スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

一回り終了 

カード一巡り15試合が終わりました。
雨天中止もなく、言うほど『打てん中止』もなかった印象です。

星取りは6勝9敗、ヤクルトと並んで5位タイ。
一つ上には横浜がいて雨天中止があった分1試合消化が少なくて6勝8敗です。


■主な野手成績
谷繁 .386 1 8  2000本まであと14

クラーク .257 3 8 
荒木 .140 0 1 
ルナ .450 3 14 開幕15試合連続安打
井端 .148 0 3 謎の死球3(!) 2失策
森野 .185 0 1 井端のエラーの一つはこいつのせい
 
大島 .256 0 3 12三振 7四球
和田 .230 2 10  
平田 .000 0 0 15打席
松井 .230 0 3 
藤井 .428 0 1 


ルナと谷繁以外の選手が軒並みボロボロですが、ルナが3番にいて谷繁が7、8番にいてうまく分散されているので
チーム全体としてそこまで見るに耐えられない貧打というわけではありません。

井端はWBC用ハイペース調整&WBC疲れによる一過性のスランプと見てますが、
荒木、森野はとうとう衰えが隠せなくなってきた模様でしょうか。。。
特に荒木は、去年のCSFinalGAME6で最終回思い出代走の英智を意地で生還させた後の
あの何も生み出さないサードゴロですべてが終わったような気すら感じています。

足にスランプはない、とは昔の偉い人が言ったことで、まさにその通りで、
荒木のあの足は他球団からすれば今だに脅威と感じているでしょう。

WBCで見せてくれた代打・井端が終盤の大きな武器になったように、
代走・荒木が試合の終盤が出てきたらこれはかなり頼もしいモノであるでしょう。
しかし、荒木の年俸と控えの二遊間(特に直倫の持ってなさ)を考慮すると荒木をスタメンで
起用せざるを得ないのかなぁ、とも思います。

ファームでは高橋周平が急ピッチでセカンドの練習をしてるようですが、
ここにきて谷くんの離脱とタツローの放出が大きな痛手となっています。

チーム内だけでなくリーグで一番ホットなプレイヤーのルナ。
開幕から15試合連続安打で安打数27はもちろんリーグトップ。
広角に打ち分けたり、大敗の終盤での二走時にもきちんと外野の守備位置を確認したりなど、
玄人好みのプレースタイルでファンを魅了してくれています。
何より、守備でも計算が立つのが大きくて、研究されるであろう二周り目以降で
打撃成績を大幅に落としたとしてもこれだけの守備力があれば去年のサードベースマンよりグレードアップするのは間違いないです。

外野手はドングリーズが各々どんぐりっぷりを見せつけているといった状況でしょうか。
せっかくスタメンで出てるのに少しのミスでもしたら替えられるじいちゃん采配のもとだと
やりにくいというのは確かに同情しますけど…
大島は7四球選んで高出塁率をキープしてる一方で三振はチームトップの12個。
今までとは違った打席内でのアプローチを試しているんでしょうかね?



■主な投手成績
吉見 2試合 13回 0-1 5.53 
山内 3試合 19回 2-1 3.31
カブレラ 2試合 14回 2-0 0.00 
ブラッドリー 2試合 12回 0-1 4.50 
山本昌 1試合 6回 1-1 0.00
大野 3試合 13回 0-3 6.92
中田 3試合 12回 0-0 2.25

武藤 9試合 10回 6.30 
岡田 9試合 8.2回 1.03 被安打2 奪三振率11.42
田島 8試合 7.2回 3.50 
小熊 7試合 5.1回 1.68 
岩瀬 4試合 3.2回 0.00 被安打1
井上 3試合 2.1回 0.00 
小林 4試合 1回 0.00 対阿部ワンポイント失敗
山井 3試合 2.1回 19.2 
高橋 1試合 1回 0.00 *怪我抹消
(チーム 15試合)


登板過多が叫ばれてる武藤岡田田島小熊に関しては先発投手のふがいなさが
全責任といっても過言ではありません。
特に武藤と岡田に関しては、基本線はビハインド時や同点時に投げる役割なんですが、
能力が高すぎるだけに勝ちパターンでも使いたいがための登板過多だと思います。

本来ならば一人ロングいける投手を置いとくべきなんですが、その枠にコバマサがいます。
成績を見ても分かる通り、4試合で喰ったイニングはわずか1。
去年からですが、コバマサの使い方が下手すぎ。
左のワンポイント以上の投手にしたいなら右打者だろうが関係なく投げさせるべきです。
左右の揺さぶりがあって、そのボールをコントロール出来れば右打者だって立派に抑えることができるはずです。
良い例としては、ソフトバンクの森福がワンポイントからセットアッパーにのし上がったことが挙げられますね。


先発は、現時点で数字を残してるのが昌さんとカブレラ、という開幕前には
だれも予想できなかった、ある意味緊急事態。
カブレラは見る機会が無かったので何とも言えませんが、
もう一人の新外国人ブラッドリーは決め球が低めに決まりさえすれば安定したピッチングをしそう。
性格も真面目で人もよさそうでファンに好かれそう。

明日の予告先発は吉見ん。
春先の神宮なんて怪我人が出ければ大万歳というくらいの認識なんですが、そこで投げさせますか。。
むしろ明日は調整で来週さ来週の阪神-巨人@ナゴドを見据えてる感じでしょうか?
で、その次はヤクルト@神宮。。。あっ。。。


あきふみさんは左肩関節周囲炎。
軽い肉離れの寸前だそうです。。。
スポンサーサイト
[ 2013/04/15 23:00 ] 13' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/735-7935df8d








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。