スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

浅尾拓也 中日スポーツ手記 1/2 

浅尾 あこがれの球児さんすごかった


リーグトップの29ホールドなど、いまや日本球界を代表するリリーフ投手に成長した中日・浅尾拓也投手(25)。監督推薦で球宴初出場の今回、本紙に手記を寄せた。
「とにかく一番速い球を投げて、自分の名前を全国に知らせたい」という右腕が2回に渡って球宴の興奮を伝えていく。 

#41 asao2


楽しもうと思ってたけど、メチャメチャ緊張しました。練習中は岩瀬さん、吉見の後ろにくっついてただけ。
この二日間はいろんなことを吸収したいと思っています。特に藤川さんから。
プロ入り前、憧れの選手を聞かれて、藤川さんと答えました。それまでは誰もいなかったんですけど、
06年のASをハッキリと覚えています。ストレート宣言して打者にポーズをしたじゃないですか。こういうことができるんだなって。
僕がやったら「何だお前」ってなるでしょうけど。
実はまねたこともあるんです。昨年のオフ、藤川さんのようなフォームに変えてみました。
藤川さんのピッチングを見ていると、高さはズレても横のラインはズレていない。もしかしたらああいう投げ方をすればコントロールがよくなるのかなって。
だから取り組んだんですが、球が遅くなっちゃってOP戦で打たれたこともあってやめたんです。
もう一人藤川さんと並んで目標にしている投手がいます。河原さんです。
よく岩瀬さんから言われているのが「タクの最終形態は河原さんだ」って。ズレがない。
僕なら構えた位置より内に入るのに、河原さんは外に入る。コントロールに間違いがないんです。
実は去年のフォーム改造で、藤川さん河原さん、それにマエケンも参考にしました。去年のオフは失敗しましたけど。
いずれは正確なコントロールをつけたいと思っているんです。
フォームは簡単じゃないけど、考え方とかは勉強できる。一緒にプレーできることが何より嬉しいです。
きょうはなかったけど、あしたは投げます。あしたは皆さんに投げた感想や、結婚生活のこと、今後のことを紹介したいと思っています。
でも最後は藤川さん凄かったですね。僕は何かあったときのためにブルペンに待機していたんですが、生で見たかった。
僕も明日は頑張ります。でも心配です…。ストライクが入るかな。スピードガン出るかな。
力みまくって147、148キロかなって。ドキドキしながら新潟に向かいます。


スポンサーサイト
[ 2010/07/25 21:00 ] 10' オールスター | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/376-b700e6c2








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。