スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ルナの戦う姿勢 L5-1D 

140531 西武ドーム
L5-1D
●雄太、祖父江、高橋聡、朝倉

悔しいけど7回の満塁で点が入るとは思えなかったし、
チェンジになった時にこのウラ失点するんだろなぁって思ってしまいました。

こう思っちゃう理由は何だろう?って探ると良くも悪くも落合ドラゴンズ色が戻ってきたことですかね。
貧打で点取れない、でも投手陣がんばるから少ないチャンス得点で勝てる。
だがしかしビジターになると、点取れないのは同じだけど投手陣が踏ん張れない。だから負ける。
みたいな。

でもこんな戦いでも悪くない。というかむしろこれを好き好んでるみたい。
語弊があるかもしれませんがこんな感じ。なかなか文字で表現するのは難しいですけど。

エルナンデスはねぇ…
スタメンで出てくれてる方が終盤の大事な場面で出てこないだけマシ、というのは李炳圭の思い出を引きずり過ぎでしょうか(笑)


この試合で光ったのはルナ。
4点差になっても大振りせずに右中間に運んだ最終打席は言うまでもありませんが、
4回のヒットで出塁した際の仲間を鼓舞するような姿、
7回無死1塁からサードゴロに倒れますが(ゲッツー崩れ)、一塁を駆け抜けてからの悔しがり様。
おそらくミスショットだったんでしょうね。
そこから盗塁を決めて2つの四球を呼び満塁のチャンスを演出しました。

2010年は和田さんがこのポジションでチームを鼓舞してMVPに輝きましたね。
シーズン前の予想でルナをMVPに選びましたが、その理由はここにあります。
ルナのそんな姿勢をねぎらうためにMVPを上げるには優勝が、必要なんですよ。

IMGP3169.jpg

IMGP3312.jpg
また、負けましたね。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2014/05/31 23:00 ] 14' 交流戦 | TB(0) | CM(0)

プチ炎上してあきふみさんにバースデー登板の機会を与えてくれた祖父江 D0-3Bs 

140529 ナゴヤドーム
D0-3Bs
●カブレラ、福谷、パヤノ、祖父江、高橋聡

プチ炎上してあきふみさんにバースデー登板の機会を与えてくれた祖父江くんは晴れてあきふみ軍団の仲間入りです。

9回表1点ビハインド。
せっかく昨日西に勝ったのを無駄にしないためにもなんとか勝ちたいこの試合の
この場面で"お遊び枠"のあきふみさんを使う余裕はありません。

ところが、
「このあとバースデー祝いと称して飯に誘うことを考えれば登板機会与えた方が気持ちよく奢ってくれるかもな?」
とでも考えた祖父江が機転を利かせてプチ炎上。
それも、相手からすれば待望だった追加点が入ったことで気が緩むし、
ピンチとはいえ1,2塁というゲッツーも獲れる絶妙に微妙な状況でバトンタッチ。

先輩想いのイイヤツです。。。

相手の継投は1点リードで十分の馬原佐藤達也平野。
くそっ、あきふみさんだってな、数年前はそういう継投の一人だったんだからな!!



高橋聡文31歳のお祝いワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2014/05/29 23:00 ] 14' 交流戦 | TB(0) | CM(2)

自分たちの野球をやれば勝てる D1-0Bs 

140528 ナゴヤドーム
D1-0Bs
○大野、H福谷、S岩瀬

8回の途中に代えたデニーの頭の中がどうなってるのかがちょっと理解できない。
福谷が抑えたからよかったものの、あそこで打たれていれば
もちろん福谷も悔しいだろうし、大野にとってもかなり悔いが残ったと思います。

西は9回表2アウトになった時点でその裏のピッチングに備えてベンチ前でキャッチボールを始めました。
試合には勝ったけど、大野と西の投げ合いは大野の負けと言ってもいいでしょう。
誰のせいで負けたか、というと8回途中で交代するという判断を下したデニーのせい。

でもまぁ、ヒーローインタビューで大野は終始ニコニコしてたから別に良いのかな?(よくねーよ、
イニング途中で替えられたのが悔しくてヒーローインタビュー拒否とか、
そこまではいかないまでもヒロイン中に一言「最後まで投げたかった」という旨のが聞きたかったです。


打つ方はルナのタイムリーのみ。
イレギュラーっぽいのしたとはいえ、あの打球を止められないようではナゴドでは勝てませんよ、
っていうナゴドの洗礼かな。


これで5連勝。
ソフトバンクとオリックス相手に負けてないのすごい!とか言われてるけど
自分たちの野球をやれば勝てるっていうのにいい加減気付きましょうか。


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2014/05/28 22:00 ] 14' 交流戦 | TB(0) | CM(0)

0513 バッティングパレス相石スタジアム平塚球場 

IMGP2499.jpg
投手村村民が一番気になるポイント。
撤収のフォーメーションin2014


IMGP2358.jpg
磔(はりつけ)の刑にされてる岡田きゅん

IMGP2359.jpg
和田さん、まぶしすぎます…

IMGP2368.jpg
和田「おいなに下見てんだよ」
大野「すいません、サングラスしててもまぶしいので」

IMGP2366.jpg
この日先発だった山井さん
打つ方でも2安打2打点


IMGP2383.jpg
暑そうな又吉

IMGP2378.jpg
あきふみも暑そう

IMGP2486.jpg
又吉のキリッっとした目線すき

IMGP2421.jpg
汗も滴るイイ男(鼻水じゃないよ)


IMGP2399.jpg
デニーその風貌は…いかんでしょ髭剃れよ

IMGP2401.jpg
この時点では未勝利の大野。
翌日に待望の初勝利を挙げました、おめでとう!


IMGP2447.jpg
にっこり岩瀬
今季長らく暇人だけど終盤には必ず岩瀬の力が必要だから今は充電しといて



IMGP2376.jpg
祖父江1

IMGP2425.jpg
祖父江2
ルーキーたちはまじめに練習してますがベテランともなると

IMGP2429.jpg
休み入れまくりのテキトーな感じ
(奥の岩瀬なんて食後にちょっと運動しながらテレビ見てるおやじやんけ)

IMGP2459.jpg
そのくせ先輩面はするあきふみさん

IMGP2439.jpg IMGP2440.jpg
オールドスタイルの大野

IMGP2451.jpg
投手村に遊びに来た雅。
カブレラと何やら深く喋りこんでましたが、武山に略奪愛されてしまったw

IMGP2438.jpg
シャッターチャンスだったのにぶれたあああああわああああああああああ



IMGP2470.jpg
メディシンボールをバットスウィングするみたいに放り出すガッツのルーティン

IMGP2522.jpg
7回終了時の花火 
祝砲かな、あざす!

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2014/05/27 15:00 ] 14' 観戦 | TB(0) | CM(0)

中継ぎ勝負 D2-2H 

140526 ナゴヤドーム
山井、Hパヤノ、H福谷、H岩瀬、H祖父江、H高橋聡、朝倉

7投手のリレーで引き分けに持ち込みました。
ホールド好きの自分にとってはこういう継投が好きで好きでたまりません。
最後を投げた投手に○が付けばもっと最高なんですけどね。

12回は祖父江あきふみさん朝倉で一人一殺。
もうイニング途中の継投はガンガン使っていくスタイルですね。
これから当ブログでいちいち触れることもしません。

6人も中継ぎが登板すればそのうちの1人くらいは出来の悪い投手がいてもおかしくはないんですが、
ピンチを迎える投手はいたものの全員ゼロに抑えました。

リードしてたのは谷繁でしたが、足を痛めて交代した後は武山がマスクを被りました。
緊迫した終盤の8-12回をゼロに抑えて帰ってきました。
小山は岩瀬と頑なにバッテリー組ませませんでしたが、武山は普通に岩瀬とバッテリー組んでますね。

この日のDHは中田ブーちゃん。
守備力強化のためではなく単純に打力の強化策を執ってきて、その期待にツーベースで応えました。

このツーベースから送りバント失敗してまた送りバントする超消極的采配で
2死2塁谷繁、打者大島でヒット2本ないと点取れない状況を作りましたが、
ものの見事にヒット2本で点を取りました。

少ないチャンスをものにしてからの、中継ぎのゼロリレー。
強いドラゴンズの姿に戻りつつありますかね。


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2014/05/26 23:00 ] 14' シーズン | TB(0) | CM(0)

勝てる投手とは D2-1HとB1-7Bs 

140525 ナゴヤドーム
D2-1H
○濱田、H福谷、S岩瀬

140525 横浜スタジアム
B1-7Bs
○ディクソン、H馬原、佐藤達也、比嘉


先制点を許さない。
イニングの先頭を切る。
ボール先行のカウントにしない。

これが勝てる投手の最低条件だと思います。
球速とかスタミナとか変化球のキレとかは二の次、三の次。

今日の濱田この3か条がすべて満たせてました。
『今日も』と言った方が適切かもしれません。

先制点を許さないのはスコアを見ればわかる通り、
イニングの先頭は途中降板した8回も切っていました。
そして与えた四球は1つだけで、3ボールになったのは4度だけ。

以上の条件を満たせた報いとして手に入るのが勝ち星です。
福谷、岩瀬が何の危なげのないピッチングでリレーしたのは決して偶然の産物ではなく、
濱田がこれら条件を満たしていたからだと思います。

これらを満たせていない場合でも勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りることはよくありますが、
そういう時に限って中継ぎ陣が勝ち星を消してしまったりしてしまう訳です。

IMGP2906.jpgIMGP2923.jpg

現在勝ってる投手と言えばオリックスの西ですが、
この条件を当てはめてみると
  先制点を許さない。  達成率5/8 
  イニングの先頭を切る。 達成率51/61
  ボール先行のカウントにしない。 与四球率が2.22から1.03に改善

先制点に関してはこの率はおそらく低い方ですが、下の2つに関していえば神がかり的な数字ですね。

IMGP2912.jpgIMGP2913.jpg
躍動感あるフォーム、ストレート主体のピッチング、入団以来すべて中継ぎ登板と似た点が多くあるので
佐藤達也を右版あきふみさんとして認定、宣伝活動します。


IMGP2968.jpg

次カードのために偵察を兼ねていきました。
イメージとしては2011年の投手陣+06年の3,4番&鉄壁外野陣みたいな…
おそろしや…
  
 吉見+小林鈴木浅尾岩瀬  = 金子+馬原比嘉佐藤達平野
 福留ウッズ  =  糸井ペーニャ
 アレックス英智福留 = 坂口駿太糸井
 

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2014/05/25 22:00 ] 14' シーズン | TB(0) | CM(0)

肩にスランプなし E1-5D 

140523 コボスタ宮城
E1-5D
○カブレラ、H祖父江、パヤノ、岩田

連勝です。
連勝というよりは連戦の頭を取れたことの方が大きいかな。

先発はカブレラ。
相棒は武山。

初回の荒木盗塁成功&悪送球と聖澤盗塁失敗のところがこの試合のハイライトでしょうか。
よくよく考えればカブレラとのバッテリーで聖澤を刺すって相当すごい!

当時バントが出来ない野手陣を尻目に新加入の小池さんが難なくバントを決めて
ファンの心をがっちり掴んで、FAで出戻りしてもなお私をハマスタでの引退試合に足を運ばせたくらい
離さなかったように、

なかなか盗塁を刺せない捕手陣を尻目にカブレラが投手というハンデを背負いながらも
聖澤を刺した武山はファンの心をばっちりと掴んだように思います。

打つ方でも追加点後の攻めをつなぐヒット。打率は驚異の.571。
とはいっても打撃は水物と言われるよう、相手の良し悪しや調子や相性によって
振れ幅が大きいものです。
一方で、肩には調子の波や相性がまったく関係ないのでこの点にはずっと期待していきます。
特にソフトバンク戦ですね。
あのチームと試合するのは勝とうが負けようが興味ないんですが、
走られまくるのだけは本当にイライラするのでそこだけは何とか武山に封じてもらいたいところです。


カブレラは7回途中で降板。
なんかもう普通にイニング途中での交代をするようになってきましたね。

後を継いだのは祖父江。
ボウカーのボウソー気味の走塁に助けられました。

4点リードという絶妙な点差で8回に登板するはパヤノ。
打順が(代打)→岡島→藤田→聖澤と左が続く巡りだったからかな。

9回は岩田。特にコメントはナシ。
個人的には早く先発が見たい。いやむしろ打席が見たい。

明日は雄太と美馬。
唯一相性のいいオリックスがあんな調子でなかなか貯金くれそうもないので
ここいらでとりあえず貯金2を稼いでおきたいところ。(という欲を出すをダメなんだよな、たぶん(笑)

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2014/05/23 23:00 ] 14' シーズン | TB(0) | CM(0)

ただ左手でまぁまぁの球を投げてるだけ F3-4D 

140521 札幌ドーム
F3-4D
○大野、H祖父江、H福谷、Hパヤノ、S岩瀬

先発は大野。
田中賢介小谷野稲葉スレッジとかの球をよく見て出塁率の高い選手が揃ってるヒルマン梨田時代なら
間違いなく無駄な四球から2巡目につかまってんだろなぁ…と。
でも陽西川近藤ミランダの四球少なめ三振多めの打者が揃う今のハムならチャンスは十分に
あるのかな?というのが自分の戦前の評価。

結果として、勝ち投手にはなりましたが、
5回88球、先制を許す、勝ち越し後に点取られる(しかも2死からの一発)、8番打者に2四球と内容は最悪。
ただ左手でまぁまぁの球を投げるだけのピッチャーです。

球速も変化球のキレもスタミナも濱田よりも勝ってるかもしれないけど、
先発投手として見るなら濱田の方が数段上。
こんなピッチングを繰り返してるようでは目標に掲げてた15勝なんてまた夢の夢。



「ピッチャーがみんなあまり調子よくない」とヒーローの大島にナチュラルに煽られた投手陣でしたが、
今日は4人のピッチャーをつないで1点差を逃げ切りました。
1点差勝利はこれで5試合目。

しかし内訳は
・サヨナラ勝ち    2試合
・9回に岩瀬が1失点して2点差が1点差になった  1試合
・8回に田島が1失点して2点差が1点差になった  1試合

この通りですから、終盤の1点差を守り切っての勝利、というのは今日が初めてと言って良いでしょう。

7回までに祖父江福谷を使っていて「あれ?もしかして交流戦って8イニング制なの?」と勘違いしそうになりました。
そんなことはなくていつも通りの9イニング制で、8回に出てきたのはなんとパヤノでした。

ずっと『敗戦処理2イニングの使いつぶし枠』『将来のある若手投手を無駄使いしないための囮』など
黒人差別ともとれるような発言を繰り返してきた当ブログですが、
さすがにその発言は撤回しないといけません。ごめんなさい。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2014/05/21 23:00 ] 14' シーズン | TB(0) | CM(0)

首脳陣にとってターニングポイントの試合 F7-5D 

140520 札幌ドーム
F7-5D
山井、H高橋聡、又吉、●パヤノ、祖父江


投打に2つ大きな出来事がありましたね。
ちょうど交流戦に入るタイミングで首脳陣にとってもこの試合をターニングポイントとしたかったのでしょう。

まず投げる方。ここまで頑なにしてこなかったワンポイント起用を解禁。
右の大引きに対して右の又吉、左のミランダに対して左のパヤノを当ててきました。

正直、今までのものさしで言うとイニング途中で替えられる中継ぎ=最後通牒で
あきふみさんが代えられた時にはドキッとしたんですが、パヤノの起用法を見てるとワンポイントを解禁したとみていいのかな。
まぁ北海道までは遠征費が一番高くつくから明日の入れ替えはないと思いますけど。


そして打つ方では平田が4番を外れました。
自ら志願しての4番降格との噂もちらほら上がっていますが、真相はわかりません。

ヒーローインタビューでチェンの以下の日本語力などと揶揄されてすっかりアホの子キャラが定着した平田が
『自らが4番にいるせいで借金5になってしまってる。チームに迷惑かけてるから4番を外してほしい』と直談判したなら
それはそれでかなり大人になっていて成長しているととらえていいのではないでしょうか。

4番を外れたとしても試合を決める場面で回ってきます。
残念ながら6回の勝ち越し機では打てませんでしたが、一日で悩みが解決するほど甘くはありません。


他にもこの日の勝利のためだとか、相性だとかいろいろと考えられる理由がありますが、
一番残念なのは不振だから下げたっていうこと。
連敗中で交流戦に入って区切りがいいとか、森野が絶好調とか、確かにこの悪い流れを変えるには絶好のタイミングです。


でも平田を4番から外すのだけは違いますよね。
開幕からずっと4番に据えて、時には解説の山崎武にもっと振っていいとか、
監督からもHRのあとのチャンスでの打席が…と叱咤激励されながらもそれでもなお変えずに4番で
使ってきたわけですから、その意思は貫き通してほしいです。

4番はコロコロ変えていいものじゃありません。
点を取るために、4番にチャンスで回す。
4番にチャンスで回すために1番は必死こいて塁に出る。
4番にチャンスで回すために2番は自らを犠牲にすることも厭わない。
ファンは4番の一打に期待して体温を上げ、声を荒げます。

そんな4番にようやく、待ち望んだ生え抜きの、日本人の、選手が定着しようとしています。
その期待だけは裏切らないでほしいです。


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2014/05/20 23:00 ] 14' 交流戦 | TB(0) | CM(0)

しばらくヤクルトと試合しなくていい嬉しさ D4-7S 

140518 ナゴヤドーム
D4-7S
●朝倉、祖父江、又吉、岩田、パヤノ

岩田が三者連続三球三振という珍記録。
04年桟原以来リーグ10人目の記録らしいです。

このピッチングをした岩田を2番手に出していれば
もっと早い段階で流れをつかめて逆転への機運が高まっていたかもしれないのになぁ…と
言うのはあまりにも結果論すぎるのかな?
でも、それを言いたくなるような投手の起用法しています。
落合GMやmorisigeが考えてる起用法はこんなんじゃないと思うんですけどね。
デニーはそれを理解できてないようなので、今季限りでご苦労様。


まぁそもそもこの試合で流れをつかめた瞬間が一度でもあるのか、という話ですが…^^;
ああ、攻撃が9番で終わって岩田をロングさせるには最高の打順の巡りだったのになぁ…


このブログを見てくださってるコアなファンなら、横浜相手に3連勝したからといってヤクルトにも勝てるなんて
いう脳内お花畑の考えをしてはいないでしょう。
それが相手先発が今季初登板の松岡であっても同じ。
むしろこれは勝ち星献上しそうフラグがビンビンです。
かつては先発木田に勝ち星をプレゼントした過去もありますからね。

この3連戦はいいようにやられました。
来週から始まる交流戦のおかげで約2か月間ヤクルトと試合をしなくて済むのが本当に助かります。

ただ、そのかわり現行の2連戦制になってから7年間で1勝13敗という(13連敗中)とんでもなく苦手な
ヤフードームで戦わなければいけません。(11年の日シリでは3勝1敗)
日は6月11、12日。水・木なので海外出張や飲み会入れるならこの日しかないですね。

逆にパリーグで唯一相性がいいのはオリックス。(3連戦時代含み、26勝13敗1分け)
しかし、そのオリックスは現在パリーグ首位と好調で、先日京セラ行った際にもその強さは肌で感じましたから、
なかなか苦しい交流戦になりそうな予感です。
(交流戦スカスカ日程の移動日にでも平塚と合わせて写真うpしたいです)
11勝13敗くらいで、降竜戦にさえならなければokというスタンスで。。。


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

[ 2014/05/18 23:00 ] 14' シーズン | TB(0) | CM(0)

連勝ストップ D4-7S 

140516 ナゴヤドーム
D4-7S
●岡田、祖父江、又吉、パヤノ


岡田は連勝ストッパーとなってしまっています。
連勝中での先発がこの日で5試合目でその成績は1勝4敗。
なかなか波に乗れませんね。

エラーから、とはいえ雄平に対しての入りはあまりにも不用意すぎたし、
中村のスクイズも全く頭に入ってなかったように見えました。

来週から交流戦でローテが楽になるということもあって二軍降格。
中継ぎに回して2~3イニング投げてもらう投手にすることで、
チームとして、ブルペン事情はだいぶ楽になるのですが、
そんなことをしては岡田にとってのプラスにはなりません。

交流戦期間中、二軍のローテで投げるのもいいですが、
投げてる球がどうこうなのでフォーム矯正というよりは、リフレッシュ的な所に重点を置くのなら
ミニキャンプを張らせるのもいいのかな、と思います。

この日付けの公示で移籍の武山とオフのトライアウトから獲った工藤を登録。
代わりに赤田と森越が下がっています。

武山はいきなり2安打1打点でマスクまでかぶりました。
小池さんは、バントが決められない野手が多くいる中で移籍してきて早々簡単にバントを決めまくって
ファンの心をがっちりとつかみました。
武山は、盗塁が刺せない捕手がいる中で移籍してバシバシ盗塁阻止してくれるんでしょうか。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2014/05/16 23:00 ] 14' シーズン | TB(0) | CM(0)

勝利こそ最高のプレゼント B2-6D 

145015 横浜スタジアム
B2-6D
○濱田、Hパヤノ、祖父江、高橋聡

敵地でも同一カード3タテです。
先制してすぐに中押しして8回にはダメ押しと理想的な点の取り方。

和田さんはこの試合も欠場でしたが、和田さんがいなくても5番がいるというのが今年の打線の強み。
最初から平田が4番、和田さんが6番打ってての和田さん
欠場なら大した痛みは感じられませんが、
和田さん5番、平田6番での和田さん欠場で平田がクリーンアップに入る、だと
見かけ以上に痛手は感じる打線になってたと思います。

森野は5試合連続打点に2試合連続HRに2試合連続3ランに今季4本のうち3本が3ラン。
行方不明だったMr.3ランが発見されたのか?


先発は濱田。
6回2失点と先発の役割は十分に果たしてます。
打席では送りバントを決めたり、HR打たれた後失点しなかったり、先頭を出さなかったりと、
もうすでに先発投手としての果たす役割の3ステップ目に位置している感じ。
大野や岡田よりも上のステップにいるのかもしれませんね。

ホールドの付く展開でしれっとパヤノが登板。
8-9回は福谷岩瀬だとして、7回は相手の打順を見てパヤノと祖父江を使い分けていく感じでしょうか?
でもここまで左打者に対して左投手を当てる、っていう起用法をしてないからねぇ。

4点差になり祖父江あきふみさんで〆。
岩瀬がヒ魔神と化してますが、最後の2三振も素晴らしい誕生日プレゼントになりました。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村


[ 2014/05/15 23:00 ] 14' シーズン | TB(0) | CM(2)

危なげなく B2-7D 大野今季初勝利 

140514 横浜
B2-7D
○大野、福谷、高橋聡

強制送還されたのがウソのような全く危な気のないピッチング。
いい緊張感を保たせるために1点リードで試合を進めていった方が大野のためにも
なるとか考えていた初回の攻撃でしたが、
森野がライトスタンドにぶち込んでいきなりの4点リード。

投げる準備をするのと同時に打席に立つ準備をしなければいけないというワチャワチャした感じになりましたが、
初回を三人で片付けると3回まではパーフェクトピッチ。
山崎に対して0-3としながらも打ち取ったのがこの試合のハイライトでしょう。

そもそも、リードした状態でマウンドに立ってるのが今シーズン初めてだったとかそうじゃないとか。


昨日一人ノーヒットだった平田が先制タイムリーとHR。
3点リード、2死ランナーなしという状況が打たせたホームランでしょう。

先発が尚成ということもあってスタメンはマツガイ。
直倫が併殺で〆たので得点には絡みませんでしたが、2安打で起用に応えました。
ルーキー時代のオープン戦で見て和田さんの後継は決まったな、と確信したあの想いが現実となりますように。


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2014/05/14 23:00 ] 14' シーズン | TB(0) | CM(0)

少ない勝ち運をこんなところで B2-7D  

140513 バッティングパレス相石スタジアム ひらつか
B2-7D
○山井、祖父江、パヤノ-谷繁


IMGP2517.jpg

大型ビジョンのないバックスクリーンが地方球場感出してて好き。
スピーカーも内野三塁側に一個しかなかった。


IMGP2528.jpg

(感涙)
少ない勝ち運をこんなところで使ってしまっていいのかみたいな感情にすらなってしまう。

[ 2014/05/13 23:00 ] 14' シーズン | TB(0) | CM(0)

カープ3連戦をまとめて C3-2D C13-5D C5-9D 

140509
C3-2D
●岡田、祖父江、高橋聡、パヤノ-松井雅

140510
C13-5D
●カブレラ、武藤、パヤノ、祖父江、又吉-谷繁、赤田

140511
C9-5D
○朝倉、福谷-松井雅




主な先発投手の投球イニングからも分かる通り、
今シーズンはここまでイニングの途中でピッチャーを交代する、ということをほとんどしてませんでした。

これは先発に限ったことではなく、中継ぎでもそうです。
又吉田島福谷が炎上したときも1イニングは任せてました。
それが途切れたのは田島が荒波にグラスラ浴びたときですね。
その後を継いだのが濱田。2死から1つアウトを取ったデビューマウンドでした。



主な先発陣 投球イニング数 (数字は5月12日現在)
山井 38
カブレラ37.1 (4.27神宮 7回1死1塁で降板)
岡田 32.1 
川上 32
大野 29
朝倉 25
濱田 12.1 (プロ初登板が8回2死からの打者1人のみ)
雄太 7



もう一つの半端イニングとなってるカブレラの該当試合は4月27日の神宮。
福谷がバレンティンに直球勝負を挑んで逆転タイムリーを打たれた試合です。
その試合でカブレラはイニングの途中でマウンド降りてますが、これは1死から四球を出しただけの降板で、
戦術的な継投というよりは、球数的な側面が大きかったように推測できます。

そしてこの試合でついに、戦術的なイニング途中の継投を解禁。
1死13塁、打者白濱(右)。代打の松山(左)も準備していて、という
状況でしたから思いっきり戦術的な継投でした。

結果としては失敗。

表の攻撃でチャンスでそのまま打席を迎えていただけに、
この采配の顔を立たせるために続投を選ぶ選択肢もあったとは思いますが、
自らの『表の攻撃で代打を出さなかったのは失敗』と認める継投策に出た勇気は評価したいですね。

結果としてはこの継投も失敗して、代打送らなかったのも投手交代したのも両方とも失敗という
形にはなってしまいましたが、このチャレンジは間違ってなかったと思います。


-----------------------------------------


デイゲームのマツダスタジアムといえば、負ける時は必ず守乱、
それもバント処理にもたついてオールセーフからの連打連打…が多いイメージ。

日差しで光ってる内野グランドでいつもトラブってる印象です。
特にバルデスとかの足攻めに弱そうな外国人ピッチャーにとっては蟻地獄にいるような印象。

去年のカブレラinマツダの印象が全くないのでアレですが、
カブレラも漏れなく蟻地獄にはまる外国人ピッチャーでした。


蟻地獄は野手にも波及。
エラーこそ4つで済みましたが、記録には残らないようなのが無数に…
こうなってしまえばもうどうしようもありません。

後半は若手野手らの品評会。
岩崎、森越が今季初ヒットでエルナンデスもヒット。
赤田が6回からマスクを被り、打ってはニゴロでプロ初打点を記録しました。
背中の張りを訴えて途中交代した和田さんの代わりのファーストチョイスは野本。

上がってきたパヤノが連投で1イニング無失点。
彼が敗戦処理でフル回転してくれれば中継ぎ事情はだいぶ楽になります。


-----------------------------------------------

蟻地獄にはまったのはバリントンのほうでした。
初回から打者10人6得点の猛攻で勝負あり。

まるで07日本シリーズGAME3を見てるよう。
あの試合の先発は朝倉だったよなぁ。セギノールからみのさん取った後のガッツポーズが
ものすごくカッコよかったのを今でも鮮明に覚えてます。
実際では、擬似セギノールことエルドレッドから2三振。さすがにあんなガッツポーズは出ませんでしたが。

8回9点差で前進守備を敷くなどチーム全体で完封アシスト体制に入りますが、
タイムリーのあと菊池にグラスラ浴びて5失点。
ピッチャーのメンタル的にはここで交代でもいいとは思うんですが、
極力イニング途中での継投はしない方針なのか、この回は投げさせました。
こう見るとやっぱり1試合目のあの場面での継投がいかに監督にとって勝負をかけたシーンだったのか、が垣間見えますね。


同一カード3連敗しない法則も無事続き、ゴールデンウィークは4勝5敗。
岡田の炎上に始まり、川上の離脱とマイナス面もありましたが、
なんといっても濱田の完封がキラリと光ります。谷間の川井ちゃんも抜群のピッチングをしており、
そしてこの試合の朝倉と下からの突き上げでなかなか粒揃いのメンバーになってきました。


来週は交流戦前最後の6連戦。
まず火曜の予告先発は山井さんで、そのあとは大野を昇格させ、濱田、岡田、カブレラ、朝倉と続くローテになるのでしょうか。



ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

[ 2014/05/12 14:00 ] 14' シーズン | TB(0) | CM(0)

助けた荒木 D2x-1T 2度目のサヨナラ勝ち 6カードぶりの勝ち越し 

140508 ナゴヤドーム
D2x-1T
雄太、○又吉-谷繁


難敵岩田はやっぱり打てず



08、09年あたりは下柳にも苦手でした。
しかし、下柳から勝てると優勝するというリトマス紙的な側面がありました。

岩田に関しては、下柳から勝てても岩田は打てない/勝てないで大の苦手。
ドラゴンズキラーといえば館山が一番に思い浮かびますが、
岩田もそれに遜色ないくらいのキラー。

10年はひじの手術で一年登板なし。
他人の不幸を喜んではいけないんだけど、この時ばかりはちょっとヨッシャってなった気がします。
あいにく、館山も血行障害からのひじ手術を経験してますね。
今季はシーズンアウトです。
二度と対戦したくはないけど、再び神宮で投げる日を待ってます。


まさかのしんみり入りで書いてる自分もビックリ。
どうやって軌道修正していけばいいのか。


先発は川井ちゃん。7回を投げて4安打1失点。
21のアウトのうち、内野ゴロは実に13個。
らしさが十分に出た会心のマウンドさばきでした。

morisigeの著書でも言ってた
「大きく貯金を稼げるエースとあとは5,6勝できる投手」のローテが出来つつあります。

2番手は昨日登録された又吉。
1イニング目は三者連続三振と最高の形でしたが、2イニング目は3つの四死球でピンチを広げました。
良い時と悪い時の差が激しいですが、実は敗戦投手になったことは一度もナシ。
この日はウラにサヨナラ勝ちのため2勝目が転がり込んできました。
いわゆる”持ってるやつ”なのかもしれません。



ヒロインでも語ってましたが、9回の攻撃はいろいろとミスがありました。
それを救ったのが荒木でした。

直倫のバント失敗はもちろん、和田さんの走塁ミス、
捕手2人体制で谷繁に代打出して控え捕手がいない崖っぷちの危機感。
和田さんに代走怠ったのもミスなのかな。

全部まとめて助ける一打でした。


これで6カードぶりの勝ち越し。久々の連勝。
そして恥ずかしながら上位3チーム相手に初めてのカード勝ち越し。

ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2014/05/08 23:00 ] 14' シーズン | TB(0) | CM(0)

チーム初完投 D7-0T 濱田初先発初勝利初完封 

140507 ナゴヤドーム
D7-0T
○濱田、谷繁


濱田がやってくれました。
チーム初完投で苦しい先発事情を救います。
(9イニングは大野が一度投げてます)

先月の朝倉といい、この日の濱田といい、
思ってもないところから投手が出てくるのは
強いドラゴンズのあるあるパターン。

彼らが地味に5,6勝を積み重ねることができれば
あとはここにガツンと貯金を稼げるエースが還ってくるだけ。


三者凡退のイニングは1度だけと割りと苦しめの内容でした。
5回の4点の追加点が濱田を完投へと推し進めましたね。
この4点がなければ祖父江又吉福谷岩瀬と繋いでたでしょうから、
大量点が中継ぎを助けたという典型の試合です。


岩崎に対して14イニング無得点に抑えられてましたが、3度目の正直で攻略。
シーズン終盤になると「こいつが来たら打てましぇん><」って投手が一人でもいると致命傷。
とりあえずは回避できたのかな。

明日の先発は川井ちゃんと岩田。
岩田といえば、落合ドラゴンズが館山の次に苦手にしてた投手ですが果たして…


#43

濱田プロ初勝利おめでとう!
いやぁ~年下かぁ~すごいなぁ~


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2014/05/07 23:00 ] 14' シーズン | TB(0) | CM(0)

俺がお前でお前が俺で D3-6T  

140506 ナゴヤドーム
D3-4T 
山井、H福谷、岩瀬、H祖父江、H高橋聡、●小熊


こちらの荒木が休養日で、代わりのスタメンは岩崎で、
相手はセカンドが荒木で、明日の相手の先発は岩崎で。

俺がお前でお前が俺で、みたいな。


まぁなんというかこれがハイライトの出落ちみたいな試合。
阪神は投手野手含めて全選手使ったようです。
野手全部とか、投手全部とかなら聞いたことあるけど、投手野手両方使い切るってのは割と珍しいかも。
この試合を再放送して高木守道さんに解説させたい。
目キラキラさせながら喋るのかな。


一方のドラゴンズは
控え捕手を2人も残し、小笠原すらも使ってませんでした。

和田さんには守備固めを送った一方で、自らは4時間47分マスクを被り続けました。
荒木に代わってスタメンのプリンスもフル出場。

将来的にショート直倫、サード周平、ライト平田、レフト松井佑/剛裕になった場合
足が使えるのは大島とセカンドを守る人だけになりますから、
プリンスにかかる期待が大きいというか、プリンスによってチームの編成までが大きく変わっていくので
何とか一人前になってほしいところです。

レフトを守るどちらかの選手には、
この日の梅野みたいな、ノーアウトからバントなんて微塵も考えないフルスイングを魅せてほしいですね。


ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2014/05/06 23:00 ] 14' シーズン | TB(0) | CM(0)

併殺品評会 D3-1G 5連敗ストップ 祖父江プロ初ホールド 

140504 ナゴヤドーム
D3-1G 
○カブレラ、H祖父江、H福谷、S岩瀬


ユニホームは違えどショート井端、セカンド荒木のコンビで1試合7併殺。
この年になっても守備力は衰えません。

井端は打っても2併殺(遊ゴ併と二ゴ併)
新ショート直倫に対してこの打球併殺に取れるか?って聞いてるかのようでした。
第3打席では、ここまで巨人が4つの併殺記録するも、6-4-3が3つ、3-6-3が1つで
いまいち仕事した気分になってなさそうな荒木に対して
「どうぞ併殺してください」と言わんばかりの平凡なニゴロ。

とくにこの併殺は、ドラゴンズにとっては非常に助かった併殺でした。
7回を投げるピッチャーがいない、というブルペン事情の中でこの日任命されたのは祖父江。
ここまで敗戦処理で結果を残してきたものの、ホールドの付く場面ではプロ初登板。

あいにく先頭を出し、祖父江がだめなら今後の方程式の見通しが全く立たなくなり、
ましてやここから逆転されようもんならいつ連敗が止まるかわからないよおおおうわあああああああああ
っていう雰囲気になる試合展開でしたからね。


先発のカブレラは4度も先頭を出すなど不安定なピッチング。
それでも6回を1失点にまとめるあたりが中6日を死守してまで使おうとさせる
"今一番勝ちが計算できる投手"たる所以なんでしょうね。
決してエースではないけどね。



ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2014/05/04 23:00 ] 14' シーズン | TB(0) | CM(0)

俺たち敗戦処理ズ D5-9G 

140503 ナゴヤドーム
D5-9G
●岡田、濱田、武藤、小熊


岡田の大炎上でマウンドには早々と敗戦処理ズの面々が。
先月なら祖父江が先陣を切って切り込んでましたが、今日の試合は祖父江の名前はナシ。

敗戦処理ズを脱退し、勝ちパターン組に昇格したとみていいんでしょうか。

敗戦処理ズの面々はそれぞれが役割を果たし、
大差の付いた中で意味のある6イニングを過ごさせてくれました。

特に濱田。
去年は下で投げる度にフォアボールを出しまくってましたが、今日は3イニングを投げて無四球。
ホームランこそ打たれましたが、5つもの三振を奪いゆるんだ試合を引き締めなおしました。

武藤も2イニングをゼロ。
橋本への四球がなければ100点。

小熊は1イニングを三者凡退。
飛び級で勝ちパターン組昇格もある?


投げなかったあきふみさんはどの立場なんでしょうか。
a.田島に代わってお前勝ちパターン組だから今日の出番ないぞ、テキトーに過ごしとけ
b.早々と試合壊れてるのに2イニングも投げられないやつは用無しじゃ!
c.どうせお前はここで好投しても勝ちパターン組に昇格できないからわざわざこんなところでテストさせる必要なし



この試合で一つ気になったのは初回攻撃時の岡田に代打を送るかどうかの決断。
「谷繁」がスコアボートに表示されてるうちはMorisigeが指揮を執ることになっていますが、
攻撃中はベンチにいるためMorisigeはおそらく谷繁の傀儡になっているでしょう。

直倫が打席の時、谷繁はネクストにいるため
岡田どうするかについて話せるのは和田さんの打席まで。
森野がストレートの四球、和田さんの0ストライク3ボールになったところで、
和田さんも四球になるという前提のもとの話を想像すると、


a.「直倫と俺で4点取ったら」→(1点差で2死、走者1人だから)→「続投ね」
b.「直倫と俺で3点取ったら」→(2点差で2死、走者2人だから)→「続投ね」
c.「直倫と俺で2点取ったら」→(3点差で2死、走者満塁だから)→???

パターンCの時はどんな決断をすると話し合われていたのでしょうか。




明日の先発は中7日で朝倉、ではなく、中6日の間隔をきちんと守ってカブレラ。
朝倉を中8日にしてまでカブレラの中6日を優先するってことは、
カブレラが今一番勝ちが計算できる投手だから、
その投手に最も調整しやすい間隔で投げさせたいって事なんでしょうね。


あ、そうそう。敗戦処理ズってのは蔑称ではないですよ。
どんな投手もみんなここからキャリアをスタートさせるんです。
浅尾も吉見もあきふみも最初は敗戦処理ズの一員でした。
やがて卒業し片やMVP、片や最多勝、片や…(まぁここに対応するのは置いといて)へと成長していきました。


巨人の越智山口だって投げ始めは敗戦処理ズの一員でした。
戦ってみたとき、「うわぁこんなすごい球投げる投手がいるんだぁ」とビックリしたもんです。
今日の濱田は巨人側から見てどう思われたのかな?



ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
[ 2014/05/03 23:00 ] 14' シーズン | TB(0) | CM(2)

11本の安打と8つの四球と2つのボーク B12-6D 

140501 横浜スタジアム
B12-6D
川上、祖父江、●福谷、田島-松井雅


福谷と田島が2人で5四球6失点であぼん。

7回のチャンスで雅に代打を出さなかったのは
谷繁監督からの「これから出す予定の2人(福谷田島)をおまえがなんとかしろよ」
ってメッセージだったのはないでしょうか。

まぁ捕手がどうこうできる出来では無かったですけど…



福谷はわかりませんが、田島は抹消されるようです。
しかし、抹消が一日遅い。

前にも同じこと書きましたが、
グラスラ浴びてその後もグダグダで今季初めて中継ぎをイニング途中で替えた
=もうだめだと悟ったってことならここで抹消させないと。

もうだめ、と分かったうえで今日の試合に登板させたならそれは単なる壊し。
荒療治なんて言葉は私の辞書にありません。
復活を期待して投げさせた?
一軍はそんなことする場所じゃありません。それをやるなら二軍に落としてからやってくださいね。

神宮の朝倉ゲームのリレーが2点リードから7福谷-8田島-9岩瀬。
このリレーがベストで、これを基準に役割が決まっていくはずなのに、日曜は1点ビハインドで8回田島。
火曜の試合に至っては1-2と1点ビハインドの7回、マウンドに上がったのが福谷。
2-2の同点となった8回に上がったのが田島。

そして今日は、6-6の7回に福谷、6-7となった8回には田島。
勝ってても、負けてても、同点でも、とにかく僅差で勝ちそうな試合になったら
福谷田島(又吉)福谷田島(又吉)……

現在の中継ぎ陣を見るとあきふみが多少ほかより経験があるだけで
実績も能力も五十歩百歩ではないでしょうか?
それなら、意固地になって特定の投手を使い続ける理由はないと思います。



ブログランキング登録しました。
読み終えたらワンポチリお願いいたします。
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村


[ 2014/05/01 00:00 ] 14' シーズン | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。