スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

開幕一軍28名 

2010y03m24d_162009890.jpg
太字は新人 紫は左腕
青は左打 緑は両打ち


開幕戦の公示。
ほとんど予想通りのメンバーで、荒木はやっぱり外れました。


今年は最初から投手は13人登録。
先発もローテ6人のフル登録で徹底的に開幕投手及びその先の先発投手を隠しにかかります。

その開幕投手、チェンですかね~?
先週のナゴドでのヤクルト戦での先発が「チェン・吉見・小笠原」であった事、
開始時刻も1週間後の開幕シリーズとほぼ合致していた事を考えると8割方チェンでしょうが、
去年の例(オープン戦で一番よかった投手を起用した)を考慮すると小笠原。
そういえば、監督就任初年度(2004年)の開幕投手は川崎というサプライズがありましたね。
対戦相手も同じ広島でした。
ということで、当ブログの予想は、チェン:小笠原=8:2といたします。


先発ローテがいつもと比べるとやや心許ない分、ブルペンは例年以上に強固。
アサタクはオープン戦序盤に苦しみましたが、後半は持ち直して
すーさんとコバマサはそれぞれ8試合と6試合を無失点
あきのヴは先発した1試合で2失点も、7試合の中継ぎ登板で無失点
アッキー(6試合2失点)、平井(9試合3失点、うち8試合無失点)
毎年恒例のオープン戦ナゴド初戦の先発を回避し、衰えだのなんだの言われてる岩瀬も4試合無失点。
みんながみんな、1シーズンフルに状態がいいはずはないですが、かなり安心できる布陣を組めたのかな、と。


見た目の都合上、セサルを強引にぶち込んだ内野枠は、控えが実質タツローのみという状況。
まぁ、セサルは気の無い山なりの緩い返球をする外野で使うよりも内野で使ったほうが、まだアリなのかなという感じなので、荒木の怪我が幸いした、というところでしょうか。

荒木が戻ってくる頃に未だにセサルが不振、という状況になれば、セサルが抹消で二遊間をアライバ(イバアラ?)、
外野の右と中を藤井、大島、松井でシェアするという理想的な展開になります。
(※自分はまだセサルに対してあまり批判的にはなって無いですが)


競争枠の外野は大島と松井が勝利。キャッチャーの松井も開幕一軍です。




あ、いつのまにか谷くんが落ちてる(T▽T)


スポンサーサイト
[ 2010/03/24 21:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/282-3e41239c








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。