スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Micah Owingsというピッチャー 

2002年にコロラド・ロッキーズからドラフト2巡目(全体50番目)で指名されるが入団拒否、2003年にもシカゴ・カブスからドラフト19巡目(全体576番目)で指名されるがまたも入団拒否をした末、2005年にアリゾナ・ダイヤモンドバックスからドラフト3巡目(全体83番目)で指名され入団した。

オーウィングスのメジャーデビュー戦は2007年4月6日のワシントン・ナショナルズ戦、5回を投げ1安打無失点6三振を奪う内容だった。腰痛で戦線を離脱していたランディ・ジョンソンの代役としての先発を見事に務め、以後もローテーションに入ることとなった。
(wikiより引用)


上を読んでもわかるとおり、Owingsは投手です。球威・制球共にトップクラスではないかもしれませんが、3年目の今年までに2ケタ奪Kや完封も経験しています。3番手として10勝+数個の貯金を計算できる投手ではありませんが、今年もローテーションを競争の上で勝ち取りました。
少しの負け越しがデフォルトながらも、5番手としての役割は一応果たしているといっても良いでしょう。

(つづく)


05/21/08 キャリア唯一の2ケタ奪三振
http://mlb.mlb.com/media/video.jsp?content_id=2740717
スポンサーサイト
[ 2009/06/18 22:00 ] 09' MLB | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/156-343bdd2a








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。