スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

10.22巨人4-2中日:残念でした 

121022 東京ドーム
中日 000 001 001 2
巨人 030 010 00x 4
中)●伊藤-武藤-三瀬-山井-大野
巨)○ホールトン-澤村-H山口-S西村

IMGP0235.jpg

残念でした。


思うところはたくさんあります。

なぜ?中4日の大野より中3日の準規?
二人のどちらかでものすごく迷ったのは想像に難くないです。
結論として、二人で5回くらいまで、先発かそうでないかはただの順番の問題、というとこに至ったのも。

ならなぜ寺内に打たれたところで決断できない?
由伸、村田、寺内に対しては先に2ストライク0ボールと追い込んでいました。
内野席から見ていたので谷繁がどこにミットを構えたかは分からないけど、
彼がストライクを要求するはずが無く、投げ急いでいることは明らかでした。

投げた場面のプレッシャーの差が歴然だったとはいえ、これを差し引いても、
準規の大野の状態の差も歴然でした。


なぜ?武藤を2/3イニングで交代?
3回表1アウトを取られたところから武藤がベンチ前で小田とキャッチボールを始めました。
2アウト目を取られるも、井端がヒットで出塁したところで権藤コーチが出てきて
武藤を呼び戻して、次の回のマウンドには三瀬が立ちました。
阿部から始まる打順を考慮しての三瀬投入だとしたら、まだ3回だというのに警戒しすぎです。
少なくともあと2回は回ってくるのに、そのうちの1回はコバマサを当てるとして、もう1回はどうするの?
あきふみさんはこの日、ベンチ入りメンバーに入ってませんでした。

打順の巡りに助けられて三瀬は無失点に抑えましたが、ここで点を取られていたら
さすがの自分でもカメラを片付け席を立っていたことでしょう。
用事があった関係でクルマで行ってましたから、駐車場代も抑えられましたしね。

ちなみに4回表2アウトを取られた時点で、三瀬がベンチ前でキャッチボールを始めました。
「おいおい第4戦で7球でパーフェクト三凡に抑えたのに
次の回先頭に矢野出てきただけでひっこめた三瀬をアップアップで28球も投げてんのにイニング跨ぎかよ」
と思いましたがさすがに権藤コーチが呼び戻しました。
まぁ次の回出てきたのが山井さん、ってのもいろんな意味でびっくりだったんですけどね。



敵は身内に潜む中、選手たちは本当によく頑張ってくれました。

IMGP0127.jpgIMGP0124.jpg

打つ方では大島と剛裕。
何と言ってもこの2人でしょう。
シーズン中リードオフマンとして申し分ない活躍を見せた大島は、
クライマックスシリーズでも輝き続けました。
1stステージの大爆発はさることながら、ファイナルステージでも高いパフォーマンスを披露してくれました。

チャンスを迎えて「まだいける!」と意気込むレフドラの大声援と、
ツーアウトまでこぎつけてあと一人となった巨人ファンの西村コール。
ドーム360°から響き渡る怒号で混沌とした雰囲気の中、
狙い澄ましたあのタイムリーを打てるのは、プロ野球選手の中でも数少ないでしょう。


剛裕といえば第3戦の決勝打ばかりがクローズアップされますが、
それ以前に存在感のあるバッターになったことがうれしいです。
たとえば、レフトスタンドで観てた第4戦。
8回1点ビハインド6番平田から。
思う事はただ一つです。「最低でも2死2塁で代打剛裕に回してくれ」
倒れはしたものの、隣のおっさんがつぶやいた一言が印象に残ってます。
「立浪みたいだ」ってね。

ドラゴンズだって、代打で勝負できるんだ。
代打・堂上剛裕の切り札を得たことは来季へ向けての大きな収穫です。


IMGP0062.jpgIMGP0113.jpg

ブルペン神5(かみファイブ)以外は流動的だった中で、それほど圧倒的な成績を収めていた訳
ではありませんが、交流戦明けからはずっと一軍登録だった武藤。
CSで最も安定した投球で打の大島ばりに株を上げたことでしょう。
散々言ってきたことですが、もっと早いうちに使っていれば…
1stGAME3で憲伸の代わりに投げることが出来ていれば、Finalはストレートで勝ちぬけてたかも…とか
いろいろ考えてしまう程度には後悔があります。

来年も敗戦処理ロングなんていうつまらない役割与えるなら、
先発させても面白いんじゃないかなぁ…と思います。
ブルペンスキーの自分としては武藤君がいなくなってしまうのはさびしいですけどw
少なくとも去年のすーさん、今年のソー様ポジションは与えてくれ。


シーズン中は守護神の座を射止めるも、CS中はいつのまにか便利屋としての役割に降格してました。
山井が打たれたなら仕方がないと言うよりは、あんな使われ方した山井が打たれたのは仕方がない、という印象。
満塁のピンチ、本人的には抑えたかっただろうね。う~ん。。。

お疲れ様でした、という言葉がこれほどまで適した投手は彼以外にいません。
ゆっくりと肩を休めて、来季もブルペンを支えてください。お疲れ様でした。


IMGP0179.jpg

思い出代走の英智。
彼の性格からしてこんなチームの勝利のために最善ではない屁みたいな起用されるのはいやだったはずです。
(引き分けでもダメ=裏の守備で1点を守らなければならない=その際に英智の守備力が必要)

英智が8回のイニング間キャッチボールで和田さんの相手をしに来た時点で、
レフドラからは大きな声援が上がりました。
わざわざ代走で出さなくたって、分かってるんだよ、ファンは。

スポンサーサイト
[ 2012/10/22 23:00 ] 12' CS,日本シリーズ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/714-2d0169d5








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。