スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

山井は好きな投手だけども 

111004 ナゴヤ
広島 030 100 000 4
中日 021 003 00x 6
広)●バリントン-大島-梅津-今井
中)山井-○久本-H小林-H鈴木-H浅尾-S岩瀬


山井は好きな投手の一人だし、
傘の柄のようなスライダーが決まればダルビッシュ相手でも勝てるのは知ってる。
去年、マツダでの完封からチームが連続イニング無失点の記録を作ったことも覚えている。
このことを前提においてあえて言います。


私が前から山井をローテから外せと言っていたのはこの日のようなことを恐れてのこと。
一試合一試合の意味がとても高くなって来るこれからの試合。
当たればデカイが外れもデカイという選手を起用するのはあまりにもリスクが高すぎる。
ましてや、13連戦の初戦にギャンブル性が売りの投手を先発させ試合を託すのは、
言葉を選ばずに言えば、ありえないと思う。(ローテの巡りがたまたま初戦になったのは不運)



この日は、先発投手としてはあるまじき内容で試合をぶち壊しかけました。
もう一本犠牲フライを浴びて走者をリセットして、
ツーアウトで8番の石原と対峙(ここで切れれば次の回9番から)すればいいものの、
7番丸へは四球を出すし、しかもバリントンにタイムリーを打たれるし…

4回のピッチングもそう。
1アウト1塁で8番の石原。
このバッターを打ち取る事が出来れば、次はバリントンだから楽にチェンジにできるのに、石原に死球。
これもう最悪。
(そもそも打順が6,7,8なのに6番に四球を出してる時点でヒドイ)

結局、勝ち越し点を奪われました。味方が追いついてくれた直後の守りで。




ただ、
チームが優勝へ向け一丸になっている大事な時期に一人の先発投手の出来などという
小さなことについてウダウダ戯れ言垂れてる自分と、
チームの勝利という最大の事柄について、神経を研ぎ澄まし、集中し、逆転勝利の
立役者となった野手陣と久本も含むブルペン投手の、
ヒトとしての器の大小、先を見据える視野の広狭の比べると、自分が恥ずかしくなってきました。

スポンサーサイト
[ 2011/10/04 23:00 ] 11' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/537-3cc20d2c








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。