スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

7.29中日1-0ヤクルト:対Tatteman必勝法=1点もやらない 

120729 ナゴヤ
東京 000 000 000 0
中日 000 100 00x 1
ヤ)●館山-山本斉
中)○山内-H田島-Sソーサ


森野の一発で得た虎の子を1点を守り切ってナゴドでの負け越しは阻止。


1つのバッターボックスに3球持ち球があって、
それが延べ27人分で81球も投じればどんなピッチャーでも1球くらいは長打を打たれるでしょう。

その長打が2アウトからの8番バッターに生まれてはワンチャンスを逃したも同然ですが、
ノーアウトからだったら価値は高いし、
それがこの日みたいにホームランになったりすればその価値は計り知れないほどになります。

ヤクルトファンの友達からすれば「今年の館山には無双感が無いから不満」らしいですが、
ドラゴンズ側からすると予告先発で館山の名前を見るだけでその日の夜の寝不足になるくらいですからね。

今後も対Tattemanにはこれくらいのジリ貧な作戦しか無いように思えます。


山内はピンチは何度もありましたが、すべて凌いで7回無失点でした。
8勝目はチームトップタイです。

ところで試合はリアルタイムで観る事が出来なくて相変わらずの数日後のエキベー観戦なんですが、
2番は浩康でないし、バレンティンも宮本も出てないんですね。
中4日で吉見んが投げた時の巨人戦といい、良い感じで相手に弄ばれてる感は感じずにはいられないです。


スポンサーサイト
[ 2012/07/29 23:00 ] 12' シーズン | TB(0) | CM(0)

7.26中日4-1阪神:2番は日替わり、クローザーは? 

120726 ナゴヤ
阪神 000 010 000 1 
中日 000 011 02x 4
神)●久保-筒井-鶴-加藤-福原
中)ソト-○山井-H田島-Sソーサ


日替わりの2番は野本。

長打にも率にも小技にも勝負強さにも全てにおいてどっちつかずの彼を
どっちつかずの2番に据えました。

去年も数試合、2番野本があってその時は荒木とのコンビを組んでましたが、
荒木があまり塁に出なかったので、のもとに2番らしい仕事を依頼する機会はあまりありませんでした。

今年は荒木の離脱を埋める格好で、大島とのコンビ。
大島も出塁できず、野本に2番らしい仕事を期待する場面がありませんでした。
1点リードの7回1,2塁というチャンスで回ってきたところで、代打・福ちゃん。。。

まぁ確かに福ちゃんの方が数倍タイムリーを期待できますが、ねぇ…

8番セカンドで起用した柳田を1打席だけで替えたりとかスタメンってそんな軽いモノなのかなぁ…って思います。
でも、代打策が成功してる以上は何も言えませんけど。



投手に関しても同じく早めの代打でソトは5回でお役御免。
5回78球とやや多めで変えたくなるのも分からなくはないのですが…
前のバッターのところで追いつけてる訳で、追いつきさえすれば、
あとはナゴド魔空間能力で8回あたりに勝ち越し点が入るので、
「追いついたらもう勝ちだわ^^」つって、どっしりと構える横綱野球を展開すればカッコいいのになぁ…と思います。

9回は岩瀬ではなくそー様。
怪我で投げれないなら良いですが、守護神剥奪なら登板を先延ばしすればするほど
首脳陣自ら問題の解決をややこしくしてしまうように見えます。


[ 2012/07/26 23:00 ] 12' シーズン | TB(0) | CM(0)

7.18広島2-9中日:前半戦終了 

120718 マツダ
中日 401 100 003 9
広島 100 010 000 2
中)○山内-H山井-朝倉
広)●今井-福井-中田-河内-サファテ-梅津

今井の乱調に付け込んで初回から4得点。
いくら四球をもらったとはいえ、得点にならなければ意味ないですから
和田さんのタイムリーには助けられました。
続く谷繁の追撃のタイムリーと森野の試合を決めるもお見事。

山内はピリッとしませんでしたが、5回までは何とか投げ切ってこれで7勝目。
吉見ん離脱時には抜群のコントロールでエース張りのピッチングを見せてくれました。
東京ドームでたった一度やらかしただけでジョイナスじじいの逆鱗に触れて
オールスターに出場することが出来ないことだけが前半戦の誤算ですね。


井端が膝の違和感で途中交代。
いつもの”痛がり”だよ、ねね??



前半戦の通信簿 @先発陣

大変よく出来ました:山内、中田
  →賢ちゃんの101イニングはチームダントツトップ

よくできました:吉見、岩田
  →怪我で離脱分だけマイナス、ナゴド専用すぎてマイナス

まずまずです:山本昌、川上
  →とくになし

頑張りましょう:雄太、小笠原
  →(;´∀`)

朝倉か大野辺りが去年のソトポジションで夏の救世主になってくれればひょっとすると…というのは夢の見過ぎかな。
それが昌さんか憲伸ならジョイナス的にも言う事無しですけどね。


@中継ぎ陣
大変よく出来ました:ソーサ、田島、山井
  →ブルペンスキーの自分からすればそー様の連続無失点は明日の生きる活力

よくできました:岩瀬
  →雑音がうるさくなってくるころ。今季は身内から出てるから余計厄介

まずまずです:朝倉、武藤
  →抑えてる時は良い球投げてる>朝倉

頑張りましょう:久本
  →今季の推しメン無残に散る

浅尾が戻ってきても居場所がないくらい3人のセットアップが好調。
確かに岩瀬のところに入れればすんなり解決なんですががが…



@野手陣
大変よく出来ました:大島、和田
  →両名はオールスター選出。野手は正当な評価を受けてます。

よくできました:井端、荒木、谷繁、堂上剛裕
  →個人的には井端の復調が一番うれしい、谷繁はもっと休んで、剛裕のファーストは無し??

まずまずです:山崎、平田
  →シーズン前の予想よりは打ってる山崎、シーズン前の予想よりは打ってない平田

頑張りましょう:森野
  →がんばって(冷笑)
[ 2012/07/18 23:00 ] 12' シーズン | TB(0) | CM(2)

7.16広島3-0中日:今季初の兄弟スタメン 

120716 マツダ
中日 000 000 000 0
広島 030 000 00x 3
中)●中田賢-朝倉
広)○大竹-S今村


ひとたびナゴヤを出ればこうなります。

まぁ関東民からすりゃあ、むしろこっちがよく知ってる姿(笑)


先発の賢ちゃんはまたも援護に恵まれずこれで8敗目。
確かに良いピッチングはしてるのですが、先制点を与えてしまえば
敗戦投手になってしまうのは避けられない事態です。

ひどく援護がなかった5月と6月の成績を抜き出してみると、
9度の先発登板のうち8度先制点を許してます。
 ※残りの1回は初回に4点の援護@岐阜

イニング別失点の内訳は   ()内は失点数。
初回3度(1・1・1)、2回1度(1)、3回1度(1)、4回1度(2)、5回2度(1・2)


今日も上から打てる順に並べた打順。
変にカッコつけてクリーンアップで還しきれなかった走者を井端で還すことを狙って~~とか
やるよりこっちの方が分かりやすくて作戦も立てやすいと思います。

その反動で下位から始まった3,5,7,8回はどうしようもないんですけどね。
特に5回は先頭が出塁しましたが、次は7,8,9番では本当にどうしようもありません。
誰も併殺打たずに次の回を1番から始める事に必死です。

そういう意味で、6回に満を持して先頭で出塁した大島を還せなった時点でかなり苦しくなりましたね。
せっかく出塁してくれたのに、申し訳ないね。

[ 2012/07/16 23:00 ] 12' シーズン | TB(0) | CM(0)

7.15中日3-1巨人:立 ち 上 が っ た 山 崎  

120715 ナゴヤ
巨人 001 000 000 1
中日 100 020 00x 3
巨)●宮國-田原-福田
中)○吉見-H山井-S岩瀬


権藤コーチは勝負は9月とか言っておきながらも、
前回の巨人戦で吉見んを投げさせなかったことについてジョイナスじじいから文句を言われたので、
こんな時期にもかかわらず、吉見んに公式戦初の中4日をさせる必死の形相で星を取りました。

なんだこれ中学生かよ(笑)


でもまぁ吉見んはよく投げてくれました。
3回のピンチで勝ち越しを許さなかったのが大きかったですね。
たとえ主力を引っ込めたオーダーだとしても、勝ち越し点を許してしまうと
チーム全体に「あれ?控え相手に何やってんだ?おれら…」とどんどん焦りが生まれてしまって、
本来のパフォーマンスが出せないという悪循環に陥るところでしたからね。
高校野球でも、強豪校が弱小校にジャイアントキリングされる時のほとんどはこのパターンです。



土曜日の放送中、2番がいないから大島を1番に上げられないって言ってたにもかかわらず、
その翌日にあたるこの試合で1番に大島を据えてきました。
少しはマスコミを使って敵を欺く方法を覚えてきたんでしょうか。

個人的には大島、井端の1,2番コンビにはとてもココロオドリました。
変な言い方ですが、荒木がいないうちにしかできない事なので、この打順は続けてほしいですね。

山崎が決勝のタイムリー。
幻と消えた前日のヒーローインタビューが還ってきて本人もウキウキだったのでは?
まぁとりあえずは、よかったねおめでとう、と。取り急ぎお祝いまで。

[ 2012/07/15 23:00 ] 12' シーズン | TB(0) | CM(0)

7.12阪神4-1中日:マイナス10ジョイナスポイントが途中交代のライン 

120712 甲子園
中日 000 000 010 1
阪神 100 120 00x 4
中)●山本昌-朝倉-武藤-高橋聡
神)○メッセンジャー-榎田-H福原-S藤川

甲子園での3連戦は3試合で3点しか取れずにカード負け越し。

阪神側からみればこのカード始まる前まで1勝7敗(1分け)だったので、そろそろ星を整えてくるだろうし、
メッセンジャーは3連敗中で毎週ローテを守ってればそろそろ勝つ頃だし、
今季甲子園で勝ってなかったので、そろそろ勝つ時期が来たということなんでしょう。

昌さんも久しく勝ってないのですが、そもそも久しく投げてませんでした。
復帰登板で勝たせてあげるほど野手陣も甘くしません。


ご覧の通り無死満塁からの直倫の5-2-3ダブルプレーが試合を分けたポイントで、直倫はさらに2打席目も凡退し、
火曜日の周平、水曜日の山崎ばりに途中交代させられるのか?!と注目してましたが、グラブをはめてセカンドの守備位置に散って行きました。

途中交代を命じられた2人の選手はともに連続三振。
直倫は併殺と遊ゴロ。

仮に、ジョイナスじじいの中にマイナス10ジョイナスポイントで我慢できずに途中交代をさせる制度が根付いているならば、
三振はマイナス5ジョイナスポイント、併殺はマイナス7ジョイナスポイント、
内野ゴロのでの凡退はバットに当たったからマイナス2ジョイナスポイントといった所でしょうか(爆笑)
[ 2012/07/12 23:00 ] 12' シーズン | TB(0) | CM(0)

7.10阪神1-0中日:ここは甲子園 

120710 甲子園
中日 000 000 000 0
阪神 001 000 00x 1
中)●吉見-ソト
神)○スタンリッジ-H筒井-H福原-H榎田-S藤川


ブランコの抜けた一塁には森野が回り、三塁では周平がスタメンに名を連ねました。

4回の無死12塁、打者谷繁の場面で送りバントをさせなかったということは
周平に対する期待度はその程度ってことなんでしょうね。

事実、2打席連続三振に倒れた後の守備から理不尽に直倫と交代させられています。

スタメンの選手を決めるのって野手の打撃力と守備力と走力、調子や状態、相手投手との相性や
相手捕手のリードの傾向、天候やグランドコンディションなどなど…
いろんなものを総合的に考察して熟考に熟考を重ねて答えを出すものだと学んできました。
特に今日のは、チームトップの打点を挙げてたブランコの代わりとして出るわけです。


そんなスタメンを簡単に変えちゃうのって…
すべての野球選手が狙ってるスタメンってそんなに軽いものなのかな…
ただ単にペンを26回動かして『高橋』と書くだけではないと思うんだけどなぁ…


試行錯誤してると言えば聞こえはいいのかもしれませんが、
ブランコ抹消の代わりに上がってきたのがコバマサという時点で何にも悩んでないのは丸分かり。


明日の予告先発は大野。
岩田に対しては前回ナゴドで対戦した時のように鮮やかな先制攻撃をキメたいですが、果たして大野がそれまで我慢できるか。
[ 2012/07/10 23:00 ] 12' シーズン | TB(1) | CM(0)

7.06中日1x-0横浜:これがナゴヤドーム! 

120706 ナゴヤ
横浜 000 000 000 0 0
中日 000 000 000 1x 1x
横)高崎-菊地-H篠原-H加賀-●藤江
中)岩田-Hソト-○ソーサ

2試合連続12失点の後の試合でも10イニング無失点に抑えることが出来ます。
だってナゴヤドームだもの。

散々チャンスを逃しても勝つことが出来ます。
だってナゴヤドームだもの。


先発の岩田。
前回の7回1失点からさらに結果を良くする8回無失点の好投。
マートンに打たれた一発のような致命的となる不用意な一球はありませんでしたが、
打たれたヒット3本と与えた四球の1つはすべて先頭打者だったというのが次に向けての課題でしょうか。

8回まで投げてくれたのも、週初めの2試合で延べ10人の投手を
使ってしまって苦しい状況にある台所事情を助けてくれました。

9回はソトで10回はソーサ。
神宮で投げてない2人ですから、完全にこの2人が今の勝ちパターンと見てよさそうですね。
6日付けで田島が上がってきてますが、どう使っていくんでしょうか。
ソトが先発に回るのかな??


サヨナラ勝ちで一見気持ち良さそうな勝利なんですが、11残塁なんですよね。
まぁこれもナゴヤドームってことでしょうかね。
[ 2012/07/06 23:00 ] 12' シーズン | TB(1) | CM(0)

7.05ヤクルト12-3中日:いくら負けようと 

120705 神宮
中日 010 001 010 3
東京 002 413 02x 12
中)●雄太-山井-朝倉-武藤-高橋聡
ヤ)○館山-山本哲-フェルナンデス


館山×雄太という恵まれない予告先発から予想通りの試合展開。

これで関東での連敗が15だか150だか1500だか調べたくもない数字に伸びたようですが、
いくら負けようが選手を信じて最後まで応援するだけなんじゃないのかな。


また明日からナゴヤドームで勝ち続けくれるさ。
岩田がナックルで横浜打線を翻弄してくれるさ。
荒木が塁上を駆けてくれるさ。
和田さんがタイムリーを打ってくれるさ、きっと。

選手は強い。
ドラゴンズは、強いんだぞ。
[ 2012/07/05 23:00 ] 12' シーズン | TB(1) | CM(0)

7.01巨人7-5中日:首位陥落らしいです 

120701 東京ドーム
中日 000 000 230 5
巨人 030 002 20x 7
中)●山内-山井-武藤-ソト-朝倉-高橋聡
巨)田原-○福田-H西村-高木康-H山口-Sマシソン

またも序盤に崩れて3連敗です。

これでどうやら首位陥落らしいですが、
果たしてジョイナスじじいはご乱心することなくいられるのでしょうか。
落合監督に訓練されたファンはこんな時期の順位なんて何の意味もないことを知っています。


両軍合わせて12人もの投手が登板したこの試合。
これだけの数の中継ぎ投手が投げれば1人や2人、出来の悪い子が出て来るのが野球というスポーツで
その出来の悪い子がソト、朝倉vs高木で2-1の
数的不利に立たされたわけですから苦しい試合展開になります。

もっとも、ドラゴンズ側からしてみれば田原を早い回にマウンドから降ろして
中継ぎで出来の悪い子待つ作戦はミーティングで指示されてたことでしょう。

作戦通りに2回でマウンドから引きずり下ろすことに成功しましたが、
1,2番コンビのバッターボックスがあまりにも低パフォーマンスすぎました。
終盤になって両者とも途中交代を命じられてたのはこの作戦不履行の懲罰だったのかもしれません。


もう皆さん忘れてることだろうけど、2番手には山井さんが登板。
ずっと言ってる事ですが、壊れかけた試合を立て直すためのロングリリーフで使うのは山井さんの特徴を最も生かした起用法だと考えます。

この日みたいに神ピッチをすればちょっとずつ流れが来るだろうし、
仮にダイスの目がダメ山井だったとしても元々壊れてる試合だからダメージは少ないです。

この役目は別に山井さんじゃなくてもできるじゃん、と言われるかもしれませんが、
壊れかけてるマイナスの試合をフラットに戻してさらにプラスにまで持っていくためには普通の好投ではパワー不足なんです。
そこで必要なのが、あのパーフェクト未遂のような神ピッチなんです。


3,4番手には”出来の悪い子”コンビのソトと朝倉。
5番手のあきふみさん(漏れなく師弟ジョイナスリレー)は、前2人との比較と、追い上げモードに入ってた事で
1イニングを抑えただけなのにマンオブザマッチ級の評価を受けるというおいしいお仕事でした。


9回は藤井、直倫、和田さんという打順で
大学時代リーグ歴代2位の通算124安打を記録した岩瀬、
故・ハンカチ王子から3安打猛打賞を記録した巧打者・岩田、
キャンプで140m弾を放ったパワーヒッター・ソーサ、
という切り札3枚のカードをどのような順番で切っていくかが注目されましたが、
マシソンにポンポンポーンと抑えられてゲームセット。


関東で3連敗だか13連敗だが33連敗だか知りませんが、我々は選手を信じて最後まで応援するだけです。
[ 2012/07/01 23:00 ] 12' シーズン | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。