スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

剛裕でダメならスタメンで 

100730 甲子園
阪神 3-2 中日
神)○久保-S藤川
中)●吉見-小林-鈴木




6番野本で挑んだ3連戦の頭は5安打、2回以降はわずか2安打に抑えこまれて逆転負け。

2打席連続三振であっけなく懲罰交代を命じられた野本。
さすがにこれで2軍落ちかなぁ…。と思っていたら代わって出てきた英智も2三振。


8回、ブラゼルと金本をきっちりと抑えたコバマサ。
これで同じ役割の三瀬が2軍落ちかなぁ…。と思っていたら鈴木が、こないだの三瀬のコピーのようなピッチング。



このような、低レベルで相手が失敗したから自分が生き残る、という醜い争いは、
春先の『藤井・野本・セサル論争』を思い起こさせ、
ようやく上昇気流に乗りかけてきたチーム状態に水を差す愚行になりかねないので、早急に絶ってほしいです。




この日昇格、神奈川大会の決勝に合わせてまるで母校の甲子園出場を祈願するかのようなタイミングで上がって来た小池さんが、9回にタツローに替わって代打で出場。
    ちなみに公示の時点で1-6くらいの苦戦でした。勝ったのは森野とプリンスの東海大相模(ドヤッ

この代打で、内野(二塁)を守れる選手がいなくなりましたが、
藤川がそんな心配を吹き飛ばしてくれました。サンキュー…なのか?

まぁ仮に小池さんが繋いだとしても、鈴木のところで代打に出せる(ベンチに残ってる)のは、松井佑と小田。
控えの層が弱すぎますよねぇ。

切り札として君臨してる剛裕は7回で登場。
監督としてはここが勝負所と呼んで起用したのでしょう。

それがダメだったということは、あとはスタメンで何とかするしかない。
スタメンで何とかするしかない。スタメンで何とかするしかないんだよ、ブランコ。

スポンサーサイト
[ 2010/07/30 23:50 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/381-8f1bb863








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。