スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

巨人を追いかけられるのはうちしかいない 

7,28 vsG ○ 5-3 #21
東京ドーム123456789  

Dragons

000110210 5

Giants

000020100 3

D:○チェン-河原-Hパヤノ-H浅尾-S岩瀬

G:●オビスポ-越智-木村正


valuable player:パヤノ 0.1IP 0ER




前記事で今週の試合はそれほど重要ではない、といったけど、やっぱり負けるよりは勝つほうが数億倍良くて、しかもそれが巨人相手となるとその倍率はもっともっと上がるわけで。

後半スタートを任されたのはチェン。
立ち上がりは圧倒的なピッチングで捻じ伏せてましたが、オビスポに2塁打を打たれたあたりからややスローダウン。それにしても、坂本のヒットで点が取られなかったのは、ラッキーとしか言い様がありません。
5回無死満塁から2点を取られて、その後送りバント→三振→四球となるのは想定どおり。ピンチで亀井@東京ドームとかネタ抜きにマジで恐怖以外のなにものでもないのですが、初球カーブとはお見事なリード。

アルフォンゾのHRは、完勝するにあたって、完全に余計な1点で、誰もアルフォンゾなんかに打たれるわけないと思ってるわけですから、完全に油断してたかと。反省、反省。
去年からずっと支配的な相性で断っていた小笠原に打たれたヒットも余計といえば余計。続くラミレス、チェンが相性の悪いラミレスを迎えたところで、スパッと投手交代。これはいい判断だったと思います。

継いだ河原はストレートの四球を与えはしましたが、ここで一番いけないのは被弾。あきのぶや齊藤では0-3から勝負して被弾してたかもしれないので、『何しに来たの河原?!』とは一概に言えないです。
そしてピンチでリリーフしたパヤノがナイスリリーフ!ピンチで亀井@とうky(ryという場面をよく抑えましたね。

ナイスリリーフといえばアサタクもそう。
和田さんのいろんな意味ですごいHRで、ほぼ試合が決まりかけた所でしたが、あの回を3人で切ったことで9回は小笠原・ラミレスまで回らない。もっと言えば、ランナーが2人いて岩瀬vs亀井といういつぞやの恐怖を思い起こさせる場面もありましたからね。

んで、岩瀬様は完璧なご公務お疲れ様です。


打線は…
もっと点取れたでしょ?ね?藤井さん。
まぁ、チェンに勝ちを付けさせただけ良しとしますか。

スポンサーサイト
[ 2009/07/28 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/177-1b17e285








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。