スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

痛烈一閃 

160331 ナゴヤ
広 120 200 000 5
中 000 000 72x 9

福 2試合
武藤 1試合
小熊 1試合 1勝
田島 4試合 2H
福谷 4試合 2S 
 

先発はルーキーの福。
3回途中5失点と結果を残すことはできませんでしたが、チームが勝ったのでまずは一安心といった心境でしょう。

2番手武藤、3番手小熊はローテの6枚目を巡った熱い鍔迫り合いで試合を引き締めました。
武藤はきわどいコースをことごとくボール判定されて不利になり無死満塁こそありましたが、
あのイニングをゼロに抑えたことで試合の流れが中立になったことは間違いありません。

流れをこちら側に持ってきたのは小熊。
決め手としては敵将からの大悪手ではあったものの、
大悪手を誘発させるピッチングは見事なものでした。

濱田が抹消され、大野の次の日の枠も空いている現状、そのままこの2人がはまってくれれば申し分ありません。
下ではジョーダンも先発してまずまずの出来だったようで、
福と合わせて4人で3枠を巡る争いには心が躍ります。





激烈!炸裂!強烈!破裂!爆裂!



こういうところで決め切るのがスターの素質ってやつだと確信しました。

今日が解説者デビューの和田さんの目の前で4三振してる藤井には
逆立ちしてもできない芸当だとも確信しました。(貶してるわけではない)

外国人スラッガーの後ろを打つ平田、レフトを守る藤井。
去年まで和田さんが担っていた役割を任されることとなった2人は合わせて6-0では
和田さん安心して引退できませんが、ともに周平に繋ぐ貴重な四球を選んだのでヨシとしましょうか。


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/03/31 22:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

敗戦処理赤坂 

160330 ナゴヤドーム
広 030 042 002 11
中 000 010 020 3

濱田 1試合 1敗
岡田 2試合 1敗
小川 2試合
又吉 3試合 2H


スコアだけを見ればいい負け方ですが
セーフティースクイズ決められーの守備乱れーので内容もやや悪め。
極めつけは投手5人体制の学徒出陣型人員配置で最後は6点差にもかかわらず又吉を
使わなければならずの展開になってしまいました。
どうせならもう赤坂でも投げさせとけよって思うんですよね、ほんとにね。

よりによって先発が濱田のときにこれかい?というのが正直な感想ではありますが
専任1年目の若気の至りということで秋には笑い話にできてるといいですね。

平田が顔見世であれ出場できましたし、帳尻タイムリーのナニータ、
この日誕生日の工藤、途中交代の藤井、未だ出番なしの松井と
明日のレフトは誰になるか分かりません。
BS1で明日、解説者デビューする和田さんを安心させることはできるのでしょうか。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2016/03/30 23:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

今日も良い勝ち試合 

160329 ナゴヤ
広 010 010 000 2
中 000 004 00x 4

若松 1試合 1勝
田島 3試合 1H
又吉 2試合 2H
福谷 3試合 2S

今日もいい勝ち方でした(開幕戦に続いて)
今日もいい試合でした(3戦目に続いて)


序盤こそはピンtの連続にバント失敗にチャンスで一本出ずと暗い雰囲気でしたが、
若松が良くないわりにも6回を2失点でまとめると、
ビシエドのツーベースが試合の流れを完全にひっくり返しました。

直接的には得点にならなかったものの、あの一打がナゴヤドームを沸かせたのは間違いありません。
ナニータでさえ打てる流れにあった後は周平杉山とつるべ打ち。

若松に勝ちの権利が転がり込んできて無事に1勝目。
あの喜びようを見るとやはりまだまだ勝ち星が一番!って考えのようですが、
まぁそれならそれとして一番欲しがってたものが手に入ってよかったですねと。

7安打を浴びましたが10奪三振に与四球は0。
野村は死球から崩れたことを考えると、
振り返ってみると四死球ゼロが勝負を分けたターニングポイントでしたかね。


6回に早くもエルドレッドに代走野間を送る大悪手を魅せてくれた緒方を尻目に
同点タイムリーを打ち逆転のランナーとなってるナニータに代走を送らないという捩じりあいも
観てて痛快でした。


4試合を終えて1勝3敗か2勝2敗かではまるで違います。
個人成績で見ても、大野と若松には勝ちが付きました。

明日は濱田で明後日は一軍合流中の小熊ともいわれています。
若松に刺激を受けた同世代がどこまでやってくれるのでしょうか。

チームとして課題はまだまだ山ほどありますが、楽しめるポイントははっきりしてるので面白いシーズンになりそうです。



ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2016/03/29 23:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

1勝2敗なら御の字 

160327 京セラ
中 000 220 000 4
神 121 001 00x 5

ネイラー
岡田
田島
福谷


1勝2敗なら御の字でしょう。
勝敗以上に大野がきっちり勝ってくれたこと、
周平の覚醒、何よりビシエドが当たりなのが大きすぎて借金1なんて気になりません。

この試合にしても、8回9回と見せ場は作りましたし良い負け方をしたとおもいます。
特に、9回のビシエドの一発で追いつくために8回裏に福谷を出す一連の流れなんかは
一本筋が通ってて気持ちいいものでした。


ビシエドはどちらかというと粗削りな原石でシーズンを通して戦っていく中で磨かれ、
キラキラのダイヤモンドになるのかと思いきや、
破壊力抜群のスイングと高い集中力でもうすでに1万カラット級の輝きを放っています。

となると問題はやはりビシエドの前にランナーをためることになるのですが、
3番の遠藤が元気なし。
セーフティーバントなんてやってる時点で彼の精神状態がどんなものかうかがい知れます。
平田をビシエドの前に置くにしても後ろに置くにしても結局もう一人必要なわけで
その一人というのはやはり周平になるんでしょうか。

ただ、7番に周平がいる厚みも心強いので組み直すのは難しいところ。
個人的には藤井に何かうまい言葉をかけてあてがっておけば
ノリノリで気分良くこなしてくれると思うのですが。。。


6回の勝ち越しのチャンスで代打の一番手として登場は赤坂。
外野フライでいいとか、右方向とか、余計なことを考えすぎたのか
残念ながらランナーを還すことはできませんでしたが、
今後も重要な場面での起用があると見込まれるだけに早いうちに一つ結果を出しておきたいですね。


この試合一番の収穫は8回の大島の盗塁ではないかと考えています。
警戒をかいくぐってスタートを切るのは自信がないとできないですし、
自身の体調も良くないとなかなかスタートを切るテンションにもならないでしょう。
ここでスタートを切れたということはつまりは体調もgoodということで
今年は180安打と30盗塁をあてにして、平田ビシエドのバットで
生還しまくる姿を計算に入れることにします。


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2016/03/27 23:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

オープン戦は嘘つかない 

160327 京セラ
中 000 002 100 3
神 002 041 00x 7

山井 1試合 1敗
ジョーダン 1試合
田島 1試合
小川 1試合
福 1試合

オープン戦12.2イニングで16失点(15自責)防御率10.66の山井が自身の開幕戦で5回6失点と図ったかのような炎上。
防御率は10.80でまさにオープン戦の成果が顕著に表れた格好となりました。

炎上する山井に今さらかける言葉もなく、擁護、激励、反省、考察といった類の
次回に向けての感情や行動をする時間すら惜しいほど。

もちろん罵ることすらバカバカしく思えてくるほどであり、
逆に山井を叩いてる人は自分の短絡的な性格を見直した方がいいのでは、と思えるほどです。

山井が炎上することは当たり前、当然、であり、
叩かれるべきはひっくいひっくい山井の壁を越えられない武藤雄太岩田らの中堅層でしょう。

またこんな内容でも当然のように次の機会を与える首脳陣にも驚きであり、
次回登板は5回2失点の何とも言えない中途半端な結果で終え粛々と延命→盛大に炎上→
今度こそのラストチャンスで5回3失点で延命→盛大に炎上…と
抜け出すことのできない悪循環にはまってしまう未来が容易に想像できてしまいます。

大野ネイラー以外の先発がいないのはシーズン前から分かり切ったことでした。
課題が改めてはっきりと浮き彫りになったことは良いことですし、
なによりシーズン前の展望から嬉しい誤算のビシエド当たりと周平の覚醒には笑みが収まりません。
ジョーダンも先発に向けての調整登板が出来ましたし、
小川福もうまく自身のシーズン開幕を迎えました。

2勝1敗なら上出来だし、1勝2敗でも御の字の開幕シリーズです。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2016/03/26 22:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)

不気味な青い軍団の開幕戦 

160325 京セラ
中 000 111 110 5
神 100 010 000 2

大野 1試合 1勝
又吉 1試合 1H
福谷 1試合 1S


繰り返された情けないシーズンを誇る気にはなれないが、
それらがファン一人一人のドラゴンズ史を形づくっている。

ほとんどのドラゴンズ史はネガティブなものだろう。
なのに、名古屋から何百キロと離れた地から「今年はもしかしたら」と勝手な妄想を
抱き続ける人は少なからず存在する。


連続Bクラスという屈辱を味わったことで、なんにも楽しくない秋を過ごしたことで、
今ここにある特異なアイデンティティ。

敗戦を知れば知るほど、勝利の本当の意味を感じることが出来る。
悔しさを感じれば感じるほど、真の歓喜に酔うことが出来る。


負け惜しみ?偏屈?アウトロー?陰湿?
何と言われようとかまわない。
中日ドラゴンズを応援するということは子供じゃ理解できない、
自らを客観視できる大人にのみに与えられた崇高な嗜みであるのだ。

今シーズンはどんなドラゴンズ史が刻まれるのだろうか。
前評判通りの、悪いものであったとしても、それを糧にする耐性を身に
付けている我々に怖いものは何もない。
幽玄で情緒味あふれる中日ドラゴンズというチームの滋味深い楽しみ方を伝えていきたい。

---------------------------------------------------------------------------

4回のピンチを荒木の好守で凌ぐとその直後の攻撃で
2死ランナーなしからの四球を足掛かりに勝ち越し点を奪う
強者の野球を見せつけるとここからは試合の主導権をがっちりと握りました。


6回2死1,2塁でビシエドにタイムリー、
7回2死満塁から代打エルナンデスの押し出し四球、
8回には一振りでのダメ押し点。


替わって出たエルナンデスの強肩が裏の守備で生き、
投手の交代のタイミング、合わせて守備固めもおくるソツのなさ...
ベンチワークの最善の一手の積み重ねと、周平の猛打賞、最後のビシエドの美技に
よって彩られた会心の勝利と言えるでしょう。


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2016/03/25 21:00 ] 16' シーズン | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。