スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

9.16広島0-2中日:そーま2ケタ10勝目 

120916 マツダ
中日 000 100 100 2
広島 000 000 000 0
中)○山内-Sソーサ
広)●バリントン-サファテ


山内が2ケタ10勝目です。
2007年の外れ1位。長谷部のくじを外してしまって、当初2位で取る予定だった山内が繰り上げで1位指名されました。
杜若高出身の左右エース獲得を目論んでいたものの、それが叶わなかったんですが、
現状、長谷部がアレで、山内がこれですから、ドラフトは何が起こるか分かりません。

ドラフトと言えば、翌2008年の大田・野本問題はどうなるんでしょうかねぇ…

さてさて野本の話は置いといて、、、
何度も2ケタの壁に跳ね返されてきましたが、自力でもぎ取ったこの10勝目は本人とってとても大きな意味を持つでしょう。

区切りの10勝目を挙げることが出来たので、同時に佐藤充病も克服でき、
来季以降のピッチングにも注目が集まります。



山内と言えば、
『2008年の9月に横浜で先発(プロ初先発)して、
打撃3部門とも上位につけていて三冠王を狙える位置、状態にある村田(当時)に対して、
無理に勝負にしなくてもいい場面にもかかわらず真っ向からぶち当たりにいき、
案の定、100倍返しくらいのしっぺ返しを喰らって、
降板を告げられるとそのまま新幹線に乗せられ名古屋に強制送還させられたねぇ…』

というエピソードがあまりにも有名ですが、これからは

『早々と2ケタへの一里塚に到着したものの、そこから前を見るのではなく
後ろを確認しているかのような足踏みが5度つづいたあとの
6度目の挑戦にしてようやく2ケタの壁を越えたピッチャー』
と評価されていくでしょう。


言動や風貌からどこかチャラい印象があった山内ですが、
今年の躍進には昨オフの結婚があるのでしょう。
ただ、実際はとても真面目な青年で、
初勝利を挙げた試合で腕をつって途中降板したことに対して
ものすごく申し訳なさそうにしてたのが印象的です。

スポンサーサイト
[ 2012/09/16 23:00 ] 12' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/701-2519cebf








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。