スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

生け贄小笠原のパターン 

7,31 vsS ● #66

神宮野球場123456789 

Dragons

0000002002

Swallows

10000200x3

D:●朝倉-河原-パヤノ

S:○館山-林昌勇


valuable player:none




オイ、館山。
ヘロヘロだったオールスターでアウトを5つもとってやったのは荒木だぞ。その恩を忘れたのか?!




…とまぁこれは冗談で、10回近くやっても1度も勝てない館山相手になぜ吉見んを使ってしまうの?

高田監督の「えーと…館山は確実に勝てる中日戦にまわしてやな…」という完全に上から目線のローテ操作で思いっきり舐められて、
だったらうちだって「館山には元々アレだから、じゃあ…小笠原でいいか」という感じで生け贄にするなり、あるいは昌さんや病さんの調整登板にするなり、負け試合を有意義に使う方法はいくらでもあるのにも関わらず、『これ以上の苦手意識は~~』と、吉見をぶつけるという暴挙。

このカードを除いても8月に後2度、金土日でのヤクルト戦があり、このままでは毎度毎度吉見んは館山とのマッチアップになってしまう。
こと館山に関しては、吉見んが3度投げれば1回くらいは勝つだろう、などと楽観できる投手ではなく、MLBからリンスカム(防御率2.30、奪三振率11.89)を借りてきてやっとこさ五分の戦い、いや3:7くらいの戦い(もちろん中日が3)ができる投手だと思っています。
このまま3回も吉見んを館山にぶつけたら、負け数が重なるだけで、しかもヤクルトからすると『なんだ吉見も大した事ねぇじゃん』っていう風に思われて…。

館山のときは捨て試合(=小笠原にして)で、ユウキの時に吉見をぶつけれようという大人な発想もせず、カード初戦をチェンと吉見んの必勝体制でいくというオーソドックスな構想に留まった首脳陣に対しては、残念だ、と。
もちろん、このまま館山が恐いからってずっと逃げ回っていたら、CS初戦で当てられてあぼ~んするのは分かってるけど、シーズンの中途半端なところで一世一代の大まぐれがくるよりは、CSでそれを待ったほうがよっぽど良い。だってまぐれがシーズン2度起こるはずもないでしょう。






野手陣「あの館山さまから2点も取ったよ(゚∀゚)」

ファン「はいはい、すごいですね('A`)」
スポンサーサイト
[ 2009/07/31 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/180-53e6fbed








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。