スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2013WBC日本代表をディープに考察【捕手外野手編】  

最終候補28人まで絞る込む前段階の33選手が発表されましたが、構わず続けましょう。
(その33人候補は見なかったものとします)


【捕手】
阿部の阿部による阿部のためのチームと言っても過言ではない今回の山本JAPAN。
捕手で、4番で、チームリーダーで、大変な役割を一手に担う事となります。

援助するサブメンバーになりそうなのは、揃いも揃って(代表クラスでは)三番手レベル。
でもかえってそちらの方がサブに徹しやすいという意味では良いのかもしれません。

強化試合にも選ばれた炭谷と嶋で問題ないでしょう。
まぁチーム数が少ないので選ぶは簡単ですね。


次回大会のことを考えると阿部は37歳。
城島は前回32歳で正捕手として参加しましたが、4年後の今大会は36歳でご覧のあり様でした。
阿部だって同じ道筋をたどらないとは言い切れないので、そろそろ次回のことも考えなければならないでしょう。

候補としては炭谷(29)、嶋(32)、中村(26)あたりが上がりますが、
ただバントうまい、右打ちうまい、肩がバカ強いだけでは代表の正捕手には弱いので、
彼らの打撃力の向上が次回大会への第一の課題となるでしょう。



【外野手】
選考に難航を極めた内野手は後回しで。

最強の外野陣は左から青木、長野、糸井と並べることで完成し、
それぞれの選手は走攻守のどれにも優れた5ツールプレイヤーで、かつ今シーズン主に守ったポジションなので、
北京のGG佐藤の二の舞や、前回のレフト内川のギャンブルスライディングも起こることはなく安心して見ていられます。

ただ、青木が出場を辞退したことにより、選考は難しくなりました。
この3人が頭3つ4つ抜きん出ていて、その他の候補との差が大きくあるからです。
また、5ツールに優れた外野手というのもこの3人以外に見当たりません。

パワーパッケージがやや落ちる部分がありますがバランスのとれた坂口と栗山は怪我で出場が難しく、
陽岱鋼とミレッジに関して言えば国籍が違うので出場は120%無理です。
特に、坂口の離脱は痛すぎですね。チームにとっても、本人にとっても。
なんでよりによってこんな大事な年に…
もう坂口がパ・リーグの野球を知ろうとしない頭お固いお偉いさんに知られることは無いのでしょうか…


レフト内川のギャンブルスライディングキャッチからのスローは
たまたま成功したから美談のように語られていますが、
個人的には外野手があんなギャンブルプレーをするのは論ずるに値しません。
短期決戦こそ守備力が勝敗を大きく左右してくるので、
守備力重視で先行するのは当然のことではないでしょうか。
ただ、守備専に枠を割けるほど余裕もないので、守備力+打力のある選手だったり、
守備力+走力の持つ選手が浮上してくるでしょう。


メンバー
■糸井、長野、秋山、中田翔、聖澤

青木の抜けたレフトには秋山を推します。やっぱり守備力は大事。
中田翔さんはDH。
最後の枠は守備力+走力で聖澤、大島、ロッテ岡田と迷いました。
守備力と単純な走力では3選手とも素晴らしいモノがありますが、
盗塁成功率に関して言えば、これはもはや生まれつきの特性に近いモノがあり、
数か月の指導でどうにかなるものではないと考え聖澤を選びました。
(意味ない数字と分かってるけど聖澤の得点圏打率.373(リーグトップ)、ビハインド時.536)


スポンサーサイト
[ 2012/11/29 17:00 ] 13' WBC | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/720-5ba7972c








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。