スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2013WBC日本代表をディープに考察【内野手編】 

明日4日に正式なメンバーが発表されるようです。楽しみですね。


【内野手】
いろんな可能性があるのが内野手。特に選考が難しいポジションです。
たとえば理想のメンバー挙げてみろ、と言われれば十人十色の答えが出てくるでしょう。

自分の理想はこれ
一塁 おかわり
二塁 井端
三塁 宮本
遊撃 坂本/中島/鳥谷

一塁は、おかわり以外に見当たらないでしょう。

二塁には井端。今年の復調は何よりもうれしい。
ジョイナスじじい唯一の評価点。

三塁には宮本。どうやら本人の中では今季限りで引退する決意を固めていたようです。
いやいやいやいや、待って待って。
やめるなら川端か筒香かあるいは堂林でも、球界を代表するサードを育ててからにしてくださいよ。

遊撃は坂本中島鳥谷の誰でも過不足はありません。
中島がメジャー移籍決定的で出場は無理そう+鳥谷阪神残留で出場できそう
ということで右の坂本、左の鳥谷とバランスよく選出できていいのではないでしょうか。

中島のほかにはおかわり中村が左ひざの出術でWBCは無理。
来季の開幕にも間に合うかどうか?という状態らしいです。


ということでレギュラーメンバーはこちら
一塁 稲葉
二塁 井端
三塁 宮本
遊撃 坂本

 
コーナーインフィールダーを任せることのできる長距離砲がおかわりしかいないのは日本野球界全体の課題。
4年後までには川端筒香堂林がどうなっているんでしょうか??

前回記事で野手15人のうち、捕手3人外野手5人を選んだので、残るは7枠。
そのうちの4枠は上記のレギュラー陣で控え選手枠は3つ。

内野手の控えを3人しか置けないのは少なくて苦しいですが、まさか捕手や投手を削るわけにもいかないので、
この人数でやりくりするしかありません。

前回大会でいうところの、中島の発熱くらいなら片岡をサードにする応急処置でカバーできますが、
村田の肉離れですぐに栗原を呼んだように、怪我なら即代替選手と入れ替えることが必要でしょう。

まずセンターラインの控えとして鳥谷と田中浩康を選出。
残るは右打ちの一塁手or左打ちの三塁手といきたいところですが、前者で目ぼしい人材はおらず。
かといって川端や筒香を入れられるほど余裕もないので、ここはT-岡田こと岡田貴弘さんを選出します。
筒香と比べてホームラン王のタイトルを取ってるという点で2段も3段も上を走ってます。


ここまで頑なに松田本多内川の"サンバカトリオ"に触れてこなかったのは、
日本が得点することで彼らがいつものように規約違反のベンチを飛び出して喜んでしまうと、
韓国チームからの報復死球が彼ら以外の選手に当てられてしまうからです。
彼らがベンチ出て喜ぶ=彼らは試合に出てない=別の関係ない選手が打席に立つ、ですからね。

■メンバー
稲葉、岡田、宮本
井端、田中浩、坂本、鳥谷

その他の候補
・川端、筒香、堂林
・浅村、根元


これでオレJAPANが出そろったので、球団別に見てみると…

■巨人   内海、山口、阿部、坂本、長野
■中日   吉見ん、コバマサ、井端
■ヤクルト 館山、田中浩、宮本
■広島   マエケン
■阪神   能見、鳥谷
■横浜   山口俊
■日ハム  稲葉、糸井、中田翔
■西武   牧田、炭谷、秋山、
■福岡   攝津、森福
■楽天   田中マーさん、嶋、聖澤
■ロッテ  なし
■オリックス 平野、T-岡田


残念ながらロッテからは選出者なしになっていますが、12球団から一人ずつ選出するという慣習を踏まえるなら、
角中inで聖澤outでしょうか?
ただこれだと外野の控えメンツが重くなるので、最後まで迷った岡田を入れるかな?
あるいは館山と吉見んが怪我で厳しいなら、成瀬を入れるとか。


■オレJAPAN 代表メンバー
田中将大18、前田健太(17)、吉見一起19、内海哲也26
攝津正50、館山昌平25、能見篤史14、牧田和久35
山口鉄也47、山口俊11、平野佳寿16、森福允彦(13)、小林正人69

阿部慎之助10、嶋基宏37、炭谷銀仁朗2
稲葉篤紀41、岡田貴弘55、井端弘和(3)、田中浩康(4)、宮本慎也(30)、坂本勇人6、鳥谷敬1、
糸井嘉男7、長野久義(9)、中田翔(5)、秋山翔吾(8)、聖澤諒23

※数字は背番号。()付きは所属球団とは違う番号。
マーさんを15にしてマエケンを据え置き18にするのも考えましたが、あの忌まわしき北京と同じなので却下。
森福は岩瀬イメージ、翔さんはあこがれの清原の番号、少年野球の監督が30つけることから宮本は30。
浩康の4と秋山の8は普通に似合う。井端はキューバ戦でもつけた3。


代替選手
・岸孝之、成瀬善久、今村猛、涌井秀章
・中村悠一、
・川端慎吾、浅村栄斗
・角中勝也、岡田幸弘

首脳陣
秋山幸二 監督
梨田昌孝 ヘッドコーチ
森繁和  投手総合コーチ
吉井理人 投手コーチ
真弓明信 打撃コーチ
大島康徳 打撃コーチ
高代延博 内野守備走塁コーチ、三塁ランナーコーチ担当
米村理  外野守備走塁コーチ、一塁ランナーコーチ担当

○○と○○は共演NGという球界の裏事情は抜きにして、なるべく現職ではない方たちを選んだ首脳陣。
ただ、秋山さんだけは、どうしても監督をやってもらいたい。
原さん以外では適任はあなたしかいません。
スポンサーサイト
[ 2012/12/03 16:00 ] 13' WBC | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/721-4c8b2d13








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。