スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

待ち望んだ朝倉 

3,15 op #14

札幌ドーム123456789 

Dragons

1020000003

Fighters

0000000101

D:○朝倉-浅尾-S清水昭信

D:●スウィーニー-須永-建山-武田久


valuable player:朝倉健太 6IP 0EA




これが僕の待ち望んだ朝倉健太。

憲伸が海を渡って以降、ぽっかりと空いた大きな穴は誰が埋めるのか、が課題となっていました。
球春到来、キャンプ初日が始まるやいなや、昨季ローテを勤めた投手達はブルペンへと足を運び、そこにアサタクら昨季いなかった組も加わり、その争いはより熾烈なものとなっていきました。

結果を出せば評価され、結果を出さなければ落とされるサバイバルレース、最大10人以上で争うサバイバルレースで、僕が最も期待を寄せる朝倉は思い通りの投球が出来ずにいました。
もちろん、憲伸のいたエースの座を引き継ぐような内容とは、ひどくかけ離れていました。

しかし、この日の朝倉は違っていました。6イニング、18アウトのうち三振2つを除けば、打ち取ったアウトは全てゴロ。
シュートを投げれば併殺打、フォークを投げても併殺打。このピッチングは、彼にしか出来ない。



野手の方では、引き続き藤井が好調。
右越えのホームラン含む2安打は左打席から生まれました。

一軍帯同中の谷が7番・SSでスタメン出場。1安打を放ち、途中からは2Bのポジションにも就きました。
ブランコに代走が送られた関係で、9回裏は森野が1Bへ。これもまた、一つの選択肢。
ちなみに、外野はCF野本、RF藤井で最後までこのままでした。

スポンサーサイト
[ 2009/03/15 22:00 ] 09' オープン戦 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dragonsdevotion.blog100.fc2.com/tb.php/1-78b09b4b








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。