スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2011プロ野球チップス第2弾 

かなり時期がずれ込みましたが…当ブログおなじみ2011プロ野球チップス第2弾カードリストについての考察です。

昨日第3弾のカードリストが発表されましたが、今からやるのは第2弾です。第3弾ではありませんm(_ _)m

115 和田一浩(中日)
116 井端弘和(中日)
117 大島洋平(中日)
118 岩瀬仁紀(中日)
119 中田賢一(中日)
120 チェン(中日)
121 ブランコ(中日)

レギュラーカードは以上の7枚。
だからさぁ…なんで第1弾は6枚だったのに第2弾になると7枚になるのよ…

コロコロ枚数が変わっちゃうと見栄えよくファイルに収納するのが難しいんだからさぁ…


カード収録判定会議が行われてたあたり(4月~5月)のドラゴンズにあまりにも話題性がなかったこともあってか、
メンツは(変わり映えのしない)主力級で、第1弾で収録された選手は避けるという、
いかにも面白みのない判断が下されました。


平田が打率4割超え、連続サヨナラ弾をぶちかました6月前半。
ネルソンが二人分の柱としてフル回転してた6月前半。

カードリストが発表されたのは6月後半でしたので、この2選手が入っていないのには大きな違和感を感じました。
レギュラーカードではありませんが、グスマンが収録されているというのも…


澤村、福井、ハンカチの3ルーキーと、高卒新人野手では球団史上初となる開幕一軍入り&張本勲以来52年ぶりの高卒新人外野手開幕スタメンデビューで話題をさらった駿太も収録。

開幕投手の朴賛浩と山本省吾、謎の開幕3番の濱中もいますね。



083 坂田 遼(西武)
084 浅村栄斗(西武)
085 牧田和久(西武)
086 秋山翔吾(西武)

この連なりは羨ましいなぁ


スターカード(S-01~S-24:24枚)
S-01 内川聖一(SB)  S-13 森野将彦(中日)
S-02 川崎宗則(SB)  S-14 浅尾拓也(中日)
S-03 栗山 巧(西武)   S-15 鳥谷 敬(阪神)
S-04 中村剛也(西武)   S-16 藤川球児(阪神)
S-05 サブロー(ロッテ)   S-17 坂本勇人(巨人)
S-06 井口資仁(ロッテ)   S-18 阿部慎之助(巨人)
S-07 中田 翔(日本ハム)   S-19 宮本慎也(ヤクルト)
S-08 稲葉篤紀(日本ハム)   S-20 由規(ヤクルト)
S-09 後藤光尊(オリックス)   S-21 栗原健太(広島)
S-10 T-岡田(オリックス)    S-22 岩本貴裕(広島)
S-11 山崎武司(楽天)   S-23 清水直行(横浜)
S-12 岩隈久志(楽天)   S-24 村田修一(横浜)


巨人に移籍したサブローのロッテとしてのカード化は仕方がないにしても、
カードリストが発表された6月20日時点(交流戦終了時)で
打率.201 3本の森野、.232 1本の後藤、本塁打1本しか打ててなかった栗原(今はセリーグで最も怖いバッターですが)、
極めつきは4月21日以来登板すらしてない清水直行を入れるとはどういうことかと。

森野のところはドラゴンズ野手陣全員不振だったので適任なしにしても、
後藤のところは寺原、栗原のところはバリントンにすれば成績も伴っていて投手野手の比率が1:1になるし、
清水のところはまるで打てそうにないストレートを投げていた山口俊でよかったのでは?と思います。

スポンサーサイト
[ 2011/09/05 14:00 ] 野球カード | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/514-6dc20c81








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。