スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2013終戦 

3位広島とのゲーム差4.5で迎えた最後の大一番。
CSに行きたいのなら、この3連戦で3連勝するしか道はありませんでした。

1つ勝っても翌日負ければおしまい、つまりはハナから3連勝するつもりで24日の試合を考えなければいけませんでした。


この3連戦の先発は憲伸、岡田、大野。残念ながらどのピッチャーも完投を期待できる投手ではなく、必然的にブルペン陣を総動員することが考えられます。
ということは、例えば1試合目がセーブ圏内の3点リードであったとしても、2試合目3試合目を見越して浅尾岩瀬を温存したり、
6回や7回にむだな投手交代をして2試合目3試合目に連投となるような継投をしないようにする必要がありました。

先発を引っ張りすぎて終盤に逆転打喰らって負けるのも、
1試合目勝ったはいいけど、中継ぎ総動員しちゃって2試合目3試合目にそのツケが回って中継ぎが打たれるのも、
3連勝しか見てないドラゴンズにとっては同じことです。


逆に攻撃の視点から考えてみると、1試合目で先発投手に多く球数を投げさせて、
出来るだけ多くの中継ぎ投手を動員させ、
出来るだけ多くの球数を投げさせて、少しでも2試合目3試合目に悪影響が出るように攻めなければいけません。
2試合目3試合目の先発はバリントンとまえけん(?)と完投能力のある2人ですが、
前の試合で中継ぎを総動員してしまったことで彼らに「昨日中継ぎいっぱい使ったから今日はオレが完投しなきゃ」
と余計なプレッシャーを与えることだけでドラゴンズにとってはアドバンテージ。

具体的には粘りが得意な井端や大島を使ったり、淡白な打撃をする選手(名前は伏せます)は使わなかったり、
打線の組み方をジグザグにする事でワンポイント投手をつぎ込ませるよう誘導したり…


そして注目のオーダーは
プリンスクラークの1,2番に3番はセカンドで森野(左左左)、和田平田(右右)と続いて周平のあとにはライトで剛裕(左左)。
これは、打ち勝ってやろう!というじじいの意思表示なんでしょう。

初回の2死から打ち勝つオーダーの思惑通り幸先良く3点を先制。
この時は当然じじいもウキウキだったんでしょうが、平田のエラーとプリンスの野選でたちまち1点差となると、
激おこぷんぷん丸になって試合前に見せた打ち勝つ野球を早くも撤回。
剛裕を下げて大島を入れ、守備固めをしてきました。

PK2013092502100096_size0.jpg


先発の憲伸。
今シーズンは、いやドラゴンズに復帰してからの2シーズンは、まったくといっていいほどチームに貢献できませんでした。
しかし、CSが導入されてからのNPBには、シーズンは複数あります。
この日から始まった”2つ目のシーズン”で長いイニングを投げてチームを勝利に導けば、
昨シーズンの分とまではいきませんが、少なくとも今シーズンの分はチャラにすることができます。
それは今シーズン思うどおりに数字が伸びなかった和田さんや大島にも言えることでもあります。

6回を問題なく三者凡退に抑えてここまで91球。
まだいける、横浜戦からの連投になる浅尾岩瀬の最低どっちかは休ませたいから8回までいってくれ…
と思ってる矢先、
左の木村省吾に対してワンポイントで三瀬。
ちなみにこの三瀬も横浜戦からの連投になり、一軍復帰後8試合目で5試合目の登板。
木村のあとは右の石原。ここでマドリガル使うとして、次の野村の代打で左打者が出てきてあきふみ、
2番菊池まで回ったら右の田島or武藤、あるいは浅尾を前倒し…???

2試合目3試合目を考えれば中継ぎ総動員なんてしたくない、してはいけないのに、
自ら総力戦をすることを選んだかのようなヘボ采配。


いやむしろ、中継ぎを総動員させるために、丸菊池キラエル松山梵木村石原ときれいにジグザグに打線を組んだ野村監督の方が何千枚も上と褒めるべきなんでしょうか。

PK2013092502100091_size0.jpg




ジョイナス~ファンと共に~のスローガンのもと、
ファンサービスの向上と名古屋界隈に蔓延る権力に媚びることを目的としてきた2年間の結果として出たものは、
CSをかけた最後の天王山にもかかわらず空席ばかりのナゴヤドームでした。
24日の動員数20057人は、今季最低はもちろんのこと、実数発表となった2005年以来で最低記録でした。

これがこの2年間で残したもの。あまりにも空しすぎる終戦でした。
スポンサーサイト
[ 2013/09/26 23:00 ] 13' シーズン | TB(0) | CM(2)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。