チームとしては先発のライアン小川が4イニング、その後大野-井納-益田とつなぎ、
秋山が同点だと勝ち越し犠飛の2打点の活躍で台湾を4-2で下しました。


リアルタイムで観ておらず、テキスト速報を基に書いているので勘違いしている部分もあるでしょうが、
たとえば、3回表1点ビハインド、無死1塁(梶谷)、打者8番嶋、という場面で
日本式のすもーるべーすぼーるを(キリッ と送りバントをしなかった点は小久保監督の采配は良いと思います。
結果として盗塁失敗でしたが、送ったところで9番は今宮でアウトになる可能性が高く、
点を獲れるかどうかは結局1番岡島の1打席だけにかかってたわけでこれだと確率が低すぎますからね。

点数そのままで5回表、無死2塁(浅村)の場面でも6番秋山は強打。
結果、同点タイムリーツーベースでなおも無死2塁で梶谷も強打でした。
梶谷はライトフライに倒れましたが、嶋がタイムリーを打ちこの回勝ち越しました。

7回表、2点リード、無死1塁(今宮)、打者1番岡島の場面でもバントせずでヒッティング。
岡島菊池銀二と倒れランナーは進塁すらできませんでしたが、小久保采配の意図は感じることができました。

かといってバント嫌いなのではなく4回表、1点ビハインド、無死1塁(岡島)の場面では2番菊池に送りバント。
なにがなんでも先頭でたら送り!などという日本野球の悪しき固定観念に支配されること無く
このように後ろの打者との巡り合わせを考えつつサインを出しているのは
はじめてにしては、「おっなかなかやりおるな」と感じました。




11月9日 日本4-2台湾

次回WBCへの課題は一塁手と三塁手。
やはり一塁と三塁に打てる選手がいないと強力な打順は組めません。
稲葉みたいな中距離ヒッターを置くのもありといえばありですが、
ホームランバッターの守備位置は一塁か三塁なのでその位置を中距離で埋めてしまうのは…
(DH井端なんて愚策はもうこりごり)

第1回の小笠原岩村、第2回の小笠原村田(決勝は片岡)と比べると第3回の稲葉松田というのは
あまりにもスケールが小さすぎてそのまま打順全体のスケールの小ささを表している気がします。


台湾遠征に選ばれた選手で三塁を主に守ってるのは川端のみ。(日立製作所の岡崎のポジションが分かりませんが)
小久保監督はこの試合も3番三塁で銀次を起用しています。
今季楽天では3試合(うち1つはアジアシリーズ)しか三塁を守っていません。

確かに川端も素晴らしい素質と持った選手ですが、いかんせん怪我が多すぎて
WBC前のシーズン途中に怪我→そのまま選考からフェードアウトの可能性が割と高いです。
堂林と筒香もう~んという感じですから、銀次の三塁起用も分からない話ではありません。

しかし、彼もどちらかという稲葉タイプの中距離打者。
来年からは中田が三塁に転向するようですが、果たして…


一塁は3試合とも浅村でした。
若手、というくくりを無視しても今季最も活躍した日本人の一塁手ですからなにも文句はありません。
むしろ日本人というくくりを無視しても最も優れた一塁手といっても過言ではありません。
(浅村に関しても、おかわりくんが一塁専任ヘルマン退団濃厚という事で三塁転向の動きがあるようですね)


10月10日 日本1―0台湾

嶋、伊藤ときて3試合目のスタメン捕手は炭谷。

第2回大会で4番捕手でチームをまとめた城島が32歳で第3回ではああなってしまった(現役引退)わけですから、
阿部(33)が次回もスタメンを張れる保証はどこにもありません。
嶋がこの遠征チームのキャプテンを務めてるようで、おそらく次回WBCもほぼ決まりで
阿部の衰え次第ではレギュラーも十分にあり得ますが、
前任二人と比べて大きく違うのは彼は中軸を打つようなバッターではないという事。

第2回、3回と『4番捕手』のスタメンのテンプレが次回は使えないですから、
やはりより一層4番一塁or三塁の選手を育てていくことが大切です。


にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2013/11/27 22:00 ] 13' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/744-c26c4eec








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。