スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

主人公 

111012 ナゴヤ
ヤク 000 000 003 3
中日 000 001 03x 4
ヤ)●増渕-押本-松井-林昌勇-松岡-日高
中)○ネルソン-小林-鈴木-S浅尾


颯爽とマウンドに上がり軽快に3つのアウトを獲っていくスーパーヒーロー・浅尾拓也。


今後、仮に中継ぎエースを主人公とした野球漫画を作ろうと思う作家がいたら、
浅尾をそのまま忠実に書けばそれだけで漫画が完成してしまいますね。

同世代の仲の良いエース(吉見)と、仲の良い先輩(あきふみさん)と切磋琢磨し、
尊敬するレジェンド(岩瀬)がいて、将来の理想像(河原)もいる。
陽気なドミニカンと若いころから大車輪の活躍をした先輩(ネルソン、平井)もいて、
そんなチームメイトを束ねるのは、コワモテだが、実は優しいコーチ。
選手を第一に考えてくれる監督と、登板後は二時間を超すマッサージをしてくれるコンディショニングコーチ。


ここまで漫画のような選手生活を送ってるのは松坂と浅尾くらいでしょうか。


主人公はいつもラストにやってくる。
ファンが困っているときにやってくる。チームが困っているときにも爽やかにやってくる。


そして、いつも、アウトを3つ獲って去って行く。

優勝を決める試合の最後のマウンドには彼が立っているのだろう。漫画のように。



スポンサーサイト
[ 2011/10/12 23:00 ] 11' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/542-666c9240








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。