スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

7.01巨人7-5中日:首位陥落らしいです 

120701 東京ドーム
中日 000 000 230 5
巨人 030 002 20x 7
中)●山内-山井-武藤-ソト-朝倉-高橋聡
巨)田原-○福田-H西村-高木康-H山口-Sマシソン

またも序盤に崩れて3連敗です。

これでどうやら首位陥落らしいですが、
果たしてジョイナスじじいはご乱心することなくいられるのでしょうか。
落合監督に訓練されたファンはこんな時期の順位なんて何の意味もないことを知っています。


両軍合わせて12人もの投手が登板したこの試合。
これだけの数の中継ぎ投手が投げれば1人や2人、出来の悪い子が出て来るのが野球というスポーツで
その出来の悪い子がソト、朝倉vs高木で2-1の
数的不利に立たされたわけですから苦しい試合展開になります。

もっとも、ドラゴンズ側からしてみれば田原を早い回にマウンドから降ろして
中継ぎで出来の悪い子待つ作戦はミーティングで指示されてたことでしょう。

作戦通りに2回でマウンドから引きずり下ろすことに成功しましたが、
1,2番コンビのバッターボックスがあまりにも低パフォーマンスすぎました。
終盤になって両者とも途中交代を命じられてたのはこの作戦不履行の懲罰だったのかもしれません。


もう皆さん忘れてることだろうけど、2番手には山井さんが登板。
ずっと言ってる事ですが、壊れかけた試合を立て直すためのロングリリーフで使うのは山井さんの特徴を最も生かした起用法だと考えます。

この日みたいに神ピッチをすればちょっとずつ流れが来るだろうし、
仮にダイスの目がダメ山井だったとしても元々壊れてる試合だからダメージは少ないです。

この役目は別に山井さんじゃなくてもできるじゃん、と言われるかもしれませんが、
壊れかけてるマイナスの試合をフラットに戻してさらにプラスにまで持っていくためには普通の好投ではパワー不足なんです。
そこで必要なのが、あのパーフェクト未遂のような神ピッチなんです。


3,4番手には”出来の悪い子”コンビのソトと朝倉。
5番手のあきふみさん(漏れなく師弟ジョイナスリレー)は、前2人との比較と、追い上げモードに入ってた事で
1イニングを抑えただけなのにマンオブザマッチ級の評価を受けるというおいしいお仕事でした。


9回は藤井、直倫、和田さんという打順で
大学時代リーグ歴代2位の通算124安打を記録した岩瀬、
故・ハンカチ王子から3安打猛打賞を記録した巧打者・岩田、
キャンプで140m弾を放ったパワーヒッター・ソーサ、
という切り札3枚のカードをどのような順番で切っていくかが注目されましたが、
マシソンにポンポンポーンと抑えられてゲームセット。


関東で3連敗だか13連敗だが33連敗だか知りませんが、我々は選手を信じて最後まで応援するだけです。
スポンサーサイト
[ 2012/07/01 23:00 ] 12' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/661-8e4b997b








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。