スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タイトルカード 

2009y10m13d_175843530.jpg

タイトル確定。タイトルカード確定。+MVPと新人王があるけど、新たに加わるのはセの新人王のみ。それも該当者無しの可能性高し。


まずは館山&ヤクルト球団ありがとう。
こちらは最多勝と防御率を独占できるチャンスとて、調整登板という言い訳をしながらも吉見を中継ぎでつかって確実に勝ち星を稼ぐという姑息な手段に出て、しかも単独を狙った2度目の登板は審判のアレがあるとしても、失敗したことは事実であり、
ならば、「こっちも同じ方法で館山の単独にしてやろうか?ああん?」と昨日の最終戦に登板させてもよかったのに、ベンチ入りすらしない正々堂々っぷりを見せ付けられました。
まぁ、週末にCSが控えているなかで中3日で無理してタイトルのために投げるというのは、球団の目標を疑いかねるので、当然の動きなのかもしれませんが。

とりあえず、2010第1弾野球チップスで館山の最多勝カードが当たっても、交換要員として他人に提供しないことをちかいます。


当ブログの全力を捧げて支援してきた~アサタクホールド王獲得への道~ですが、シーズン終盤の岩瀬の体調不良(?)とアサタクの守護神修行により、終了。
最終戦でも数字を伸ばした山口が44HPで堂々のタイトル獲得。アサタク(37HP)は結局シュルツ(40HP)にも抜かれて3位でした。

当ブログ7割の力を注いで支援してきた~荒木盗塁王への道~は、終盤の欠場とヤクルトの残り試合数の多さで福地が走り抜けて2年連続のタイトル。

同じく、当ブログ2割の力を入れて支援してきた~森野の初タイトル・打点王への道~は、ブランコとの同打点で迎えた最終戦、森野がタイムリーで1点リードするも、続くブランコが2ランですぐ逆転という森野が泣きそうな展開で決着。


パ・リーグは野手タイトルを西武が独占。気持ち良いですね。
おかわり君は10数試合の欠場があったものの、両リーグ最多の48本、122打点で文句なしのタイトル。全試合に出ていれば…と気になります。
片岡は8月12個、9月14個と一気にスパートを駆けて2年連続。ただ、1番打者のくせに打率.260/出塁率.309というところを見ると、荒木2世襲名か。

ダルビッシュは意外にもこれが2回目、3回目の投手タイトル獲得。それも休んでて防御率が下がらずに獲得という結果。夏前に規定投球回に達してはいたのは素晴らしいことです。

ソフトバンクの攝津は投げ過ぎ。三瀬、久米、藤岡…また仲間が増えました。
奪三振率は11.59。ホントにすごいのに…もったいない…。
スポンサーサイト
[ 2009/10/13 17:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/244-e1a67b14








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。