スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドラゴンズの3番というブランド 

6,27 vsC ○ 5-3 #31

マツダスタジアム123456789 

Dragons

0003101005

Carp

2010000003

D:○吉見-Hパヤノ-H河原-H浅尾-S岩瀬

C:●大竹-林


valuable player:森野 4-2 3RBI



連日の森野。勝負を決めるクラッチバット。




昨日に引き続き、ドラゴンズの3番ブランドの話。

独断と偏見で選出しているvaluable player選出回数を見ても分かるとおり(昨日今日で7度目となりチーム最多)、森野が勝利を演出する一打を放っている試合は多い。不振、不振、と煽られながらも、これだけ活躍してるのはまず及第点といえる。

が、しかし、いくら貢献打を打っても、インパクトに残るか、という点ではまだまだ弱い、弱すぎる。
例えば、越智から決勝打を打った試合は、病さんのウルトラピッチの試合という印象が強いし、9回同点タイムリーの試合は、そもそも勝ってない。
昨日も、ただ映像で見比べれば、ブランコのHRのほうがすごい(ルイスのが一番すごい)。


今日の森野の一打は半月も過ぎれば、記憶をアウトプットして再生することは難しい。
関川、立浪、福留と受け継がれている"ドラゴンズの3番"のブランド力は、もっともっと、僕達を感動させる。

スポンサーサイト
[ 2009/06/27 22:00 ] 09' シーズン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/141-5b98fa76








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。