スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

聖域に挑む若手 

堂上弟、井端に挑む
堂上直「守備は自信を持ってやれるようになりました。あとは打撃でアピールするしかない。この秋も打撃を一番にやっています。(来年は)4年目なので、やるしかないんです。
(減俸は)結果が出ていないので当然。今年は去年と一緒で2軍でもダメでした。プロに入って悔しい年ばかりです。
ショート? 1つでも多く守れる方がプラスになる。難しいけどしっかり練習すれば何とかなると思っています。
(打撃は)だいぶよくなってきました。」

辻総合コーチ「ショートもできれば(起用の)幅が広がるからね。 直倫は肩が強くてスピードもあるからショートの素質はある。練習することはプラスになってもマイナスにはならない。可能性? 足を使えば何とかなると思う」

-----------------------------------

ずっと前から直倫はショートやればいいと思ってました。
竜の血を受け継ぐ人気者が、グランドの端っこで捕って投げるだけになるよりも、グランドの真ん中で走り回ったほうが絶対にカッコイイ。
今ショートを守ってる選手が選手なだけに、そのあとを受け継ぐには中途半端な縁やセンスじゃ割に合わない。
一家3代ドラゴンズという縁、中学時代にナゴドのレフトスタンドまで運んだセンス。ええ、適任です。

いちいち坂本を引き合いに出す意味が分からないのですが、こっちは西武の中島みたいなスーパーショートになるから、こういうことをいえるもの今のうちなんだろーな




谷がアライバ後継名乗り
谷「ドミニカにきてよかった。
試合に出られているということは、本当に自信になります。こっちは真っすぐで勝負してくる。それに振りまけないことを考えています。
最初はしんどいとも思いましたが、今は移動も楽しんでいますよ。
来年は違いますよ。」

----------------------------------------

次期ショートといえば、ずっと推していたのが谷くん。おとなしめな選手が多いナゴヤ球場において、やかましいくらいに声を出して雰囲気作りをする谷くん。
そのガツガツした性格がドミニカの気質とマッチして、試合に出れるだけで”すごい”とされるドミニカのウインターリーグで、バリバリ活躍してるそうな。
来季は、今までずっと使ってくれた2軍監督の辻さんが、1軍総合コーチになり、さらにドミニカに飛んでコーチまでしてる森繁コーチが、投手オンリーだったのがヘッドコーチとなり。

今までは「アライバのバックアップはお気にの岩崎だけ♪by落合」だったのが、谷をよく知る辻さんと谷の活躍をこの眼でしっかりと見た森繁コーチが落合監督のそばに仕えることによって、谷は非常に1軍に近い選手になると思う。いや、なる!



「アライバさんに勝つのは無理だから外野に…」とかいう逃げの姿勢をとることなく、あえてショートに割り込んできたり、ドミニカまで行って修行したり、いいじゃないですか。その心意気。
しかもその2人が海を隔てて争ってる、というのがまたドラマですなぁ。

アライバの後の『ナオリンタニリン』コンビ。楽しみですわぁああ(*´д`*)


スポンサーサイト
[ 2009/11/15 17:00 ] 09' シーズンオフ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/265-1656666f








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。