スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

流れが交わる戦い 

交流戦で望むことは、贔屓チームが勝ち、なおかつ同リーグのチームが負けることである。とは『フルタの方程式』で周防監督が仰っていた言葉。
ヤクルトファンの監督の言葉まさにその通りで、贔屓チームが勝ってもまわりも勝てば、字チームの貯金は増えるけど、差は縮まらない。


今年のドラゴンズの交流戦はまさに"それ"で、せっかく貯金5を積み上げても、上下のチームが貯金6と同勝率では、交流戦前の順位となんら変わりありません。もっといえば、全体の成績の貯金が増えた(借金がなくなった)ため、リーグのレベルはグッと上がった。

こんなことになるなら、讀賣を倒したかったし、神宮に現地観戦しに行きたかったし、ハマスタでまたホームランボールを取りたかった。5月の23日以降、関東での試合がないので、ぶっちゃけると、交流戦('A`)イラネと心のどこかで思ってる節はあると思う。


ですが、この交流戦で得たものは"順位"ではなく"戦力"。
こう考えれば非常に有意義な交流戦だったように思う。

まずなんといっても強固な先発ローテが確立できたこと。
優勝するチームには必ず絶対的なエースピッチャーが一人いる。そしてそのエースの脇を固める形で、二桁勝利を狙える2,3人の有能な先発が陣取り、ローテーションを形成する。

――質と量を備え持つチームが常勝軍団への礎。



2009y06m23d_165658557.jpg

現在の5人のローテ投手の成績。
防御率レース1位、2位を独占している吉見ん、チェンの数字はすばらしい。川井ちゃんの無傷の6連勝というのも光る。

しかし、もっとすごい数字が2つある。
まずはQS率。(QS クオリティー・スタート とは先発投手が6イニング以上を投げ、自責点3点以内に抑えること。=先発が試合を作れる確率)

エース朝倉に、吉見ん・チェンの左右のスターターに関しては、文句の付けようが無い数字。彼ら3人が投げる試合は88%の確率で6回を3失点以内に抑えるため、極端な話、打線が4点取るだけで勝てる。
後ろの2人についても、かれられベルの選手が5割以上の確率で試合を作ってくれれば上出来といわざるを得ない。
5人の数字を統計すると、その数字はなんと78.7。
開幕投手アサタクが中継ぎにまわり、200勝投手も通用せず、秘密兵器・病さんは秋に向けて調整中、エース候補の賢ちゃんもダメ。交流戦前の悲しいローテ状況は一転、リーグ屈指のローテが確立できた。


一番右の数字WHIPとは、『1イニングあたりに何人の走者を出すか』を表す指標で、簡単に言うとこの数字が良い投手=最強の投手なのだ。
1.00未満ならば球界を代表する超一流投手、1.20前後でエース投手、1.35前後ならば平凡、と一般的に言われている。

この一般論を当てはめると、すごいことがわかる。
吉見んの0.93という数値はダルビッシュ(0.80)、田中マークン(0.81)に次ぐ3位の数値で、球界を代表する超一流投手
そしてこの3人に次ぐ第4位の数値を誇っているのがチェンの1.02。これもまた球界を代表する超一流投手だ。

似たもの同士左腕の2人は仲良く同じ数値だが、球界No.1左腕スターターと名高い杉内も1.13。(cf.涌井 1.12 館山 1.15)
朝倉の1.17という数値もエースの基準を満たしており、これでなんと3人ともエース投手といえる。



すなわち、球界を代表する超一流投手が2人いて、脇を固める3人が揃ってエース投手。今までこんなローテーションがあっただろうか。

今年の交流戦は、リーグ屈指どころか球界史に残る先発ローテを確立できた、球団史に残る交流戦だった。


スポンサーサイト
[ 2009/06/23 22:00 ] 09' 交流戦 | TB(0) | CM(4)

(また登場)



WHIP これは、なかなか貴重な数値だね。

吉見のWHIP < 1.00
既に3試合完封勝利の事実だけに止まらず、
彼が放る試合は、地上波の放送枠内で終わることが多い。
うん! 納得

朝倉(西武戦)や、川井(日本ハム戦)は、
4失点しても、ちゃっかり勝ち投手になった試合もあったなぁ。
打線が、ガラにもなく? 終盤ひっくり返した事実もデカい。
(パの救援陣からの、アシスト云々は、この際置いといて)
[ 2009/06/24 09:00 ] [ 編集 ]

LP1989さん、コメントありがとうございます。

>彼が放る試合は、地上波の放送枠内で終わることが多い。
うん! 納得

地上波の放送のドラゴンズ戦なんてもうツチノコ並のレア度ですわ('A`)
交流戦は、ロッテ戦とソフトバンク戦がNHKでやってたくらいです(どっちもサヨナラ負けw)

>朝倉(西武戦)や、川井(日本ハム戦)は、
4失点しても、ちゃっかり勝ち投手になった試合もあったなぁ。

QSは6回3失点という敷居ですが、6回4失点まで広げれば、その確率はもっと上がります。ただ、防御率は6.00、6回3失点でも防御率でいえば4.50なんですけどね。

>(パの救援陣からの、アシスト云々は、この際置いといて)

広島、ヤクルト、讀賣子の3チームのブルペンは強いぞー
[ 2009/06/25 00:12 ] [ 編集 ]

この記事も面白かったです!
いいもの読ませていただきました、ありがとう~。

ドラゴンズのピッチャーは凄いんだね。
ファンが体感している以上に・・・^^;
[ 2009/06/25 01:48 ] [ 編集 ]

パオロンさん、コメントありがとうございます。

>この記事も面白かったです!
いいもの読ませていただきました、ありがとう~。

そういってもらえると書いた甲斐があります。ありがとうございます。

>ドラゴンズのピッチャーは凄いんだね。
ファンが体感している以上に・・・^^;

ピッチャー"は"ね…^^;
[ 2009/06/27 13:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/135-6d701672








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。