スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

7.12阪神4-1中日:マイナス10ジョイナスポイントが途中交代のライン 

120712 甲子園
中日 000 000 010 1
阪神 100 120 00x 4
中)●山本昌-朝倉-武藤-高橋聡
神)○メッセンジャー-榎田-H福原-S藤川

甲子園での3連戦は3試合で3点しか取れずにカード負け越し。

阪神側からみればこのカード始まる前まで1勝7敗(1分け)だったので、そろそろ星を整えてくるだろうし、
メッセンジャーは3連敗中で毎週ローテを守ってればそろそろ勝つ頃だし、
今季甲子園で勝ってなかったので、そろそろ勝つ時期が来たということなんでしょう。

昌さんも久しく勝ってないのですが、そもそも久しく投げてませんでした。
復帰登板で勝たせてあげるほど野手陣も甘くしません。


ご覧の通り無死満塁からの直倫の5-2-3ダブルプレーが試合を分けたポイントで、直倫はさらに2打席目も凡退し、
火曜日の周平、水曜日の山崎ばりに途中交代させられるのか?!と注目してましたが、グラブをはめてセカンドの守備位置に散って行きました。

途中交代を命じられた2人の選手はともに連続三振。
直倫は併殺と遊ゴロ。

仮に、ジョイナスじじいの中にマイナス10ジョイナスポイントで我慢できずに途中交代をさせる制度が根付いているならば、
三振はマイナス5ジョイナスポイント、併殺はマイナス7ジョイナスポイント、
内野ゴロのでの凡退はバットに当たったからマイナス2ジョイナスポイントといった所でしょうか(爆笑)
スポンサーサイト
[ 2012/07/12 23:00 ] 12' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/665-4228af15








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。