スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

4.10巨人6-6中日:色々ありました 

120410 東京ドーム
中日 101 004 000 6
巨人 410 000 001 6
中)雄太-ソーサ-田島-H山井-H小林正-H浅尾-岩瀬
巨)ホールトン-小野-高木康-越智-山口


タイトル『引分』だと思った??
さすがにもう2字縛りは無理です。
1戦目でちょうどいいからって調子のって続けちゃうと、
2戦目、3戦目が苦しくなることは目に見えてるので、ここいらで撤退しときます。勇気ある撤退 (`・ω・´)キリッ



いろいろあった試合でした。

まずは月曜日に周平と藤井が抹消されたことです。
絶対使命として試合に勝つ、という目標を掲げているのならば、代打にしても、代走にしても、守備固めにしても、
どの面でもどっちつかず、どこで何を期待して起用すればいいのか分からないをベンチに置いておくのはベストには思えません。
セ・リーグで、投手9人&捕手3人体制をとっているドラゴンズにとっては、
貴重な控え野手の一枠の無駄使い以外の何物でもありませんでした。
また、周平自身の将来や選手生命を考えてみても、
ファームで体作りをせずに、ベンチでただ座って試合を眺めてるのは時間の浪費でしかなかったと思います。
野球ファンにとっては、あるいは周平がマスコットキャラクターであるならば、
ベンチの中の最も良い席で野球観戦できるのは有意義な時間の過ごし方ではあるんですけどね(笑)


でも、今年の"中日"(あえてドラゴンズとは表記しない)をみていると周平=マスコットキャラが
あながち間違ってないように思えてきます。
よりによってメンドクサイときに、メンドクサイ球団に入ってしまいましたね。


藤井に関しては、
トリセツに従って起用しなかった首脳陣が悪いとは思う反面…ね。。個人的には期待してるんだよ、藤井には。



上がってきたのは英智と谷。
守道監督と同じ県岐阜商の英智はもっと早い段階からジョイナス的地元厚遇されると思いましたが、
藤井は愛知県出身なので、まず藤井をジョイナス的地元厚遇してたんですね。

残り野手が小田と英智と谷だけという相変わらずのジリ貧モードで、谷が代打で出場して内野安打を放ちました。
谷が塁上にいるとき、河村アナの「ここは盗塁ありますか?」という問いに
立浪が「いや、足は速いんですけど、盗塁できるほどの速さは無いんですよねー」
と返したやり取りをニヤニヤしながら、こたつで横になって聞いてたらいつの間にか寝落ちしてしまって…
「そうそう、ここは絶対走らずにチマチマチョコチョコやって時間たっぷりかけながら攻めるとこだよ…ZZzz」
って考えてたっきり記憶がないんですが、
このあと和田さん、井端があっさり連続三振に倒れたことが、その裏の悲劇に繋がってしまったのかなぁ。

まぁ、山口に抑え込まれることは百も承知でどうしようもない事なんですけどね。

でも、腕の出所がバラバラで振りも鈍かった越智に対して何もできなかったのは、後々厄介なことになるかもしれませんね。



2戦目は賢ちゃんとゴンザレスの予告先発です。
ゴンザレスは得意にしたり得意にされたりと年単位で極端に変わるピッチャーですが、今年はどうでしょうか…
スポンサーサイト
[ 2012/04/10 23:00 ] 12' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/607-7fd80e7b








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。