スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NPB Awardsと今季の予想の答え合わせ 

2014シーズン予想 セ・リーグ

■順位
中日  → 巨人
巨人  → 阪神
横浜  → 広島
広島  → 中日
ヤクルト → 横浜
阪神  → ヤクルト

日本シリーズに出た阪神を最下位予想してました^q^


理想的なシーズン展望をするならば、
広島あたりが開幕ダッシュで走る
→追う巨人が焦ってシーズン序盤から力を入れて戦わざるを得なくなる+インフル蔓延で焦り増大
(中日は自チームの分析と他球団の研究しながら勝ったり負けたりで勝率5割前後をフラフラ)
→大瀬良、九里がバテてきたところで巨人がスパートかけたいが、序盤から気張ってるためなかなか思うようにいかず
→監督業に専念してた谷繁が久々のマスク、投げるは復帰した吉見ん。
 アタリマエの8回零封勝利にチーム全体でスパートがかかり吉見ん復帰以降20勝5敗。
ってな具合ですかね。
現実味は限りなく低いけど浅尾の復帰もこの時期と被れば球場全体で逆転優勝への機運が高まります。


広島巨人が走って、中日は5割前後、大瀬良久里の夏バテ(2人で7,8月1勝)までは当たってたんですがね…
今書き途中のシーズンを振り返るシリーズでも書く予定ですが、吉見んの復帰を早まり過ぎた(7月8日)ところが
まず1個目の予想の外れたところであり、歯車が狂い始めたところですね。

復帰後は20勝5敗!なんて威勢の良いこと言ってましたが、
終わってみればその真逆の7勝20敗を8月に記録してしまう辺りがもう何とも…


■タイトル
首位打者 ルナ(中).317(5位)  → マートン(神).338
本塁打  ブランコ(横)17(11位)  → エルドレッド(広)37
打点   ブランコ(横)60(20位)  → ゴメス(神)109
安打   大島(中)186(3位)  → 山田(ヤ)193
盗塁   大島(中)28(2位)  → 梶谷(横)39
出塁率  鳥谷(神).406(3位) → バレンティティン(ヤ).419

勝利   前田健(広)11(5位) → 山井(中)メッセンジャー(神)13
防御率  前田健(広)2.60(3位) → 菅野(巨)2.33
勝率   前田健(広).550(9位)  → 山井(中).722
奪三振  三嶋(横)24(-)  → メッセンジャー(神)226
ホールド 高橋聡(中)6(-)  → 福原(神)38
セーブ  岩瀬(中)20(5位)  → オスンファン(神)39


山田はブレイクの予感はありましたがまさか新記録を打ち立てタイトルまで獲るとは…
来年は平田らへんがこんな感じの成績を残してくれればいいんですけど…
そもそも来年(ry以下略
打撃主要3部門は外国人。まぁセ・リーグならだれが予想しても外国人で埋まってたと思います。
来年はグリエルも絡んでくるのかな。どのユニホームかは知らないけど。
大島はヒットで3位、盗塁で2位。惜しかっ、いや全然惜しくねえや

投手。
この中に山井(中)の名があることをだれが予想できたでしょうか。
記憶に残る男がついに記録に残りました。
阪神はブルペン崩壊で最下位予想したのに最優秀中継ぎと最優秀救援を輩出して
日本シリーズ進出ですからね。真逆の中の真逆ですは。

で、三嶋ってだれ



浅尾復帰不明だからあきふみさんタイトルクル━━━━(゚∀゚)━━━━?????
ただ、もともと1か月半しかピーク保てない人だから開幕一軍は正直言って不安しかない。
吉見んが復帰したころにピークが合えば優勝はグッと近づくけど…
とりあえず直近の目標としては5月半ばまでもってオールスターファン投票の中継ぎ部門でノミネートされること。


早すぎた吉見んの復帰時期にはもうすでにいなかったというあきふみさん。
6月上旬でのおさらばということで予想値の1か月半は上回ってきましたが、
福谷らとのセットアッパー争いに勝つことはできずファン投票の中継ぎ部門でノミネートはされませんでした。
(中日のノミネート選手は田島だったのでノミネート選手提出の締め切りは4月中旬~下旬といった所でしょうか)


■表彰
MVP  ルナ(中) → 菅野(巨) 
新人王 又吉(中) → 大瀬良(広)
沢村賞 前田健(広) → ---

MVPは菅野でした。それほどインパクトのある成績でもないし、途中離脱してたし、
そもそもMVPに相応しい育ちではないし顔も経歴も汚いしで誰からも祝福されないでしょうが、
まぁとりあえずはおm、、、やっぱり言うのやめた。

消去法での選出なのは明らかでそれだけ今年の巨人に突出した選手がいなかったということです。
ここ一番での一打などのいわゆる”運命力”で引き寄せた優勝で、
科学的な根拠が全くない完全な運は1シーズンに2度は受け取れることが出来ずCSでは負けたんですが
1度だけでも幸運に授かることが出来るだけの準備と余裕と戦力と経験が今年の巨人にはありました。
この4要素で他球団が唯一干渉できるのは余裕の面。
しかし、中日の対巨人8勝16敗、阪神の9月の甲子園3タテなどなど巨人に余裕を持たせてしまいました。


山田を推す声もありますが、優勝争いに絡まなかったチームから選ばれたのは
最近では去年のバレンティンと2008年の岩隈、ちょっとさかのぼって94年のイチロー。
バレンティンは60本塁打、岩隈は23年ぶり21勝&防御率1点台、イチローは210安打と
歴史的な成績を残しています。
.324 29 89 15SBはアリーグMVPのトラウト(.287 36 111 16SB)に匹敵しており、
しかも日本人右打者最多安打記録を更新しましたが、
日本人、右打者と2つの限定が付いててちょっとインパクトが弱いかな、と。

実はパ・リーグの金子千尋も地味に優勝チームから以外の選出ですね。


以前の記事にも書きましたが、もう私は又吉に惚れ惚れ。
正直言って中継ぎが新人王獲るのはきつい。オープン戦終盤はボロが出ました。大瀬良が本命なのは間違いないです。
それでも私は又吉推し。(語呂良くてお気に入りのフレーズ)

以前の記事というのはドラフト後のこれですね。
あくまで本命は大瀬良と言って保険をかけつつ又吉もマークしてますよアピールする
非常にセコイ予想がドンピシャでした。


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2014/11/26 23:00 ] 14' シーズンオフ | TB(0) | CM(0)

今オフのあきふみ速報 その4 

中日・高橋聡は現状維持「後半投げられなくて悔しかった」

31歳の中日・高橋聡が19日、現状維持の3000万円でサインした。

 今季は22試合を投げ、左の中継ぎとして、防御率2・37。「自分ではダウンと思っていたので…。後半投げられなかったのが、悔しかった」。2010年には67試合に登板したが、近年は登板機会が減ってきている。「鳥取でトレーニングして、肩の可動域が広がった感じです」。完全復活に向け、オフはナゴヤ球場でトレーニングを積む。(ナゴヤ)(金額は推定


中日高橋聡は現状維持「ダウン提示だと」

中日高橋聡文投手(31)が19日、契約更改交渉に臨み、現状維持の3000万円でサインした。今季は22試合に登板し、防御率2・37。今年5月には国内FA権を取得した。

 会見では「自分ではダウン提示だと思っていた。必要としていただいたんで、来年頑張ろうと思った」と話した。(金額は推定)

-------------------------------------------

というわけで正式に残竜です。
嶋と炭谷もFAしなかったため、人的補償で移籍することもありません。
(金子の可能性はまだありますが楽天や西武ならまだしも平野馬原残留のオリが中継ぎを獲ることないでしょうし、
そもそもなんだかんだで今オフメジャー行くと思います)

年俸は現状維持の3000万。
レギュラーあと一歩まできた藤井、18試合先発した雄太と同じ額なのは
ちょっと貰いすぎかな?という気もしますが…
他との比較でわかりやすいところは、2岩田、0.1岩瀬。

そんなこんなで来年もこのユニホームで、このメンバーで、
そして祖父江にケツを拭いてもらいます。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2014/11/19 23:00 ] 14' シーズンオフ | TB(0) | CM(0)

今シーズンを振り返るpart3 

軽いノリで始めた振り返り企画ですがなかなか大変で。
ようやくシーズン開幕です。
来年はこの企画はやりません、絶対。

139600026631724929225_DSC_0193_20140328185107.jpg

開幕投手は憲伸。
本業の打撃では2打席連続三振と精彩を欠きましたが、
副業のピッチングでは6回2失点となかなかの内容でした。
試合は延長10回に岩瀬が打たれて黒星スタート。
春に岩瀬が打たれるのは季節物で縁起物。

初勝利は3試合目。
カブレラが7回を無失点で抑えると、小笠原の移籍後初ヒット初打点でダメを押しました。
代走を送られることなく9回にはミットをもってフィールドに立ちました。

4月で最も思い出深い試合は2日の阪神戦でしょうか。
開幕戦2番手で投げた岡田が中4日で先発したとか、
ルーキー岩崎にプロの洗礼を浴びて下柳岩田と続く苦手左腕を作ってしまったとか、
又吉が1イニング目3者連続三振の後跨いだら4失点したとか、
ついでに福谷も失点したとか、そんなことは些細なことで、
コバマサが1イニングで6失点の大炎上をしましたね。
翌日抹消されて、その後彼の姿を見たものは…(;_;)

炎上といえば神宮大野。4月26日のことでした。
ゴールデンウィークの9連戦を前にみすみすローテの柱を失っていくドMスタイルは憤懣やるかたない思いになりました。

不幸は続くもので、29日の横浜戦。
田島が荒波にグラスラを打たれて負けた試合。
グラスラ自体は不幸でもなんでもないんですが、被弾の後ツーベース打たれてここで降板。
ここまでの試合までで頑なに「中継ぎ投手のイニング途中の交代」をしてこなかった(たとえば例のコバマサ炎上など)
ですが、この試合で遂に解禁。
要するに田島はもうだめだと判断したということです。
だったら翌日にでも抹消すべきなのに、キープし続け、3連投となった次の試合で1イニング5失点の炎上。
さすがにこの試合の翌日に抹消されましたが、これは明らかに1日遅い判断でした。

この辺りからですかね?
今年の継投は我々の体にスタンダードとして装備されてるものではないぞ?と感じ始めたのは。
この辺りからですかね?
首脳陣の中に落合野球を理解できてないやつがいるぞ?
そういえば、落合監督時代にコーチになった事のない人物がピッチングコーチをやってるな?と気づき始めたのは。

4月のベストゲームは25日のヤクルト戦。朝倉が1403日ぶりの勝利を挙げました。
朝倉の力を侮ってはいけません。彼はまだまだできる投手です。


3・4月は12勝15敗。
広島が走って、巨人が追いすがる中、ドラゴンズは戦力を見極めつつ
5割前後をフラフラ~っとというのがシーズン前の見立てで、
川上やエルナンデスや4番平田や中継ぎ陣やら中4日カブレラなど試しつつ
大方想定通り過ごせましたが、勝敗をひも解いてみると対巨神広に5勝12敗・対横ヤに7勝3敗
ですから、もうこの時点で『4位』というのが確定してしまっていたのかもしれませんね。


3・4月主な成績
平田  .327 104-34 2 12
小笠原  .348 23-8 1 7
エルナンデス .071 28-2 0 0
田島 15試合 14.2回 2勝3敗5H 6.28
あきふみ 9試合 8.2回 0勝0敗1H 3.12
福谷-又吉-祖父江 15-14-9(登板)


現地観戦 1試合 
4月27日 中日4-5ヤクルト 神宮 写真 → こちら

 

-----------------------------------------------------

5月のベストゲームは間違いなく7日の阪神戦。
代役濱ちゃんの完封勝利!
#43

大野の強制送還から●●●●●○●●とどんよりムード漂う中での完封勝利は
翌日の試合で今季2度目のサヨナラ勝ちを呼び、
6カードぶりの勝ち越しを決めるなど、暗かったチームに射しこむ一筋の光となりました。
細いながらも燦々と光り続ける左腕は中7日の横浜戦、中9日のソフトバンク戦にも勝利。

パ1位2位のソフトバンクとオリックスに2勝1敗1分けは立派!すごい!
西に土付けた!すごい!交流戦で5連勝だ!すごい!
と一部が騒いでましたが、自分たちの野球をやれば相手がどこであろうと誰であろうと関係無いことに
ファンが気付けなかったのが、2012,13の2年間の最大の罪なんでしょうね。。。

星取表を見ると、13~15の横浜3連戦で当たり前のように3連勝して「よしよし軌道に乗ってきたぞ」
ってところでナゴヤでヤクルトに3タテ喰らったのが酷すぎましたね。
ここで3タテでも出来てようもんなら「2011年の野球が戻ってきたぞ!」と手放しで喜べたんですが…

本来セットアッパーの役割を期待された田島がダメで、その替わりとなったのが福谷。
力を示し始めたのは5月でした。
1日の横浜戦こそ負け投手となりますが、その後は5連投含む12試合に登板し8つのホールド。
月間13試合で1失点、WHIP0.50、被打率に至っては.028と異次元の数値を記録しました。

本来の、といえば本来ローテの一角を期待された岡田は5月だけの3先発で14.1回18失点、
防御率10.05と先発適性を見いだせず、あえなく登録抹消。
本来なら、4番を期待された平田は交流戦開幕の20日に6番降格。

あきふみは先月から続く連続無失点登板を13に伸ばし、
三上、中田簾、福谷らと争う監督推薦でのオールスター選出に一縷の望みをつなぎ続けていました。

31日の西武戦、謎にスタメン抜擢されたエルナンデス。
ここまで44-5 .114だった彼が、球界一のカーブと目される岸のカーブを、
奇跡的にとらえてライトへのツーベース。(からの牽制死)
そしてこのヒットを境に…


5月主な成績
大島 .343 108-37 0 4
平田 .215 93-20 2 13
直倫 .181 83-15 0 5
濱田 4試合 25.2回 3勝0敗 1.40
大野 3試合 19.2回 3勝0敗 2.29
あきふみ 11試合 8.2回 0勝0敗4H 0.00
福谷-又吉-祖父江 13-5-16(登板)


現地観戦 2試合
5月13日 中日7-3横浜 平塚 写真 → こちら
5月31日 中日1-5西武 西武D 写真 → 準備中


  

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2014/11/14 23:00 ] 14' シーズンオフ | TB(0) | CM(0)

今オフのあきふみ速報 その3 

朝倉&聡文、FA行使せず残留…鳥取から完全復活だ

鳥取市内のトレーニング研究施設「ワールドウィング」で自主トレしている中日・朝倉健太投手(33)と高橋聡文投手(31)が7日、そろってフリーエージェント(FA)権を行使せずに残留することを明かした。高橋聡は今季国内FA権を初取得し、2012年に国内FA権を取得している朝倉には巨人が興味を示していたが、来季も中日の一員として戦うことを決めていた。
PK2014110802100097_size0.jpg


--------------------------------------------------------------

11月7日、師匠朝倉のバーターとして中スポに登場。
契約更改もしておらず、FA行使宣言者名簿も締切がまだなので、公式発表ではないですが残竜のよう。

どの球団にも興味を持たれることもなく、
かといって落合GMに口説かれたわけでもなく、なんとなく残竜。

来年もよろしく。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2014/11/08 23:00 ] 14' シーズンオフ | TB(0) | CM(0)

サングラスといえばタモリじゃなくて 

山井ですね。残竜です。



中日・山井、FAせず残留「若い選手と一緒にやっていくことを決めた」

中日・山井大介投手(36)が5日、契約更改交渉に臨み、今季取得した国内フリーエージェント(FA)の権利を行使せず、残留することを明かした。

 13勝5敗で最多勝と最高勝率のタイトルを獲得した右腕は「大好きな中日ドラゴンズで、また若い選手と一緒にやっていくことを決めました」と言い切った。新たな契約は3年契約で1年1億2000万円とみられる。用意された巨大ケーキを口にし、満足げだった。(ナゴヤ

#29

----------------------------------
「若い選手と一緒にやっていくことを決めました。」いい言葉ですね。

昌さんの(49)が異常に飛び抜けてて次が岩瀬と川上の(39)で、その次に山井さん(36)な訳ですから、
もう十分にベテランの域。若い選手と一緒に、というのも頷けます。
ドラゴンズファンでいるとどうもこの辺の感覚が麻痺してしまいがちですね。

ローテの中では実質最年長みたいなもので、若い選手と一緒に、というよりは
若い選手を引っ張って行ってほしいもんです。

額は倍増の1億2000万。
セットアップやらクローザーやら敗戦処理やら無理使いされて8000万、
ノーヒットノーランしても2000万ダウンの6000万ときての倍増1億2000万です。
契約年数は3年。複数年契約は、今日判明した憲伸も含め
よくやることなんですが、年俸固定制は珍しいですね。
つまりは活躍できなくても1億2000万払うよ、ってことで
成績が毎年安定してる選手にならまだしも、それとは対極に位置する山井と
この契約を結ぶとは思い切ったことをしてくるなぁという印象です。

今までの山井ならシーズン3勝に終わっても大一番での勝利や
ノーヒッターがあれば「ま、それが彼の持ち味だしね♪」で片付けることが出来ましたが、
1億2000万を貰う以上は、インパクトのある勝ちなんて必要なく、確実に、厳密に2ケタを勝たないといけないです。

記憶に残る男から記録に残る男へと変身しないといけません。



契約更改一覧
11月1日
谷繁 9,000(▽4,000)
松井雅 1,400(△400)  一軍最低年俸に届いていませんが(笑) 
 まぁでもまぎれもなく来年の、いやこの先10年の、キーマンとなる選手
赤坂 440(-)
小川 520(△40)
藤沢 750(▼250)  ルーキー
濱田達 1,700(△1,205) 

11月4日
和田 20,000(▼5,000)
工藤 1,500(△500)    工藤が500万うpなら藤井は1000万くらい上がるかな?上がるよね?
荒木 11,000(△800)
岩瀬 30,000(▼7,000)  チーム最高年俸
 
11月5日
川上 4,000(△1,000 2年契約2年目)  実は複数年に契約でした(テヘペロ みたいなんはもうやめてくれ
山井 12,000(△6,000 3年契約1年目)
山本昌 4,000(-)
森野 17,500(△500)  チーム3位の額でAランク
小笠原 4,500(△1,500)
吉見 10,440(▼6,960)  限度MAXの40%減

 

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村


[ 2014/11/05 23:00 ] 14' シーズンオフ | TB(0) | CM(0)

09.17 神奈川県横浜市若松村 レポ 

今回の主役は若松

IMGP5124.jpg
IMGP5068.jpg
IMGP5123.jpg
IMGP5118.jpg

IMGP5144.jpg
IMGP5125.jpg
クリス鈴木とキャッチボールで先輩面するわかまちゅ

IMGP5137.jpg
IMGP5138.jpgIMGP5139.jpg
打撃練習のボールが飛んできてビビるわかまちゅ

IMGP5179.jpg
IMGP5177.jpg
IMGP5178.jpg
近藤コーチとのキャッチボールで真剣な顔のわかまちゅ

IMGP5181.jpg
武藤のプリケツトレーニング

IMGP5186.jpg
縦Ver

IMGP5079.jpg
村の長

IMGP5187.jpg
村の父

IMGP5175.jpg
村の子

IMGP5131.jpg
村の親子

【又吉】
IMGP5148.jpg
IMGP5149.jpgIMGP5150.jpg

IMGP5151.jpgIMGP5152.jpg

IMGP5153.jpgIMGP5154.jpg

IMGP5199.jpg
小動物かな

【クリス鈴木】
IMGP5113.jpg

IMGP5159.jpgIMGP5160.jpg

IMGP5161.jpgIMGP5162.jpg

【祖父江】
IMGP5165.jpg
何とは言わんが本当に短い

IMGP5167.jpgIMGP5168.jpg
先輩にケツを差し出すクリス鈴木→祖父江がグラブでケツをパーン

【撤収のフォーメーション】
IMGP5195.jpg
一部の熱烈なマニアの方向け

IMGP5221.jpg

IMGP5214.jpg
おしまい


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2014/11/01 23:00 ] 14' 観戦 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。