スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

4.01中日2-2広島:延長  

120401 ナゴヤ
広島 000 000 020 0 2
中日 000 100 100 0 2

広)野村-ミコライオ-大島-H今村-サファテ
中)山本昌-H山井-H小林正-浅尾-H岩瀬-田島


山本昌が先発しました。エイプリフールだけどウソじゃありません。
浅尾が2失点しました。エイプリルフールだけどウソじゃありません。


開幕戦から疑問に思ってた早すぎる守備固めで失敗しました。
吉見んのパーフェクトがかかってるからなのかなぁ…?と思って軽く受け流した開幕戦。
大量点だからなぁ…と思って軽くではないけど流した2戦目。
そして3戦目、はっきりと裏目に出ました。


1点リードで岩瀬が出てきたときでもほとんどは和田残しだったし、
もうちょっと遡ればウッズ残し、イビュンギュ残し(これは皮肉)だってよくありました。

福ちゃんのサヨナラ本塁打に期待するしかない、ってのはあまりにもジリ貧すぎます。
10回の攻撃だってそう。
荒木が出塁して大島が送ったところで、次は森野・直倫・藤井。
森野を敬遠して詰め将棋が完成する状況です。

和田さんを下げてる以上、点取るには最低でも6番の井端まで打順を回さないと苦しいんだから、
井端のところで2死満塁作るしかない。
ということは3つの出塁が必要。
荒木・大島・森野・直倫(剛裕)・藤井(周平??)の中から出塁期待できる度高い順に上から3人選ぶとしたら
これはもう問答無用で荒木・大島・森野の3人ですね。
だったら大島にも打たせて欲しかった。元々バントはうまくない選手だし。
(ていうか追い込まれてからのバレバレバスターも止めてほしい。あれ意味あんのかぁ?)



山本昌は5回で降ろしました。
無失点でした。足がつったわけでもありません、爪が割れたわけでもありません。

6回以降を4,5人の投手でつないで守り切ろう、とでも思ったのかもしれませんが、
4,5人も投げれば1人くらい調子の悪い投手が出てくるもんです。
それが、あの―去年たった4失点しかしなかった―浅尾でさえ、その”調子の悪い”にハマってしまうんだから
考え方を改めてほしいものです。

スポンサーサイト
[ 2012/04/01 23:00 ] 12' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/601-12693359








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。