スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

6.30巨人4-2中日:電光石火の先制攻撃(を喰らう) 

120630 東京ドーム
中日 000 200 000 2
巨人 400 000 00x 4
中)●小笠原-朝倉-高橋聡
巨)○杉内-H山口-H西村-Sマシソン


初回の乱調がすべてでした。

2回以降は立ち直ってナゴド仕様に戻りましたが、
これを理由に擁護できるほど今季の成績を残してる訳でもないですし、過去の実績もありません。

小笠原自身が今までの通り、あくまでもローテの谷間でたまに投げて、
ときどきに打たれてたまに抑えるピッチャーでいたいのなら
前回登板の6回途中1失点でその立場はガッチリ固めたんですが、
もっと上の立場に立ちたいのなら内容を改善して勝ちを重ねていくしかありません。

とは言っても、
友達のように2時半に球場に着いた人や、自分のように2時半に起きた人にとっては
小笠原は抜群の内容で勝ち投手になってる訳ですが…^^;

まぁ必要以上に中継ぎを消耗させることなく投げきったことに関してはある程度の評価を上げれるんではないでしょうか?
(もっともジョイナスじじいは初回の4連打で代えようとしたらしいですが。権藤コーチが制止したようです)


2番手以降は朝倉-あきふみさんのリレー。
両者とも東京出身ではないですし、東京の学校を出てる訳でもなく、全くジョイナスしてないですが、
当ブログではこれを師弟ジョイナスリレーと名付けてジョイナスを感じようと思います。


打てないと嘆いたようですが、ヒットは出てるんですよね。
あと一本出てれば同点という場面まで作れたし、チャンテもかなり発動してましたし、
予告先発を考えればもっとフルボッコにやられるはずの試合が
それなりの形になっているのは非常に滑稽で楽しめたんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2012/06/30 23:00 ] 12' シーズン | TB(1) | CM(0)

6.29巨人2-1中日:打倒山口 

120629 東京ドーム
中日 000 010 000 1
巨人 000 200 00x 2
中)●中田賢-武藤-小林正-ソーサ-ソト
巨)○澤村-H山口-Sマシソン


阿部・坂本らを擁する強力打線に対し、
まき餌とウイニングショットのバランスを考えながら苦労してリードし、
こちらの先発投手もその高度なリードに歯を食いしばって付いていき、
打撃陣は、貧弱な戦闘力ながらも工夫して苦労して相手先発に喰らいつき、
ようやく相手先発がマウンドを降りて、『さあここからブルペン勝負!』というところで
イニング跨ぎで山口に抑えられるのは巨人が3連覇した07~09のうちの08年と09年を思い起こさせる試合展開でした。

統一球のおかげで、あのときと比べて打線に対する怖さは2割減(当社比)になっていますが、
それでもこの球場で戦うにはかなり神経を使わざる得ないのは変わらないことです。


また山口の話しに戻りますが、08,09年はこちらの切り札代打立浪を抑えられた上、
次の回の上位打線からの攻撃も完全にシャットアウトされるシーンを何度も観ました。


山口を打つ=巨人に勝つ、優勝する=巨人に勝つ。
ということは優勝するには山口を攻略しなければいけないということです。

---------------------

ここまでの話で、山口を浅尾に置換して、08,09年を10,11年に置換すれば、
巨人の側から見たドラゴンズ評ということになるでしょう。

セ・リーグの優勝争いはドラゴンズと巨人に絞られそうですが、
シーズン終盤になって浅尾か山口の崩れた方が優勝を逃す、というストーリーに終わりそうです。

不振で2軍で調整を余儀なくされてる浅尾(先日ウエスタンで登板)ですが、
今はシーズン終盤のためにグッと力を溜めていると捉えれば良いのではないのでしょうか。
助走が長いほど跳躍距離が伸びますからね。
[ 2012/06/29 23:00 ] 12' シーズン | TB(0) | CM(0)

6.28中日4-1阪神:恐怖の下位打線 

120628 ナゴヤ
阪神 000 100 000 1
中日 001 000 30x 4
神)●メッセンジャー-福原
中)○岩田-Hソーサ-S岩瀬


阪神に3タテを決めました。

岩田はマートンの一発以外は、ナックルも交えて文句なしの好投。
この日はたまたま下位打線が火を吹いて勝ち越し点を奪ってくれたおかげで勝ち投手となれましたが、
ほとんどの試合ではあの一球が命取りになることを意識して次回以降のピッチングに期待したいですね。
ナゴヤドームであればこれくらいの期待にはこたえてくれるでしょう、ナゴヤドームでは。

8回はソーサ。
1死1塁で桧山の場面でも、2死12塁で平野の場面でも左のワンポイントは使わず1イニングを任せました。
完全にセットアッパーの地位を確立した格好ですかね。
連続試合無失点は22です。


森野は7番でスタメン。
守れない、走れないの三塁手を7番で使う意味は全くないのですが、2安打と結果を残しました。

[ 2012/06/28 23:00 ] 12' シーズン | TB(0) | CM(0)

6.27中日9-4阪神:電光石火の先制攻撃 

120627 ナゴヤ
阪神 000 202 000 4
中日 402 102 00x 9
神)●岩田-鶴-渡辺-加藤-久保田
中)○雄太-小林正-H山井-ソト-武藤


前日に引き続き電光石火の先制攻撃で苦手岩田をもノックアウト。

でもまぁ無死1塁から1死1塁になるところが無死12塁になり、
無死12塁から2死3塁になるところが、2点も入って無死2塁になるんですからね。

そら先発投手が5回で降りようとも、
いくら不可解な采配があろうとも、快勝の試合展開になりますわね。


相手が左腕岩田ということで前日先制3ランの剛裕を下げて、平田がスタメン。
替わりに5番に入った井端が3安打3打点と打順入れ替えがズバリ的中しました。

うん、まぁ基本的に他にはこれと言って特にない快勝(笑)
あ、ナゴヤドーム10連勝だそうです。

[ 2012/06/27 23:00 ] 12' シーズン | TB(0) | CM(0)

6.26中日3-1阪神:阪神-巨人と続くわりかし正念場っぽい6連戦のスタートです(すごくあいまい) 

120626 ナゴヤ
阪神 000 000 010 1
中日 300 000 00x 3
神)●スタンリッジ-渡辺-久保田-加藤
中)○吉見-S岩瀬


阪神-巨人と続くわりかし正念場っぽい6連戦のスタートです(すごくあいまい)


ナゴドで吉見んならそら相手がヤクルトではない限り勝つわな、という言葉を体現した試合。
出来自体はあまり良くなかった(?)ように思えましたが、
それでも8回を散発4安打、1四球でまとめて5勝目。
登板7試合で5勝2敗と、すべてで責任投手になってるのはエースらしい良い傾向ですね。

明日の先発は雄太。
相手は中日キラーの岩田で、阪神側から見れば今日の吉見んvsスタンリッジ並みの”安パイ試合”と考えて挑んでくるでしょうが、
明日も、今日の試合みたいに立ちあがりを綺麗にたたくことが出来るでしょうか?
いや、綺麗でなくてもいいから、せめていつもよく見てるような雑な攻撃にならないでもらえるでしょうか?


内容だけでいえば、おそらく今オフのサンドラあたりで放送されるであろう
『今季のベストゲーム5選』にノミネートされてもおかしくない試合だったんですが、
どうも満足度が低いのはなぜでしょうか…

ナゴドの顧客満足度は高いのかな?
でも個人的には、、なんだかなぁ…
ソー様の連続無失点記録が伸びなかったからかな(笑)

[ 2012/06/26 23:00 ] 12' シーズン | TB(0) | CM(0)

6.24中日5-4広島:金沢でジョイナス? 

120624 金沢
広島 000 400 000 4
中日 211 010 00x 5
広)●バリントン-今井
中)山内-○ソーサ-Hソト-H山井-S岩瀬


北陸シリーズ2戦目は金沢での試合。
序盤に着々と加点して楽勝モードが一転、地方球場クオリティーで結局は冷や冷やの勝利でした。

山内だけを責めても仕方ないんですが、慣れない地方球場のマウンドってこともあったかもしれません。
3回2/3はもちろん今季最短でのノックアウトで、自身最短タイ。
ハマスタで爆発炎上して試合中に新幹線で帰名させられたあの試合以来でしょうか。


お決まりの山内の与四球数のコーナー、ですが、
今日もなんとゼロ!
まぁこれだけ打たれちゃあいくら与四球ゼロでも意味ないのですが、
4回に打たれた7安打のうちの1つでも野手の正面に飛んでいたり、ファインプレイがあったり、
打ち損じがあったりしたらこんな大怪我をせずにチェンジになっていたわけですから、
これに限っては運が悪かったと前向きにとらえておきましょう。


2番手のソー様は慣れないマウンドながら2回と1/3をパーフェクトリリーフ。
ソー様ほどの投手になると初めてのマウンドとか気にしないんでしょうね。
連続無失点記録が20の大台に乗った(この日で21試合)プレゼントとして2勝目をゲットしました。


3番手はソト。
左左右、左右左右と並ぶ打順でしたが、ソトが2イニング目まで続投。
それこそ間にあきふみさん(富山・高岡一高出身)なり西川(金沢市出身)なりを挟めばジョイナスできたんですが、
この2人の投手にはまだそこまでの信頼がないということでしょう。

ものすごいペースでセーブを重ねる岩瀬はチーム33勝のうち23勝を締めています。
[ 2012/06/24 22:00 ] 12' シーズン | TB(1) | CM(0)

6.23中日1-3広島:富山でジョイナス! 

120623 富山
広島 001 200 000 3
中日 000 001 000 1
広)○前田健-H梅津-H菊地原-S今村
中)●中田賢-高橋聡-山井-小林正-朝倉-西川


北陸シリーズの富山戦。
われらがあきふみさんの故郷である富山での久々の試合。

試合の流れを見ながら登板機会があればぜひ、というくらいの考えでしたが、
まさか賢ちゃんを早々と降ろして2番手で5回から投げさせるとは…

強引なジョイナスをブッ込んできました。


ドラ2ルーキーの西川(石川県金沢市出身・星稜高校卒)も合わせた2人のジョイナス登板だけが
目当てだった試合でそれ以上でもそれ以下もありません。

他では朝倉がようやくまともなピッチングをしたくらいでしょうか。
まぁ基本、打てなきゃ勝てないってことです。

[ 2012/06/23 23:00 ] 12' シーズン | TB(1) | CM(0)

6.16オリックス2-4中日:ソー様初白星 

120616 京セラ
中日 100 000 010 02 4
檻牛 200 000 000 00 0
中)山内-ソト-○ソーサ-S岩瀬
オ)金子-平野-岸田-●中山-小松


先発は山内。
交流戦はずーっと土曜日の登板。

石井、ウルフ、成瀬、塩見、金子千尋といった面々を相手に3勝1敗という堂々のサタデーマウンドでした。

論外の出来だったマリンに匹敵するくらい、ブルペンでは状態の悪かったらしいです。
山内に関して前から着目していた与四球。
過去の登板では多くても1つまでしか出してませんでしたが、この日は1回だけで2つ。

せっかくの援護をすぐに吐き出すかなり苦しい立ち上がりとなり、どうなることやらと
先が思いやられましたが、徐々に修正していき、最終的には7回を初回の2失点のみにまとめました。
注目の与四球も、2回以降はありませんでした。


8回からはソト。
直前の攻撃でブランコの、ある意味、ラッキーパンチなホームランで同点に追いついていますが、
1点ビハインドだから用意させていたソトを同点になってもそのまま行かせたのか、
それとも、武藤あたりを用意していたけど同点になったからソトを選んだのか。

追いついた後は自慢の中継ぎ勝負で相手中継ぎがこけるのを待つという
ナゴヤドームお得意の戦いに持ち込むことができました。
9回10回を黙らせたソーサのピッチングはお見事でしたね。
連続無失点記録は20まで伸び、お土産に初白星を持って帰りました。


明日は復帰の吉見んで有終の美を飾れるか。
[ 2012/06/16 23:00 ] 12' 交流戦 | TB(0) | CM(0)

6.14ソフトバンク8-0中日:【保存版】ヤフードーム11連敗のすべて 

120614 ヤフードーム
中日 000 000 000 0
福岡 330 000 20x 8
中)●雄太-武藤-ソト-西川-高橋聡-朝倉
ソ)○大隣


  
■現行の2連戦制になってからの@ヤフードーム成績

2007年6月02日 ソフトバンク● 3-4 ○中日 川上-岡本-岩瀬の必勝リレー。森野2ラン、2番DH立浪(!)
2007年6月03日 ソフトバンク○ 4-1 ●中日 賢ちゃんが苦手小久保にドデカイグラスラをぶち込まれる
2008年6月11日 ソフトバンク○ 5-2 ●中日 イケメンソ3-3、デラロサ2打点
2008年6月12日 ソフトバンク○ 2-3 ●中日 北京五輪野球開始前夜
2009年5月30日 ソフトバンク○ 9-5 ●中日 この年からデラロサがデ ラ ロサ表記に
2009年5月31日 ソフトバンク○ 5x-4 ●中日 川崎の「チェストーーー!」忘れもしない、ウザ過ぎて
2010年5月29日 ソフトバンク○ 4-2 ●中日 ペタジーニが懐かしいと思った(適当)
2010年5月30日 ソフトバンク○ 6x-5 ●中日 セサル、明太子ポテチで大ハッスル
2011年5月31日 ソフトバンク○ 1-0 ●中日 なにもありませn
2011年6月01日 ソフトバンク○ 6-0 ●中日 とくになし
 ※この年の日本シリーズでは3勝1敗
2012年6月13日 ソフトバンク○ 1-0 ●中日 はい。。
2012年6月14日 ソフトバンク○ 8-0 ●中日 おお、もう…




こ、これは…('A`)

神宮ヘビーユーザーの関東レフドラ民でさえ同情するレベル

[ 2012/06/14 23:00 ] 12' 交流戦 | TB(1) | CM(2)

6.13ソフトバンク1-0中日:(゚∀゚)!! 

120613 ヤフードーム
中日 000 000 000 0
福岡 100 000 00x 1
中)●中田賢
福)○新垣-H岡島-H柳瀬-H岩嵜-S森福




キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



セ・リーグ公示(13日)
 【出場選手登録】
 ▽中日 高橋聡文投手、ソト投手、西川健太郎投手
 ▽ヤクルト 平井諒投手
 ▽広島 会沢翼捕手
 【同抹消】
 ▽広島 ニック外野手


あきふ~1

あきふみさん登録キタアアアアアアアア━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!


てっきり23日の地元・富山での試合に合わせてジョイナス昇格してくるものかと思いきや、ここで上がってきました。
そういやあきふみさんの嫁は福岡在住の方でしたね。
こういうジョイナスもあるのか(こじ付けが無理矢理すぎる)



なお試合は(ry

[ 2012/06/13 22:00 ] 12' 交流戦 | TB(1) | CM(0)

8.11中日1x-0日ハム:恥ずかしながら今季初勝利 

120611 ナゴヤ
日公 000 000 000 00 0
中日 000 000 000 01x 1x
日)多田野-H宮西-H森内-H増井-●武田久
中)岩田-H山井-Hソーサ-○武藤


イワタマが持ち前の動くボールの長所をさらに伸ばした横揺れナックルも交えて7回無失点の好投。

小笠原でも昨日のようなピッチングにさせてしまうナゴドなので、
正直イワタマが今日のピッチングをしても別段驚くほどのことではありません。
(期待度が高いのでこれくらいはやってくれないと困るってのも相まって)

でも、今に始まった事ではありませんが、
魔空間ナゴドの威力を相手チーム側に発揮させてしまってるのは大問題。

ブルペン陣の質が悪いチームと戦うときは圧倒的なアドバンテージとなるのですが、
日本ハムや去年のソフトバンクのようなドラゴンズにも劣らないレベルのブルペン陣を持ち合わせているチームに対しては、苦しい戦いになります。
おそらく今年の巨人に対しても苦しい戦いになるでしょうね…

この日はたまたま武田久に朝倉の魂が乗り移ったことで勝ちが転がり込んできました。


9回の山井さんはものすごく危なっかしいピッチング。
コントロールが定まない状態で1死満塁・スレッジという絶体絶命から起死回生のセカンドゴロダブルプレー!
もう最後はど真ん中に投げて後はボールに聞いてくれ状態でした。
でもあれしかないとおもいます。
押し出しなら何もできずに1点上げちゃうことになる一方、
ストライクが入れば打ち損じてくれるかもしれないし、
バットに当たってくれれば打球が正面に飛んでくれるかもしれないし、野手がファインプレーで助けてくれるかもしれないですからね。

どんなバッターでも所詮は3割ちょっとしか打てないわけですから、投手が7割がた勝つんです。


さてさてこれで今季観戦初勝利。
あれ?ナゴド行ってきたの?と思った方。違います。
テレビ観戦で初勝利なんです。

元々観戦数がめっきり減ってしまったこともあるんですが、
勝率6割を超えるチームを応援していて6月中旬でようやく初勝利。
信じられないですね~

今季観戦成績 
テレビ:1勝5敗3分け 
現地:0勝1敗0分け
[ 2012/06/11 23:00 ] 12' 交流戦 | TB(1) | CM(0)

6.10中日1-1日本ハム:武田久からタイムリー打つにはのりさんが必要  

120610 ナゴヤ
日公 000 000 100 1
中日 000 000 001 1
日)武田勝-森内-H宮西-H増井-武田久
中)小笠原-山井-小林正-ソーサ



緊迫した場面で対武田久となると、07日本シリーズのこの場面(3:03~)しか思い浮かばないわけです。



あとにも先にも野球を観ててリアルタイムで泣いたのはこの試合だけ。
今見てもウルウル来ますね。

さてさて、現実の試合はというと、
武田勝vs小笠原という元祖無援護投手のマッチアップは期待に違わぬゼロ行進となり、
結果的には今季早くも10度目となる引き分け。

終盤になって塁上を走者が賑わす面白い試合でしたが、根本的にあと一本出ないんですよね。


小笠原は6回と1/3を投げて8奪三振の1失点。
マリンであれだけボロボロだったのがナゴドでは豹変しちゃうわけですから、
ナゴドもつくづく魔空間だよなぁ…と思いますw
明日の岩田はどうなるでしょうか。

継投は山井さん-コバマサ-ソーサ。
8回の糸井を迎えた場面はコバマサを使いたいところだったでしょうが、
じっと我慢して山井さん続投。
コバマサは次の回の先頭の田中賢介に対してでした。
こういう場面で相手を考えさせられる分、ジグザグ打線は便利だなぁとは思います。
主力級の左打者が大島しかいないドラゴンズから見ればなおさらねw

ソーサの連続試合無失点は18に。



1点ビハインドの無死1塁から強行策に出るジョイナス采配と
1点リード1死満塁からゲッツー狙いのシフトを取る栗山采配の対決は
ゲッツー崩れで文字通りの引き分けでした。
新監督同士の意図がぶつかり合って見ごたえのある9回の攻防でしたね。

ショート中島の捕ってから投げるまでが、ほんの一瞬、遅かった分命拾いした格好となりましたが、
金子誠のままだったらどうなっていたことか…
[ 2012/06/10 23:00 ] 12' 交流戦 | TB(1) | CM(0)

6.09中日2-1楽天:そろそろしんどいけど 

120609 ナゴヤ
楽天 010 000 000 1
中日 100 001 00x 2
楽)●塩見
中)○山内-H田島-Hソーサ-S岩瀬


先発は山内。

気温も上がってきだすころでこれまでの大車輪の活躍と合わせてちょうど疲れが出てくる頃でしょうか。
ヒロインで和田さんにヘロヘロ球とまで揶揄されてしまうほどの出来の悪さでした。

藤井の好判断のおかげもありますが、その後の4-6回を粘って投げ切ったことで
結果的には6勝目が転がり込んできました。
ちなみにあれだけ悪くても四球は0です。
前回のノックアウトされたロッテ戦でも言いましたが、この点が成長してるポイントでしょう。

正直、一度ローテを飛ばすくらいの軽いリフレッシュをさせてあげたいし、
ここいらで憲伸とネルソンが復帰してきて、
そろそろバテてくるであろう山内と昌さんの替わりに入るというのが自分のシーズン展望だったわけですが、
吉見んを欠くいま、現状エースの山内を飛ばす余裕がありません。

現に明日の先発は前回「先発させない方がよかった」とまで言われた小笠原ですし。


7回からの継投は細かいワンポイントを挟むことなく分かりやすい一人一イニング。
ソーサは田島の後・岩瀬の前に持ってきました。
これで17試合連続無失点。



左をとにかく打てない森野をスタメンから外しました。代打での起用もなし。
ついでに平田りんもスタメン落ちで6番以降が藤井-谷繁-直倫-投手という絶望的なオーダーでしたが、
1~4番だけでうまいこと点を取りました。
めでたしめでたし。

[ 2012/06/09 23:00 ] 12' 交流戦 | TB(1) | CM(0)

6.08中日3x-2楽天:逆転サヨナラホームラン 

120608 ナゴヤドーム
楽天 000 100 010 2
中日 010 000 002x 3x
楽)ヒメネス-Hラズナー-●青山
中)雄太-ソーサ-田島-小林正-○山井


地の利が全くない関東で喫した4連敗を止めたのは、地の利を十二分に生かしたサヨナラ勝ちでした。

同点からのサヨナラホームランって結構ありますが、
逆転サヨナラホームランって最近本当に見ませんよね。

実況とかがよく言う「一発打たれたら逆転負けですよ」っていう言葉。
自分ら見てる側は対して大きな意味も無くとらえてるけど、実際投げる投手からするとかなり意識してるんでしょうね。

青山はラズナーの代わりの急造の守護神。
球が速くて、三振が取れるから守護神に抜擢されたんでしょうが、経験不足が露呈した形でしょうか。
5月に6試合連続セーブを達成したとは言ってもね。

オリックスの岸田なんかも同じですね。
彼はよくサヨナラホームラン打たれてるイメージあります。
交流戦だけでみても今年の森野にすら打たれてるし、去年は小池さんに打たれてますしね。


その点、うちの守護神は球は速くないし、三振もそんなに取れないけど、
経験はどこのだれにも絶対に負けない。
ドラゴンズがサヨナラ勝ちするたびに、逆を返してドラゴンズのブルペン陣の充実ぶりを噛み締めてます。
[ 2012/06/08 23:00 ] 12' 交流戦 | TB(0) | CM(0)

6.05西武7-4中日:関東で2勝9敗3分け 

120605 西武D
中日 100 000 021 4
西武 102 300 10x 7
中)●岩田-武藤-久本-朝倉
西)○岸-長田-ウィリアムス


1試合で井端を6番に戻し、2番に大島を据え、
森野を7番に下げて3番に剛裕を起用と、大きく打順を入れ替えてきました。


初回から大島送りバント失敗→剛裕凡退のあと、
和田さんのタイムリーで打順入れ替えは全く功を奏さないながらも幸先良く先制しましたが、
その裏にイワタマがその先制点を吐き出すとあとはボコボコと打たれて敗戦。

印象論で非常に申し訳ないのですが、
今季は先制しても簡単に逆転される試合が多いように思います。
去年は先制したら絶対と言って良いくらい勝ってた気がするのですが…ナゴドに限った話かな?(※これも印象論)


岸に相性のいいブランコ(通算9-4 3HR)がチャンスで凡退したところでだいぶ苦しくなりました。
でもチームとしては岸は苦手(0勝4敗)なんですけどね。。。



試合後の監督コメント
▼「昨日、一昨日と今日投げたピッチャーはチームが苦しいときに投げさせてるけど、結果だけ見ると(本当に)投げさせないといかんのかなと思う」

じゃあテメーの権限で投げさせなきゃいいだけだろ?
仮に権藤さんに投手起用のすべてを任せてるんなら、こんなことは死んでも言っちゃいけないことだぞ。


[ 2012/06/05 23:44 ] 12' 交流戦 | TB(0) | CM(0)

6.03ロッテ2-5中日:当首脳陣は試合内容の責任を一切負いません 

120603 マリン
中日 020 000 000 2
千葉 130 000 01x 5
中)●小笠原-山井-武藤-小林正
ロ)○唐川-H大谷-H内-H益田-S薮田


小笠原は千葉出身だからマリンで先発させました。
なお、試合の勝敗に関しては当首脳陣は一切の責任を負いません。

というだけの試合。


おそらく、初登板を終えたときにこの日の先発を告げられたのだと思いますが、
そこから中6日の調整をしてきたにもかかわらず、1回と1/3もよく持った方、というくらいの
出来だったわけですから、これでは使った首脳陣に問題があるとしか言いようがありません。

2番手は山井さん。
前回のソフトバンク戦での先発した試合と同じ5回と2/3を食うロングリリーフ。

リアルタイムでは観ることができなかったのでわかりませんが、
山井さんが長いイニングを0に抑え続けている間、試合のな流れはドラゴンズに傾いていたと思います。
自分が山井さん中継ぎ論を推すのはまさにこれが最大の理由で、
この日の試合では(フラフラながら)唐川の粘りと大谷のストレートの前に逆転はできませんでしたが、
もし状態の悪い投手が相手なら面白い試合になっていかもしれません。

このように試合を面白くしていれば、それは紛れもなく山井さんの好投から始まったものです。
だから自分は山井さんの中継ぎ論を推しているのです。

仮に、ここで悪い山井さんが出てしまったとしても、所詮、序盤に失点した苦しい試合で
もともと敗戦が濃厚なわけですから、痛くもかゆくもありません。

先発時に悪い山井さんが出てしまうと、初回0-0の勝利確率50%・敗戦確率50%の状況から
負けることになり、これではなかなか連勝もできません。


振り返ってみればフラフラの状態だった唐川に対して初回に強行してゲッツー喰らったのが痛かったのですが、
ここで簡単に送ってしまえば、せっかく井端を2番に据えた意味が薄れてしまいます。

5回のようなアライバ連打が出ていれば理想的だったのですが、
バットに当たったボールがヒットゾーンに飛ぶか飛ばないかは運の問題が大きいので仕方ないことですし、
それよりも何よりも後続の森野と和田さんで点が取れなかったので、責められるべきはこちらでしょう。

[ 2012/06/03 23:00 ] 12' 交流戦 | TB(1) | CM(0)

6.02ロッテ9-0中日:交流戦折り返し 

120602 マリン
中日 000 000 000 0
千葉 301 010 13x 9
中)●山内-久本-朝倉
ロ)○成瀬


交流戦折り返しはマリンでのロッテ戦。
交流戦唯一の関東遠征です。

日程が発表された時点では観に行こうかなぁ…と考えてましたが、
NHKBSで放送があると知ってテレビ観戦に切り替えました。

典型的な根暗脳ですねw


西武ドームはどうしましょうか。
父がライオンズファンクラブに入ってるので先行受け付けに応募出来たんですが、気付いたら期間終わってて、
一般受け付けでフィールドビューシート空きになってても『明日でいいか』『明日でいいや』の
積み重ねでいつの間にか売り切れ。

で、今必死になってチケットショップサイトでF5連打してるところ。
でも火曜4限と水曜3限の授業はサボりたくないんだよなぁ…
難しいところです。。。



ここまで1イニングに2失点すらなかった山内が初回だけで3失点。
杉内を追って最多勝レースに食い下がってきましたが、いったん小休憩を挟みました。

振り返ってみると初回の井口への四球が勿体なかったですね。
でも、これだけ打たれても四球は1つだけだったわけですから、その点ではある程度の評価は与えられるのかもしれません。

細かく分類すれば違うかもしれませんが、ざっくりと分ければ同じ部類に入る成瀬との投げ合いで、
学べるべき点が1つや2つ、いや、5つ以上あったはずです。
今までの頑張りを考えればただ一度の炎上でどやかく言うことは無いですから、
今回の試合は山内への投資とみなせば安いものです。



2番手には5月5日以来、中27日(!)で久本祐ちゃん。
投げさせる場面がないと散々に引き延ばされてようやく巡ってきた登板機会は大量点差の負け試合。
おまえはこういう場面でしか用無しなんだよ、って言ってるようで悲しいですね(つд`)

ていうか、今日の登板で3試合目だったの!?
5月5日より前に1回投げて、5日の炎上と、今日。たったこれだけなのかぁ…


3番手は朝倉。
山内の炎上も、久本祐ちゃんの被弾も、打線の低調っぷりも、
すべてを忘れさせてくれる大炎上でスケープゴートになってもらいました。


打って投げてひどい試合だったけど、
四球連発も無かったし、押し出しも無かったし、呆れてしまうようなエラーも無かったし(大島のエラーは記録員が辛口)
まだ観れてられる試合だった、というのは訓練されすぎですか??


最後は一塁~ライトスタンドで大盛り上がりの西村ダンス。
ガッツ坂井はこういうのを目指してVダンスを始めたらしいですが、どうですか、あなたの思い通りに浸透してますか?
[ 2012/06/02 16:00 ] 12' 交流戦 | TB(1) | CM(0)

2枚目のラッキーカードと2枚目のサインパラ 

lucky card
2枚目のラッキーカードキタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!

第2弾からはラッキーカードが廃止されてるので、
ラッキーカード引き換えでもらえる第1弾のレッドサインはめちゃめちゃ価値が高まりますね。

今度は誰のをもらいましょうか。
高まってる価値をさらに高めるなら、中島と斎藤祐樹。
単純に欲しい選手なら金子千尋と筒香ですね。

あえてのもう1回荒木&平田ってのもありかもしれません。


sign2.jpg

ツイてる時は続くもんです。
スターカード当てるコツは?って聞かれれば、
そんなものは無いと前置きをしたうえで「少しでも良いのが当たってる時にガツガツ買いに行く」って答えますね。

まだ棚にチップス8袋余ってるし…とか気にしちゃいけません。。。。
[ 2012/06/01 23:00 ] 野球カード | TB(1) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。