スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

3タテ! 

100711 ナゴヤ
中日 5-3 巨人
中)○チェン-H河原-H高橋-H清水-H浅尾-S岩瀬
巨)●オビスポ-福田-山口-越智


あれよあれよという間に4点を先制して、自分が大好きな『登板した全投手にホールドがつく継投』でvsG3タテ。
06年以来の3タテだそうです。

ゲーム差は4.5となりましたが、荒木がヒロインでも言っていたように”目の前の試合を一つずつ”。
巨人を意識するにはまだまだ遠い。


初回の先制攻撃が鮮やかでした。
チーム状態の悪いチームと戦う場合の鉄則として言われている(勝手に思ってる)”先制点を奪うこと”。
向こうからすると「もう無理っ!」って思いそうな見事かつ効率的な先制攻撃。

まぁ、巨人からしてみれば4点くらいいつでも返せるって思ってそうだし、
逆にドラが4点先制されるともうお通夜モードになるんですけどね^^;

脇が固まってきつつある今、中軸が春先のハイパーモードとまではいかなくても、不調ではない状態になるだけで
かなり得点力が変わってきます。
特にブランコが担う役割ってのは大きくなりますね。

ただ、一つ残念だったのは1回の押せ押せムードの中、選球眼を完全に失っていた小山の打席。
オビスポがアップアップしてるのに、なぜ小山のほうが焦っちゃうんだろう。

ここ最近スランプ気味だった森野はラッキー2塁打2本。
これで少しでも調子が上向きになればラミレスと脇谷には感謝の気持ちを表現しきれません。



チェンはたった5回わずか72球で降板。
中軸を迎えて、突発性一発病疾患を恐れての交代でしょうか。

2番手以降はアサタクがややもたついたけど、みんな完璧。

あきふみさんさえしっかりとすれば、河原さん+アサタク+岩瀬の強固4枚のブルペンを構成することができます。
そうなれば、極端に言えば中田でも朝倉でも、最低限5回までリードを保てば、
後は彼らが1イニングずつ投げて勝つことができますから、これは非常に大きなアドバンテージになります。

ただ、火曜からの9連戦含め、酷使は禁物。
秋田で勝ってからハイクオリティーのマウンドパフォーマンスを見せてるあきのヴがここに絡んでくるともっと楽になります。

たとえば、
1-0でリードしてる4回ウラの攻撃、1死3塁で前進守備を敷いてくれてヒットゾーンが広がったりとか、
5回の1点を追う攻撃でも強行してくれたりとかとか。


強固なブルペンを持つ=相手の戦術をコントロール出来るということです。

7.11 #67 #12 #41


それにしても、○-H-H-H-H-Sは何度見ても美しいなぁ(*´д`*) 
スポンサーサイト
[ 2010/07/11 21:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/370-b0922d9a








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。