スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

開幕3タテ 

4,5 vsYB ○ 6-0 #21 #4

ナゴヤドーム123456789 

Baystars

0000000000

Dragons

40001100x6

B:●小林-那須野-真田-山口-石井

D:○チェン-齊藤-清水昭信-パヤノ-高橋


valuable player:野本 3-1 1RBI




今日も野本と藤井の活躍であっさりと先制。谷繁も続いた後、効果的に加点し、横浜を軽く退け、07年以来の開幕3連勝。

先発のチェンは初回から敬遠するなど、不安定でしたが、これがちょうど中継ぎ陣の出番を生む結果となりました。


試合のほうは、荒木のぽっぷで始まり(今日は外野まで飛んだ!確実に成長してる!)、野本が押し出しを選んだ時点で勝負あったかな、という感じ。
2アウト2-3から平然と際どいボールを見極めるあたり、しかも置かれた立場がルーキーという立場で、状況が和田さん三振の後の絶対に点がほしい状況で、とてもルーキーの振る舞いとは思えません。
踏んできた舞台と、積み重ねてきた努力が違うんでしょうね。このような選手を”スーパールーキー”と呼ぶんでしょうね。


写真(=ヒーロー)の藤井は、高いバウンドで三塁上を越えるタイムリー内野安打。
ランナーが3塁にいるときはそのバッティングで良いんです。
このままのペースで打てば、96本のHRを打つことになりますが、それはそれで驚異的な記録として残され、状況別のバッティングは鮮明な記憶として僕の心に残ればいいと思います。



1戦目2戦目とは違って先発投手がやや苦労したので、中継ぎ投手が登場。

あきふみ齊藤、あきのぶ、パヤノ、アッキーが登板し て、みーんな無失点。
あきのぶが1アウトも取れず降板したのがやや気になりますが、これからあそこ(横浜の中軸)に対しては齊藤が投げることでしょう。
尻拭いをしたパヤノ含め、みんな少ない球数でサクサク打ち取っていきました。

特にアッキーの5球で三振、凡打、凡打なんて表彰もんでしょ。
すぽにゅーでちょっとは映るはず(゚∀゚)













スポンサーサイト
[ 2009/04/05 23:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/53-94425f04








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。