スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

荒木連夜の決勝打 

100814 ナゴヤ
中日 4x-3 広島
中)山本昌-鈴木-小林-清水昭信-H高橋-H浅尾-○岩瀬
広)ジオ-横山-H岸本-●大島


6回まで試合を行ってたのは青いユニホームを着てたドラゴンズナイン。
7回から本陣の白いユニホームを着たドラゴンズナインが到着すると
当然のように追いついて、最後は荒木がサヨナラタイムリーで試合を決めてナゴヤドーム8連勝。


2点を取りにいって2点を取れる白ユニのドラゴンズは強いですねぇ~
8回も、荒木が出て「1死からでもバントあるぞ、盗塁あるぞ、あるぞ。」と思わせておいてのエンドラン。
これがものの見事にはまりました。本当に綺麗で気分がスカッとしましたね。

和田さん犠牲フライの後の英智の「盗塁あるぞ、あるぞ。」の揺さぶりも良かったです。




追いついてからは(昌さんが降りてから)はブルペン陣が奮起。
普通、これだけの人数が投げれば誰かしら失点するのですが、前3人が無失点で切り抜けたので
そんな心配はまったく要りませんでしたね。
まぁそれにしてもお見事。
カメラブログもこんな画像をうpされてました。

8.14 #23 #69 #12 #67 #41 #13




サヨナラ劇は代打前田の2塁打から。

■前田選手
「監督から高めだけを打てと言われていた。
外よりの高めに真っ直ぐが来た。思いっきり振ってやろうと思った。
チームに貢献できないと試合に勝ってもベンチで喜びの輪の中に入れない。
初めて勝ちに貢献できて良かった。」

このコメント。目頭が熱くなりますね。・゚・(ノД`)・゚・。
打てて、本当に本当によかったです。

小池さん敬遠の後、荒木がバスターで一塁線を抜いて代走のタツローがホームイン!!



8.14 #2araki



まぁそれにしても小池さんを敬遠してくれたのはラッキーでしたね。

ドラゴンズ側からするとどうしても修羅場をくぐった人たち(和田と森野)に回したいところ。
そのためには小池、荒木、英智の誰かが塁に出ないといけない。
そんな中での小池への敬遠は、何の苦労もせずに無条件に和田さんまで回るということでしたからね。

延長のウラの守りのセオリーではありますが、非常に助かった、と。

(ノムケンがセオリーに忠実な采配をふるうなら、仮に荒木がバントしたとして、1死23塁から英智を敬遠して満塁和田&森野勝負を選んだのかどうかが気になります)



昌さんの横でタツローを迎えるあきふみさんの破壊的な満面の笑みに殺されかけそうなくらい喜んだのも束の間、
荒木のほうにビシバシ行く本隊に後れを取る和田さん(足を引きずってた)が痛々しかったです。

スポンサーサイト
[ 2010/08/14 23:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/393-00988f4a








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。