スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

漢黒田、男気で周平の骨を粉砕 

160430 マツダ
中 000 010 100 2
広 000 233 04x 12

伊藤 1試合1敗
又吉 15試合 1勝5H
阿知羅 3試合
福 7試合 


先発の伊藤じゅん吉さんは5イニングを投げ、
そのイニング以下の自責点に抑える好投(失点は5)を見せてくれました。

許したランナーも7安打と2四球のみでWHIPは1.80。
WHIP1.83、与四球率10.56が基準値の彼(2014基準)にとっては
与四球率が大幅に改善されてただけよくやったと言えるレベルではないでしょうか(言えない)

エルドレッドのホームランは2ボール0ストライクから置きにいったボール、
安部のタイムリーは2ボール1ストライクからものの見事なエンドランしてくださいボール、
丸の3ランは、田中菊池に粘られヒット→粘られヒットからのど真ん中ハーフスピードですから、
まるで成長とか、反省とか、工夫とか、そういった類のものが見受けられないピッチングでした。

せっかく試合に残してもらえて最終回に平田と杉山が繋いでくれて作ってくれた打席を
無碍にしてしまう藤井と合わせて悲しくなりますよね。



周平が骨折しました。
嘆いたところ治癒が早くなるとかいうことはないので、
いるメンバーで力を合わせてやっていくしかありません。

出塁率高い、得点圏ダメ、走塁うまいの平田の3番が実現するのは喜ばしいことで
注目は三塁を守るのは誰になるか、ということ。

明日予告先発のネイラーは下げられませんし、
伊藤じゅん吉の手も借りたい状態のローテの現状、ジョーダンを下げるのは冗談がきついので
初夏のエルナンデスを使えないのは苦しいですね。

谷が最有力候補で、打順も2番に入ってくれれば
ここまで.207 出塁率.258と苦しんでる2番打者問題も解決するのですが、
ただバントが下手なので谷繁が2番で使ってくれるかが問題ですよね。

中 大島
三 谷
右 平田
一 ビシエド
左 ナニータ
遊 堂上
捕 杉山
投 ネイラー
二 亀澤

とりあえず明日はこれで。


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/04/30 22:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

新旧Mr.引退試合の競演 

160429 マツダ
中 020 002 000 4
広 000 242 10x 9

若松 5試合3勝2敗
又吉 14試合1勝5H
岡田 9試合 1勝1敗2H
阿知羅 2試合

元祖Mr.引退試合・森の将彦が四球でバトンを後ろに託すと、
新Mr.引退試合・野本圭が二ゴロ併で応戦。

滅多にない、新旧Mr.引退試合の豪華共演が2016年のゴールデンウィークを華々しくスタートさせました。


というそれだけの試合。


ところで野本ってあした絶対黒田の内角に落ちるスプリットで空振り三振するけどまた一軍で見たいよね。


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2016/04/29 22:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

下位打線の躍動 

140428 横浜スタジアム
中 000 205 200 9
横 002 000 000 2

小熊 5試合3勝1敗
福 6試合 

3連続のカード勝ち越し。いっときは当たり前だったカード勝ち越しも
ある時を境に全くできなくなり、今となっては本当に貴重なもののように思えます。
このような感覚を身に付けさせてくれたジョイナスおじさんには感謝感謝です(皮肉)


先発は小熊。
雨の降る中、自信の調子もよくない中と悪条件でも粘りのピッチングで2失点にまとめました。
イニングを投げ切ったのが何よりの成果で、一度完封してるとはいえ、
7回まで投げたことは小熊にとって自信となるでしょう。


6番平田が2安打3打点、
7番堂上が2安打2打点、
8番桂が1安打で3打点と
11試合連続安打で打率を.359まで上げてきたナニータも含め
下位打線が好調なんですが、ぺトリッククラスのバッティングピッチャーともなれば
誰でも打てるのが当たり前でしょう。

菅野やジョンソン、大谷則本といったエース級から点を取るにはやはりビシエドの前にいかにランナーを貯めるかが
重要になってくるので、そうなるとつまるところは1,2番がキーになるわけです。

今日みたいに僅差の試合でも敗戦処理のピッチャーが投げてくれるラッキーは他の球団では
そうはない事なので、ここからもカード勝ち越しを伸ばしていくためにはエース級を負かしていくこと。

そのために1,2番の奮起、特に2番の奮起が求められます。
まさか谷繁監督も今の荒木で満足してるはずはないでしょう。
谷や亀澤、直倫らをうまく刺激させやる気を漲らせるような環境つくりに努めてほしいですね。

ナニータ専属の車イスになりかけてる工藤だっていい活躍を見せてますから、
大島も1番センターの座は安泰じゃないですよ。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

[ 2016/04/28 22:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

論点のすり替え 

160427 横浜スタジアム
中 000 000 300 3
横 101 101 31x 8

山井 6試合 3敗1H
岩瀬 5試合 1敗1H
阿知羅 1試合


山井が筒香にぶつけてしまってその報復でビシエドに当てられて怪我しなくてよかったね、というレベルの試合。

打線が久保の術中にハマり、山井が山井の術中にハマってしまえば勝機なんてありません。
飛雄馬の被弾もさることながら、筒香の被弾が、続投させたという判断も含めて筆舌に尽くしがたい現実でした。


2番手は岩瀬。
名前で抑えられる相手(ルーキー戸柱)対してヒットを許し、
名前で抑えられない相手(岩瀬のことをよく知らないロマック)に対しても四球。
ランナーを背負ってからは高めに浮くボールばかりで
これでは直倫のエラー云々を抜きにしても厳しいのかなぁとは思います。

このような状態がしばらく続くようであれば…と以前書きましたが、
悲しいことに最悪の事態がすぐそばに迫ってきてるような気もします。


3番手の阿知羅はプロ初登板。
球が高めに浮くという点ではこちらの阿知羅の方がひどい状態。
幸い1失点で済みましたがこのままだとどうも使いどころがないですよね、って感じ。


中途半端に追い上げた分、後半は試合の様相がすっかり変わりましたが、
この試合の一番の論点は、谷の併殺打でもなく、直倫のエラーでもなく、岩瀬のピッチングでもなく、
藤井のしょーもない三振でもなく、山井が先発ローテーションに入ってることですよ。
そこは間違えちゃいけません。


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2016/04/27 23:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

3年間渇望し続けていたもの 

160424 ナゴヤ
ヤ 201 000 000 3
中 100 000 04x 5

ネイラー 5試合 1勝1敗
岡田 7試合 1勝1敗1H
福谷 13試合 1勝5S2H

バレンティンを生け贄に捧げてまでカード勝ち越しを狙ってきたヤクルトをビシエドの一振りで制圧。
これこそ私たちドラゴンズファンが3年間渇望し続けた力。


先日のサヨナラホームランといい、今日のグラスラといい、
3ボール1ストライクだからといって素直にストライクゾーンに投げちゃ打たれますよ、と。

満塁とはいえあの場面で押し出し四球を狙ってるようじゃ到底4番なんて務まらないわけで。
ウッズであっても、ブランコであっても、和田さんであっても次の投球を『強い打球を打つことだけを心掛けた』と
フルスイングしてたでしょう。
4番に座るものならだれもがあの場面でフルスイングをします。
捉えるか捉えないかはまたもう一つ上のレベルの話であって、
ここできちんと仕留め切るあたりがメジャーリーガーってやつなんですね。


先発ネイラーは立ち上がりの『最悪』から回を追うごとに尻上がりで最終的には『中の上』くらい
の出来でなんだかんだで7回を投げ切りました。
来日最多の124球もむなしくやっぱり勝ち星はつかないバルデス状態ですが、
本家本元と違ってチームは勝ってるのがせめてもの救い。というかこれに勝る喜びはありません。

9回は福谷。これ以外にありません。
おそらく3点差以上ついてても投げさせたんじゃないかな。
昨日岩瀬が失敗したから消去法の福谷ではなく、
守護神はお前しかいないと意気込んでの采配であったと信じたいです。

昨日の試合はリアルタイムでは見ることが出来なかったんですが、
テキストからも9回の継投策にかなり危機感を強めました。
ヘタすれば2人に致命的なダメージを与えかねない結果であったと思います。
そんな状況下で一発回答できたのは今後に向けて大きな一歩ですね。

そして挽回のチャンスをくれたビシエドの一振りには感謝してもしきれません。


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2016/04/24 23:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

神宮ゲーム 

160423 ナゴヤ
ヤ 001 002 004 7
中 104 000 000 5

吉見 2試合 
岡田 6試合 1敗1H
又吉 12試合 5H
田島 13試合 7H
福谷 12試合 1勝4S2H 
岩瀬 4試合 1敗1H


昨日も大概神宮みたいな試合でしたが、今日は正真正銘の神宮ゲーム。
バッテリーエラーがないところがナゴドといった感じでしょうか。


先発は吉見ん。
終わってみれば105球の想定内の球数。
4-1とリードしてて果たして6回で降ろす勇気があるのかというと、
来週もう一度同じ展開の試合があってもなかなか交代は告げられないでしょう。

となると6回の失点は吉見んのスタミナ不足が原因で、
その点は彼ほどの投手になれば痛いほどに分かっているでしょうから次回以降に期待をしましょう。
いや、次回となれば気が早すぎで、やはり夏ごろまでは中10日100球目安で投げてもらい、
9月には安定して8回を無四球無失点で抑えてくれるピッチングを心待ちにしましょう。



不安要素だった岡田と又吉が完璧なリリーフをして、安定感抜群だった田島と福谷が荒れるんですから
野球は改めて奥の深いスポーツだと思います。

結果的に負け投手になったのは岩瀬ですが、メンタル面や切り替えの速さに関して言えば
右に出るものがいないレベルのですので心配はないでしょう。
もし次からも痛打を浴びるシーンが目立つようであれば、それは悲しいかな『衰え』であります。


問題は福谷。
今季初のセーブ失敗→中4日→昨日のgdgdときて今日もgdgd。
こちらはメンタル面や気持ちの切り替えに課題を残すタイプの投手ですから、
今後、首脳陣がどのようなケアをしていくのかが注目です。

ピンチはチャンスとはよく言ったもので、去年は『顔も見たくない』『マウンドにいくと必ず失点する』
『根性論オンリーの昭和型頑固ハイサイおじさん』など好き放題に罵られたデニー。

今年はブルペンコーチに徹しまずまずの結果を残してきたところで、ここから今年もまた福谷を
壊すようなことがあれば今度は去年の以上の罵詈雑言が飛んでくるでしょうから、
このまま悪評が目立たない程度にやっていくには絶好の機会でしょう。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2016/04/23 23:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

バカは風邪ひかない 

160422 ナゴヤ
ヤ 004 001 010 6
中 403 021 01x 10

若松 4試合 3勝1敗
岡田 5試合 1敗
又吉 11試合 4H
祖父江 2試合
岩瀬 3試合 1H
田島 12試合 7H
福谷 11試合 1勝2H4S


インフルエンザで休養中の谷繁に代わって森繁が指揮を執った試合。
高校時代、自らの名前を漢字で書けなかったなどおバカ伝説を残す谷繁監督ではありますが、
風邪をひいたということで自分はバカではないと自傷行為で身を削り、示しました。

バカといえば、アホの子平田も復帰。
初回に押し出し四球を選ぶと、5回にはライトへホームラン、6回には右中間へのタイムリーツーベースと
平田特有の右方向への強い当たりが見られました。
それでも対左投手と得点圏でヒットゼロ(7打数と5打数)は継続中ですが…
ただ、今日に限っては大量リードで控え野手もいっぱいいる状況ながらもフル出場したのが一番の収穫でしょう。
(相変わらずのよくわからないヒーローインタビューは置いといて…)


4日空いたので中継ぎをつぎ込むのは既定路線だったのかもしれませんが、
明日は長いイニングは見込めない吉見んなのにそれしちゃうの?ってどこか腑に落ちない感じはします。
だったら、今日吉見んで明日若松でよかったよね、とかとか。
まぁ投手を統べる人がトップ不在でやりたくなりがちな事ってことで。。
明日からは通常通り谷しげ監督が指揮を執ります。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2016/04/22 22:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

高橋聡文、開幕10試合連続無失点 

160417 ナゴヤ
神 000 100 001 0 2
中 100 001 000 2x 4x

ネイラー 4試合1勝1敗
田島 11試合 7H
福谷 10試合 1勝4S2H
又吉 10試合 4H

高橋聡文、開幕10試合連続無失点。
監督推薦での自身初球宴出場に照準(フラグ)。


ネイラーはまた勝てず。
前回登板後morisigeとの面談に勝利で応えることは出来ませんでしたが、
充分に勝利に近いピッチングでした。
全てがうまいこと回っていれば3勝しててもおかしくはないという俗にいうバルデス状態なんですが、
本家本元のバルデスとは違うのはチームは勝ってることですね。


福谷が今季初のセーブ失敗。
表の攻撃はあのような場面では勝ち越さないと意味がないわけですから、
裏の立場からみて、勝ち越されなかったところが勝因。

まぁでもこの失敗に関して言えば福田のゲッツー藤井の三振などと全く仕事をしてない方たちの
せいにしてしまっても構わないと思いますけどね。

基本的にブルペンの投手陣には甘々のわたしですが、
この考えはみなさんもある程度は理解していただけると思います。

フルシーズンセーブ失敗ゼロでなんていけるはずがないので、
数少ない機会でもチームは勝ったことをまえむきに捉えたいです。


福田藤井と合わせてひどかったのは谷のバントですが
これに関しては指示した方が悪いかと。
素人目でも下手くそなのは明らかで、しかも無死12塁と最も失敗の可能性が高い、昨日も失敗してる、
ここまで材料が揃っていたならヒッティングでもよかったんじゃ。

たしかに2打席連続三振中でしたけど、その時とはピッチャーは変わってました。
最近あれだけクオリティーの高い打席を見せてくれていた谷ですから、
バントでなくとも走者を進めるバッティングはしてくれたでしょう。
状況セオリーにこだわりすぎるのではなく、選手の特徴特性を考えた采配をお願いしたいですね。


ここまで何度も一振りで試合を流れを変え、後続のタイムリーにつなげてきたビシエドが
今日は試合を決める一振り。
あの場面で打者有利のカウントで、素直にストレート投げたらそら打たれますよ、と。
緊急捕手今成圧倒的感謝。


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2016/04/17 22:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

高橋聡文の好リリーフが流れを呼んで逆転サヨナラ勝ち 

160416 ナゴヤ
神 000 030 000 3
中 000 000 022x 4x

山井 5試合 2敗1H
岡田 4試合 1敗
田島 10試合 6H
岩瀬 2試合 1H 
福谷 9試合 1勝4S2H


高橋聡文の好リリーフで流れを呼んだドラゴンズが見事逆転サヨナラ勝ち。

先発山井ながらもレフト福田、ライトナニータ、セカンド谷と超攻撃態勢オーダー。
どうせ打たれるから守備力なんて関係ねえって感じでしょうか。

立ち上がりは良かったものの結局5回に崩れ、終わってみれば5回3失点。
何とも評価しがたい結果で延命を続けてたまに炎上するスパイラルを抜けてくれる日は来るんでしょうか。

2番手の岡田、3番手の田島が3イニングを9人で片付けると、
3.5番手の黄色いユニホームを着たあきふみさんが好リリーフ。
後を細かく継いだ岩瀬福谷はさながら2010年の高橋浅尾岩瀬リレーの再来のよう。


9回裏はマテオを攻めました。
やはりビシエドの一振りには球場の雰囲気を一変させるパワーがあります。

ひどいバントミスもありましたが乱調に付け込んで1死満塁とすると
杉山が初球決めうちで逆転サヨナラのタイムリー二塁打!!!
谷繁監督の捕手らしいアドバイスに応える捕手らしい打席でした。

本来ならば、サヨナラのチャンスで捕手に代打を出せないのは戦術的に苦しいはずなんですが、
今年に限れば全くそうはありません。
むしろ代打のメンツよりも期待できるという逆転現象がおきていて、
なおかつそのレベルの選手が2人もいるわけですから、
こんなに楽しいことはありません。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2016/04/16 22:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

対能見 5打数5安打2HR 

160415 ナゴヤ
神 000 000 000 0
中 240 000 00x 6

ジョーダン 2試合1勝
祖父江 1試合
又吉  9試合3H


スミ1ならぬスミ24。

大野抹消、平田帰ってこずと投打の顔を欠いた戦いを余儀なくされた15時にはじまるも、
19時にはビシエドの一振りがドラゴンズの鬱憤を吹き飛ばしてくれました。

これでビシエドは対能見で5の5、2HR。
落ちるボールにクルクル三振して「ボールが見えない」と言って二軍落ちしたブランコとは大違いです。

2アウトからの(ほぼ)燃えドラ攻撃で得た大量リードに守られた形ではありますが
ジョーダンも7回を投げて無失点で来日初勝利。

時折みせた抜け玉ならとんでもないボールが小差のリードの試合ならどうなるか
という不安が残るのが正直なところで
荒れ球タイプなのに意外と三振が獲れてないのも気になります。
(今日2奪三振、トータル14回7奪三振)


平田はもう少し熟成させるようですから、いない間は大チャンス。
友永にしろ、谷にしろ、赤坂にしろ、もうこの際工藤でも誰でも森の以外ならだれでも良いので
空いてるポジションを掴みきるんだと意気込んでほしいね。

今日は谷が素晴らしい活躍でした。

そして代走でも守備固めの出番のなかった藤井は頭を冷やしてきた方がいいと思うんだ。
そしてそして明日の予告先発は山井なんだ。休日を有効に使えますね。


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2016/04/15 23:46 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

考えかた 

160414 マツダ
中 001 000 000 1
広 002 431 00x 10

小熊 4試合 1勝1敗
小川 8試合 3H
又吉 8試合 4H
福 5試合


雨乞いでジョンソン回避かと思われましたがスライド登板であえなく惨敗。

こういうぶっ壊れた試合こそ山井が3~4イニングをロングするべきなのに
いつの間にか抹消されてたというちぐはぐ。

小熊の炎上も悪いといえば悪いんですが
敗因は4回の桂の送りバントでしょうね。

9番が小熊なので、2死2塁で大島の一打に期待だったんでしょうが、
外野前進の守備隊形がとりやすくなる上に、対するはパワーピッチャーのジョンソン。
鈍足の直倫が2塁ランナーでパワーレスの大島が打席。
これでどうやって点を取れと。

単純に桂と大島、どっちが打撃への期待値が高いかというと
わたしは桂に賭けたんですが皆さんはいかがでしょう。

無死1塁なら12塁間が大きく空きます。桂は右打ちが得意なバッターです。
2死2塁なら外野手は前の打球に対して意識を高く持ちます。実際大島の打球はセンターとショート間へのフライでした。
あの打球を回の先頭で打ってたなら?もしかしたら落ちてたかもしれません。


例えゲッツーに終わったとしても、所詮貰ったランナーですから
潰したところで大したことではありません。

最悪を考えて采配をするのか、最高を考えて采配をするのかって所ですよね。


カープからすれば逆転した直後の守りで先頭をエラーで出塁させる嫌な雰囲気の中で、
簡単に3アウト貰えたわけですからそりゃあの監督でも圧勝しますよねと。
間違いなく強行された方が怖ったと思います。


あ、そういえば昨日の振り替え分はおそらく9月の終わりにかちこまれそうなんで
動く森の将彦さんの最後の姿をぜひ見たいという物好きな方は遠征費と交通費の用意を。






ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村


[ 2016/04/14 22:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

完投負けは男の勲章 

160412 呉
中 100 000 000 1
広 200 001 00x 2

若松  3試合2勝1敗


1回の攻撃で負けフラグを立ててしまうとそれを折ることが出来ずあえなく敗戦。
貯金はゼロになってしまいました。

みての通り1回の攻撃なすべて。
日曜日の試合の5番赤坂が不発だったことを受けての5番ナニータだったのかもしれませんが、
あまりにも頼りなさすぎで相手からしても全く怖さは感じてないでしょう。

幸いにも平田が15日金曜日のナゴヤドームから復帰する見込みで
ナニータはそこでお役御免になるでしょう。

残り2日の日本での生活をどう満喫するかはナニータ自身の自由ですが、
せっかく広島にいるんなら厳島神社と尾道観光してお好み焼き食って
木曜の試合後には名古屋に戻る新幹線には乗らず、
ボールケースの内蓋に「500円」って書いた紙貼って広島駅前で
大好きな丸の物真似で小遣い稼ぎして生計を立てていけばいいんじゃないですかね。

広島空港までの交通費くらいなら出してあげますから、
ドミニカまでの飛行機代くらいは自分で稼いでほしいもんです。


5番一塁森野になるようもんならチームとしては最大の赤信号で
だったら5番レフト遠藤の突貫工事の方が幾分もマシ。


若松は8回113球、被安打9奪三振4与四球2の好投も報われず完投負け。
セ・リーグで完投負けできる投手って下手すら完封する投手より少ないかもってくらいですから、
自信にしてもらって問題ないと思います。
エースクラスの投手にならないと早々記録できるもんじゃありません。
去年の最終登板の短いイニングだけ投げて運良く手に入れた10勝目よりも価値の高いものです。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村


[ 2016/04/12 22:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

ひと回り終了 

160410 ナゴヤ
巨 000 001 600 7
中 001 001 000 2

ネイラー  3試合1勝1敗
又吉 7試合 4H
小川 7試合 3H
福   4試合 1H
田島  9試合 6H
 
 
荒木が昨日とはうってかわって出るわ出るわの3安打。
勝ち越しタイムリーのみならず、
三邪飛でタッチアップしてビシエド敬遠を誘い、森の将彦の引退試合のお膳立てをするなど
キレキレの動きを見せてくれましたが、勝利につながらなければ何の意味もなし。

おそらく今日も精彩を欠いた動きならば来週からはスタメンを外れるかと思いましたが、
3安打で信用回復。
でもこの波の激しさでは適正打順はナシで適任ポジションは代走か守備固め。
でもそうなると年俸8800万の代走となりコストパフォーマンスが最悪になるわけですから
いろいろと難しい問題です。


----------------------------------------

一回りが終了。
7勝6敗2分けの4位とお得意の中位力をまざまざと見せつける結果。
おそらくシーズン全体を通してもこのレベルで推移して、
どこかで大型連勝か、他球団の大コケがあればスイッとCS圏内へ、といった感じの予想通りの展開となりそうです。


待ちに待った周平の覚醒にファンに歓喜し、
未知数だったビシエドの本性は大敗してても彼の打席だけは見て帰ろうとファンの帰宅の足に待ったをかけています。
積年の課題だったキャッチャーは桂杉山の刺激し合うハイレベルな好循環がチームを支えています。

田島福谷に計算が立つおかげでワンプレーの守備が勝敗に直結する試合を出来ますので、
直倫の存在価値が出てきています。
オープン戦不調で心配だった若松は、登板数の関係で規定には達していませんが
防御率1.39に奪三振率12.46、18奪三振4四球と2年目のなんとやらを全く感じさせていません。


誤算といえばやはり遠藤の名前を挙げずにはいられませんが、
みっちり守備を鍛えてから帰ってきてもらいましょう。
まぁあと個人的には藤井がもう少し打ってくれれば…というところ


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

[ 2016/04/10 23:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

ボディーブロー 

160409 ナゴヤ
巨 000 000 000 000 0
中 000 000 000 000 0

吉見 1試合
田島 8試合 6H
岩瀬 1試合 1H
福谷 8試合 2H4S
又吉 6試合 4H
小川 6試合 3H
山井 4試合 2敗 1H 

吉見んの先発、岩瀬の復活、荒木の2000試合。
この試合だけで記念ごとが3つもありましたが、
その中で最も優先度の低い出来事である当事者が三度のチャンスで三度三ゴロで万事休す。


先発の吉見んは7回無失点。
試合を観ることが出来なかったので何とも詳細はわかりませんが、
ボックススコアを見る限りはやはり与四球1というのがすべてでしょう。
本来ならば、ローテが苦しいところで救世主的格好での復活を願っていたので、
小熊、ジョーダンとひとまず頭数だけは揃ってる状況での登板は

それでも彼らで一年通せるとは微塵も考えていないので、
今のうちは中10日ローテで大事に扱っていきましょう。

8回1死満塁でギャレット。
メキメキと著しい成長を遂げてる小川でもいい場面で岩瀬を選択しました。
さすがに小川が荷が重いと判断したのか、岩瀬じゃないとダメだと判断したのか、
真相は谷繁しか知りませんが、岩瀬にもしっかりと居場所はあることは示しましたし、
岩瀬自身も内容はどうであれ、結果で周りを満足させました。


周平はどうやら最終打席のヒットが久しぶりのヒットだったようで。
三番に気負いすぎてたところと、ビシエドの前にランナーは出せまいと立ち向かってくる投手の気迫に立ち遅れていたところ
しっかりと引っ張っての強い打球でしたから不安払拭といきたいですね。
まもなく一回りを終えるところで他球団ももう一度周平に対しての対策を練り直してくるでしょうから、
周平にとって転機の一打であってくれればと願います。

昨日の勝利と今日の引き分けは高橋由伸監督にボディーブロー様に効いているでしょうから、
明日も勝利でKOを喰らわせたいもんです。


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2016/04/09 23:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

ご確認宜しくお願い致します。 

160409 ナゴヤ
巨 020 000 000 2
中 020 100 00x 3


大野 3試合 2勝1敗 


大野完投。今週2試合目ともなれば中継ぎ陣がかなり楽になります。
明日の先発が吉見んですので、その点でも大きいなアドバンテージを得ることが出来ました。


思えば去年の大野の開幕ゲーム(ナゴド、巨人戦)は7回92球ながら2点リードで
又吉福谷とつながれました。
大野の完投よりも開幕カードでボロボロにやられた又吉福谷の復調の方を優先された采配に
エースとしての立場の絶対的なものではなさを感じました。

一方で、この試合では逃げ切るには盤石の田島福谷を擁しながらも
完投を選ばせたわけですから、この1年で大野がエースの立場を確固たるものとしたのがうかがえます。


決勝点は桂の内野ゴロ間。
桂杉山論争が逆転HR→決勝ホームインの3塁打→1安打完封→ノーヒット→決勝内野ゴロと
思い描いたようなアゲアゲの好循環に乗ってるとはいい難い推移ではありますが、
この間無敗の4連勝なのでヨシとしましょうか。


甲子園では高橋聡文投手が今季初勝利を挙げております。ご確認宜しくお願い致します。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2016/04/08 23:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

出直し 

160407 ナゴヤ
横 000 001 000 000 1
中 000 100 000 000 1

ジョーダン 1試合
又吉  5試合 3H (中5日)
田島  7試合 5H (中1日)
福谷  7試合 1H4S(中1日)
小川  5試合 2H (中3日) 
山井  3試合 1H 
福   3試合 1H 

初登板ジョーダンは6回1失点の好投。
これだけのお膳立てをして炎上でもされようもんなら
お先真っ暗ですから結果を残してくれてひとまずは安心ですね。

細かいコントロールは全くなく、荒れ球で打ち取っていくタイプで
ランナーを背負うとその傾向がよりはっきりと出るという典型的な外国人タイプ。

今の横浜打線の状態が状態だけに、
この結果を鵜呑みにするとまぁ間違いなくヤクルト相手には痛い目に遭うんでしょうが、
それでもファーストストライクを簡単に取れるとぽんぽーんとアウトを重ねていく姿が印象に残ったので
ファールでも何でもまず1ストライク0ボールにすることが出来れば
ヤクルト相手でも5回4失点でまとめること(?)は出来るのではないかと。
神宮では絶対投げさせちゃあいけないタイプです。


2番手の又吉を挟んで田島福谷の方程式は相変わらず安定。盤石。
小川が1イニングを投げ切ると11回は山井。
ローテが小熊である程度目途が立ったこともあるんでしょうが、
山井をブルペンにする決断をしてくれたのは大きな収穫。
ビハインドの試合で跨ぎも厭わず2~3イニングを投げくれるピッチャーがいないので
山井にはもってこいの人選となります。
まずは敗戦処理から出直して、って感じですかね。


出直しと言えば、”人の形をした敗戦処理”こと森の将彦さんが一軍復帰。
どの面さげてお前そこのベンチに座っとんじゃと小一時間説教したくもなりますが
そんな思いをこらえて試合を見てると8回裏1死12塁の絶好の場面で代打で登場。

お得意の夢も希望もない平凡な内野ゴロを放つと、
見飽きた草野球のおじさん張りのジョギング姿を披露してくれました。



ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2016/04/07 23:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(2)

完封小熊 

160406 ナゴヤ
横 000 000 000 0
中 200 000 10x 3

小熊 3試合2勝

いわゆる”5勝軍団”に名乗りを上げる小熊の完封勝利。
抜群のコントロールで横浜打線を寄せ付けずわずか93球、1安打の
文句のつけようがなく、これ以上ないピッチングでした。

5勝軍団を抜けて初2けた勝利達成の系譜に加わってくれる方がうれしいのですが、
そこまでハードルはあげないようにします。

マスクをかぶったのは桂。
ヒットこそはありませんでしたが、リードで大きなアピール。
1安打完封は首脳陣に対してはもちろん杉山に対しても大きなアピールとなるでしょう。

さぁ、今度は杉山の番。どんな活躍を見せてくれるのか楽しみで仕方ありません。

若松の好投に刺激を受けての小熊の好投、
杉山の活躍に刺激を受けての桂の活躍、
さらには前日は頼りなかった1,2番も先制のホームインとダメ押しの
タイムリーに好守もありですからチーム全体で
勝ちをとった良い試合でした。

初登板のジョーダンにとって投げやすい雰囲気は作れたはずですし、
負けても五分の状況を作れたことは大きいと思います。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2016/04/06 22:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

グロイペイン症候群 

160405 ナゴヤ
横 000 000 000 0
中 001 000 00x 1

若松 2試合2勝
田島 6試合3H
福谷 6試合4S


2011中日vs2015中日のドリームマッチのような試合展開でした。

投打にヒーローは若松。
再三再四のピンチを得意のチェンジアップで打者を前後に揺さぶり
粘りのピッチングでゼロを並べました。

その陰には杉山のリードもありで、打撃でも決勝得点となる3塁打ですから、
日曜の桂の活躍が刺激になってること間違いなしでしょう。
これを受けて桂が次はどんな活躍をしてくれるのだろうかとワクワクが止まりません。


ブルペンが安定しているとこんなにもストレスフリーで見ていられるんですね。
セの他球団は中継ぎに苦しんでいるようですので、整備される前にこのアドバンテージを生かして
ちょっとでも勝ちを増やしておきたいところです。



1死3塁で大島荒木なら点取れないよなぁと思ってる矢先の若松が自援護の犠牲フライは立派なものでしたし、
逆にあっさり連続三振に倒れる2人には悲しくなります。
6回も無死1塁に若松を置いた状況でなにもできずチェンジにしてしまう2人がなんと情けなかったことか。。。

9番に2度しか打席が回ってこないという最小出力のゲームでした。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
 
[ 2016/04/05 21:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

プロの洗礼 

160403 神宮
中 000 100 200 3
ヤ 000 002 000 2

ネイラー 2試合1勝
小川 4試合 1H
田島 5試合 3H
福谷 5試合 3S


ルーキー原樹里にプロの洗礼を浴びせる珍しい展開。

桂の一振りは決めうちでしょうか。
前の打席での三振で正直かなり厳しいと感じていたので意外としか言いようがない一撃でした。
桂が打ったことでまた杉山にもいい刺激にもなりますし、
お互いが持ち味を出しいい影響を与え合っています。

ネイラーは他のどのピッチャーでもできないヤクルト戦神宮でのナイスピッチング。
崩れたのは6回の1イニングだけですからやはり今年も信頼を置けるローテとして計算できそうです。

8回は田島、9回は福谷。
ともにピンチでひやひやの逃げ切りでしたが、抑えたらとりあえずはヨシ。
神宮のスコアボードの下段にゼロを灯すことがどれだけ難しいか。

そして何よりも光ったのが小川の一世一代の好リリーフ。
野球人生を賭けて自ら左殺しとして生きる道を決めたその決断が間違ってないことを証明しました。


9試合目にして打順を大きく組み換え。
ビシエドの前に平田、遠藤が下がった関係で周平が6番に上がりました。

4番の前にランナーをためる打線を組むのか、
4番の後ろを手厚くする打線を組むのかは監督の好みにもよりますが、
どうも日本球界全体の風潮としては後者が優勢にも思えますね。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
 
[ 2016/04/03 18:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

地震雷火事神宮 

160401 神宮
中 000 010 000 1
ヤ 000 120 01x 4

大野 2試合1勝1敗
小川 3試合
又吉 4試合


春先の神宮は0勝3敗で十分。
何かの間違いで1分け2敗になんてなろうもんなら全力で祝杯あげるレベル。

エイプリルフールネタでも何でもなく本気でそう思ってます。
怪我人さえ出なければ森野が内野フライ落球しようと河原が無人の三塁へ暴投しようとかまいません。

比屋根が青木に進化し、デントナがプホルスに進化するのが神宮で、
スタメンを見ると1番に比屋根の名前がなくてラッキーなんて思ってましたが
どうやら今年は坂口が青木になるようですね。


ヤクルトがこの勝利で球団通算3998勝目だそうで。
明後日にも4000勝目かな。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2016/04/01 23:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。