スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

初勝利 

100327 ナゴヤドーム
中日 7-0 広島
中)○チェン
広)●ジオ-大島-岸本-梅津

3.27 #21chen


チェンスバラシイ!
この一言に尽きる。

京セラと西武ドームでのオープン戦はただ左手で投げてるだけの投手でしかなく、
フォームがグチャグチャ、コントロールもバラバラで、そしてなにより受ける谷繁との相性が最悪で…

谷繁とリードというのは、『内外を丁寧について、細かい出し入れをして、投手の持つ全てのボールをうまく使って打ち取る』
という教科書どおりなものだと感じており、『気持ちよくストレートをバシバシ投げ込みたい!』と考えている(であろう)チェンとの間には、どうにも埋まらない溝のようなものがあるのかな、と。
そんな理由で去年の5月の頃からはチェンが先発の時は小山が受けるようになったのだと思います。

開幕投手がちょうど1週間前、試合開始も同時刻の19日の試合に先発したチェンではなく、吉見だったのは
チェンが開幕=開幕マスクも小山になるという、谷繁のプライドへの配慮かな。
あと考えられる理由としては、チェンからスタートしてしまうとどうしても3連戦で左右右の並びになってしまい、
これはモリシゲが嫌うパターンのやつだから右=吉見を開幕にしたということ。

3.27 #21chen2



話は逸れたけど、改めてチェンスバラシイ!
とにかくこれしかなく、8回に石原に打たれたヒットなんかは、気を抜くいつもの悪い癖だったけど、
(巨人戦ではこれを必ずラミレスにHRされて負け投手になるパターン)それ以外は文句の付けようが無く、
9回の天谷に対してのピッチングなんかは、この日一番の威力のあるボールを投げてたんじゃないか?と思うほど、
ものすごい、鬼神のようなボールでした。


相変わらず停滞モードの続いていた打線は、問題のセサルのヒットから各駅停車3本で満塁にすると
和田さんが2試合連続、自身7本目のグラスラ!

これでオープン戦からずっとナゴドの屋根からぶら下がってたモヤモヤ感を吹き飛ばすと、
7回にもブランコ、井端で3点。形はかっこ悪かったけど、6番井端に打点1が付いたのは本人とってもチームにとっても大きいですね。
そして地味に途中出場してた藤井も勢いに乗ってヒット!
井端が渋く働いたあとにお調子者藤井が続くこの下位打線は非常に面白い!です。




とまぁそんな感じの今季初勝利。2010型打線のいい出発になりましたね。

1st win 0043.27 #32 ooshima


松井、大島初ヒットおめでとう!



スポンサーサイト
[ 2010/03/27 22:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/285-2e0a8c54








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。