スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドラゴンズのこれからはお前らが担うんだというメッセージ。 

111020 マツダ
中日 000 000 100 1
広島 000 000 011x 2x
中)久本-H矢地-H小川-H小熊-H山井-●チェン
広)前田健-岸本-青木-○梅津

試合に先立って、すーさん、平井、河原が抹消され、
小川、やっちー、小熊が登録されました。

どうやら河原は今季限りでドラゴンズのユニホームを脱ぐそうで。




一番印象に残ってるのはこの試合かな。

あとはノースリー投法とか、1死13塁で出てきてあっさりゲッツーに仕留、表情一つ変えずベンチに戻る姿とか…

短い間でしたが、お疲れ様。ありがとう。



昨日、打席では全く打つ気配のない内容で2打席凡退し、
守備でも危ない送球が2つあり、
プリ崎、達郎、水田、吉川とショートがいて、今年のドラフトで東海大甲府の高橋周平を獲るなら
来年頑張らないとそろそろ危ないんじゃない?と思っていた谷テツくん。

今日は1番でスタメン。「ドラゴンズのこれからはお前らが担うんだ」というメッセージ。
ドラゴンズの監督として指揮を執る最後の公式戦で、
やっちーを上げたのも、小川もを上げたのも、小熊を上げたのも、3塁スタメン(!)の福ちゃんも、剛裕を3番に据えたのも、そういうことでしょう。
「あとはお前らの番だ。頼んだぞ。」って言ってるよう。口下手な落合監督らしい表現方法。

さて、谷テツくん。リードオフバッターボックスでプロ初ヒットを放ちました。
入団以来ずーっと見守っててくれた監督は今年でいなくなるけど、
この一本を来年へ、将来へつなげていってほしいですね。

いつか、ナゴヤドームに落合監督が訪問してきたとき、
「おれはあの一本覚えてるぞ」と言いながら、ショートのレギュラーをつかんだ谷の頭をナデナデしてる光景を見れるといいですね。

谷テツくんは、若竜の中でも特に好きな選手です。
簡単に経歴を説明すると、中学時代に陸上の三種競技で四国王者になり、
高校時代は鳴門工業で投手として甲子園に出場。
今やってるショートを守り始めたのは社会人になってから。


「井端さんの怪我待ちじゃなく、実力で追い抜く」
全国8500万人いると言われている谷テツくんファンの間ではあまりにも有名なこの言葉。(サンドラ恒例のルーキー生出演の回)

あのギラギラとした眼を、メラメラとした熱意を、来年こそ爆発させてほしい。


--------------------

これで落合監督が指揮を執ったすべての公式戦が終了。
 144試合 75勝 59敗 10分  優勝

お疲れ様はまだ言えない、ありがとうはまだ言わない。

スポンサーサイト
[ 2011/10/20 23:00 ] 11' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/549-b26af808








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。