スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タイトル確定 

金本が3アウト目のフライをつかんでセ・リーグの全日程が終了。

2012年のタイトルホルダーが決まりました。

■打率
.340 阿部慎之助
.311 坂本勇人
.310 大島洋平
.301 長野久義
.300 ミレッジ
.300 ラミレス

2位以下を大きく引き離して阿部が初の首位打者を獲得。
捕手ではノムさん、古田に続いて史上3人目で.340という数字は歴代捕手の中でトップの数字。
わがドラゴンズの大島、最終戦3安打の坂本に2位の座こそ譲りましたが、それでも3位は立派な成績。


■本塁打
31 バレンティン
27 阿部慎之助
24 ブランコ
21 ミレッジ
19 ラミレス

バレンティンが来日から2年連続で本塁打王。
規定打席未到達での戴冠は史上初。
3位のブラたそも規定打席未到達で、もし規定打席(446打席)に到達していれば34本塁打のペースでした。

20本以上打った日本人選手はセ・リーグでは阿部のみ。
パ・リーグを含めてのおかわりと中田翔を加えた3人しかいません。
う~ん…


■打点
104 阿部慎之助
81 バレンティン
76 ラミレス
69 坂本勇人
65 ブランコ
65 ミレッジ

こちらも阿部が2位以下を大きく引き離しての戴冠。
おがラミ健在時はキャッチャーというポジションを考慮して下位打線で起用されることがメインでしたが、
今年は「慎之助のチーム」という事でほとんどの試合で4番を任されました。

全試合で4番を任された中田翔が打率.239、得点圏打率.186ながらリーグ3位の77打点を挙げていることからも、
打点は打順に大きく左右されることは見てとれますが、
阿部は打率.340に得点圏打率.358と文句のつけようのない成績。
犠牲フライも8つを数えリーグトップタイ、満塁時では.462で15打点を打ちまくりました。
極めつけは勝利打点も21あり、これもリーグトップです。
(2位はなんと森野(!)で17)


■安打
173 長野久義
173 坂本勇人
172 大島洋平
159 阿部慎之助
145 和田一浩

5日のチーム最終戦で3安打した時点では、172大島-171長野-169坂本と2試合を残す巨人の2人にプレッシャーを与えましたが、
6日の試合で長野に2安打されてあっさり抜かれると、
7日にはタイトル取るために1番に起用された坂本が猛打賞で同時タイトル。
1番の坂本がこの日3本目のヒットを打った後の3番の長野は代打を送られることに関して
快諾し、むしろ坂本が173本目のヒットを打ったときはガッツポーズして喜んだとか。
ながのまじいいやつ。
越智が今季絶望の大怪我を負ったときもヘルメットの裏に22のシールを貼って試合に臨もうと真っ先提案したそうです。
ながのまじいいやつ。でも在庫が足りなくて断念したようです。


■盗塁
32 大島洋平
24 荒波翔
20 長野久義
18 内村賢介
18 赤松真人   


終盤の展開無視成功率無視走りまくり戦法でやや印象は落としましたが、大島が初タイトル。
チームの盗塁王は07年の荒木以来で、3割30盗塁達成は65年にジョイナスじじいが達成して以来47年ぶりの快挙です。荒木は3割打ったことが一度しかないですからね、そして荒木は2002年から続いていたチーム盗塁王がストップ。

上位5名の成功率は大島.653(17) 荒波.667(12) 長野.741(7) 内村.818(4) 赤松.900(2)()内は失敗数。
大島の.653というのはおそらく歴代でもかなり低いほうに位置する数字で、
2回二塁に進むのにアウト1つ以上あげなきゃいけないことになり、まったく効率的ではありません。
去年こそは盗塁8/失敗2で成功率.800でしたが、ルーキーイヤーは盗塁8/失敗4で.667ですから、
元来的に盗塁が得意ではないのかもしれません。いい指導者に巡り合うことができれば…というところでしょうか。


■出塁率
.429 阿部慎之助
.382 長野久義
.379 ミレッジ
.376 大島洋平
.373 鳥谷敬

首位打者+四球4位の阿部がトップ。
以下、最多安打+四球2位の長野、打率5位+四球5位のミレッジ、大島と続き、
5位にランクインしたのは打率.262ながらリーグダントツの94四球を選んだ鳥谷。
長打があって勝負を避けられがちな面々の中で、まったく長打のない大島が4位にランクしたのは
素晴らしいことですね。実際調べてみるまでまさか大島がランクインしてるとは思ってませんでした。
去年も打率.243に対して出塁率.318、ルーキーイヤーも.258/.323となかなか高い出塁率を記録しています。
選球眼は教えてもらってもどうにもすることができず、先天的なものが大きい要素ですから、
この能力を持ってるだけでチームとしてはかなり重宝します。
井端との高出塁率1.2番コンビ、良いですね~


スポンサーサイト
[ 2012/10/10 23:00 ] 12' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/706-630512dd








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。