スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サヨナラ勝ち 

100403 ナゴヤドーム
中日 3x-2 阪神
中)チェン-○浅尾
神)上園-江草-H久保田-●メッセンジャー



4.03 #1994 doara


両軍合わせて18度の攻撃の内、11度が三者凡退というテンポのいい試合。


出来れば中継ぎ陣を休ませたい、という妙なプレッシャーのかかる中、
チェンは7回を投げきり最低限の責任を果たしました。
ムエンゴ、不運で失点、1-3からストライクを取りに行ったところを被弾など随所にチェン”らしさ”溢れるピッチング。
球数も93球だったので、もう1イニング引っ張れないこともなかったのですが、代えましたね。
7回の攻撃で代打を出す予定で、もうチェンはお役御免モードになってたら、
思わぬ形で攻撃が終わり、打順が回ってこなかったので、そのまま代えてしまったというところでしょうか。(書いてて思った、違う。(笑)


松井佑介、小山、タツローの汎用バッティングマーチの選手たちに連夜のスペシャルなパフォーマンスはありませんでしたが、
進塁打のセカンドゴロ、チャンスハンター犠牲フライ&リード、堅実な守備とそれぞれの役割をしっかりと果たしました。
4.03 #65 oyama


点を取る役割のクリーンアップは和田さんが2打点。
ブランコは無安打でしたが、9回の四球はとても意味のある四球で、
「向こうの理想は、ブランコ三振・和田敬遠なんだろうけど、ブランコがボール球を振らなかった。
成長と見ていいだろう。今まではむちゃ振りしてた。自分の後ろに誰がいるか。それが打線だ。(談:落合監督)」
まさに仰る通りで、最近は守備でも貢献してるブランコは、1年過ごしてドラゴンズの野球が少し理解できたのかな、と。

役割といえば、3番森野が完全にチャンスメーカーの気になりますね…(ノд`@)

4.03 #5 wada




あ、あと役割つながりでもう一つ。
7回にピンチバンターで出てきた藤井さん。
バントといえば職人の小池さんが控えているにもかかわらず、あえて藤井を使ったのは、
1~2軍当落線上の選手が、リーグ優勝する上でどういう役割をになえるのか、を見極めるためだと思います。


残念ながら藤井はファール、小フライ(三塁封殺)で送りバント失敗。監督から望まれた役割を果たすことが出来ませんでした。


次の公示で谷/岩崎恭平/柳田(もしかして荒木?)と入れ替わる外野手はこれで藤井で決定でしょう。
残念だけど、『自分には何が足りないのか』をしっかりと考えた上で
その足りない部分を補うための練習を繰り返し繰り返し行い、どんな時でもできるようになって欲しいです。
スポンサーサイト
[ 2010/04/03 23:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/291-871def12








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。