スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

直倫、初ホームラン 

100627 ナゴヤ
中日 4-6 広島
中)●川井-平井-久本-清水昭信-高橋-ネルソン
広)○篠田-上野-ベイル


0-1の3回2死一・二塁からヒューバーの来日以来23度目で迎えた得点圏の初タイムリーで同点にされるなど(エキベからのコピペ)失点を重ね逆転負け。

解説の武田も挙げてましたが、4回の攻防(特に攻)が敗着でした。
4回が三凡終わって、5回の6-7-8の打順で点を取ることは無理。
これで残るチャンスは中軸に回る可能性のある6回と8回の2度だけになってしまいましたからね。


打線の最大のウィークポイントである2番には英智を起用。
集中力のある打席パフォーマンスを見せてくれて、
森野へのいい繋ぎ役になってました。

英智が繋いだ後の森野が、2回のうち1回でも長打、二塁打あたりをかっ飛ばしてくれれば勝ってたかもしれませんが、
今日は森野が打てない日だったということで。

もう一つのウィークポイントの6番には今日も野本。
内容も結果も伴わず、状況も考えない打撃を繰り返しました。
今日だけに限らず、先発が左でも起用する首脳陣の期待に全く応えていませんし、しまいには代打を送られる始末でした。

「セサルの次は野本か('A`)」などという言葉を封印する活躍を期待したいです。



収穫はなんと言っても堂上直倫のプロ初ホームラン。
モヤモヤの漂うナゴヤドームの空気を一変させるホームランでした。

6.27 016

6.27 017

6.27 020

6.27 021

6.27 022

6.27 008

6.27 #1naomichi

”カッコイイ弾道”
もっと見たい放物線でした(゚∀゚)
スポンサーサイト
[ 2010/06/27 21:25 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/359-e7c3e756








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。