スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

森野自責点1 

7,11 vsC ○ 2-1 #19

ナゴヤドーム123456789

Carp

001000000 1

Dragons

00001100x 2

C:●前田健

D:○吉見-H浅尾-S岩瀬


valuable player:吉見 7IP 0ER



昨日の勝利で対広島戦6連勝。大型連勝をしていると『そろそろ止まるのでは…』と、どうしてもネガティヴな思考がまず出てくるのですが、今日の先発は吉見ん。
だがしかし、あちらさんのマエケンに対しては、マツダではブランコ和田の連弾で勝つには勝ったものの、全然打てておらず、油断など出来るハズもありません。


試合はその予想通り、ドロンとした大きなカーブとリリースの良いストレートのコンビネーションは、いつも1順目はデータ収集に走るうちの打撃陣にとっては、本当に手も足も出ない、投球でこのままノーヒットノーランいやパーフェクトをやられるんじゃないか?と本気で思ってました。

バットを持っても風格十分で、牽制やクイック、フィールディングもすばらしい。
さすがPLで1年夏からエース張るだけある、エースナンバーを継承するだけある、ファン投票で2位の得票数を貰うだけある、ピッチャーだなぁと。
ただ、逆に言えば、序盤に決め球のカーブを惜しまずに投げ込んだことで、手の内がばれてしまったのかな。



一方の吉見んの立ち上がりは悪かったです。ここのところずっと、立ち上がりが悪いのは少々気になるところです。
まぁ、悪いといっても6回、7回のスペシャルなピッチングと比べた場合の相対的な悪さということで、今日も無失点に抑えてますから、スロースターターという評価を下すのは酷でしょう。

特に、3回は、最小失点でうまく抑えきったのは、とても素晴らしいことです。
(しかし森野はもう16個目か…。セ独走でトップかいorz
もう、吉見んの自責点がつかなかったと楽観できる事ではないよorz)

その魔の3回を抜けた後は、吉見んのスランプのない制球力と球速と谷繁との信頼感でスイスイスーイと。
一時期全く勝てませんでしたが、気がつけばこれで4連勝。9勝目は館山に並ぶリーグトップ。


また、守備でのもう一つのハイライトとして、和田さんのレーザービームが挙げられますがこれは和田さんにとっては「普通」のプレー。僕が和田さんのレフト守備を高く評価してる理由です。
むしろ、谷繁のブロックは、まさに体を張ったプレイで、長年培ってきた経験と勇気、和田さんならコントロール良く投げてくれるという信頼から生まれたプレイですね。


打つ方では、一周りをデータ収集で完全に捨てる勇気はお見事(笑)といったところでしょうか。
6回の最初こそは良かったですが、あの後で追加点が取れないと、巨人とヤクルトには勝てないですね。

スポンサーサイト
[ 2009/07/11 21:00 ] 09' シーズン | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/159-0ddf9851


「赤」には強い吉見

7/11 ナゴヤドーム  <中日vs.広島=11回戦 中日8勝3敗=観衆:37,265人>  123456789計広  島0010000001中  日00001100×2 広前田健-石原中吉見、浅尾、岩瀬-谷繁勝吉 見 9勝3敗   =通算 20勝  
[2009/07/12 15:54] URL どら日記






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。