スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バッテリーと野手の共通理解 

110731 マツダ
中日 000 000 001 00 1
広島 100 000 000 01x 2x
中)山内-小林-浅尾-H岩瀬-●鈴木-河原
広)ジオ-H今村-サファテ-○岸本


先発から浅尾の間の中継ぎ投手の選択に大きな疑問があり、
それが原因で失点を重ねたり、浅尾に余計な負担がかかっていたりしていたここ最近の戦い。

この日は、『8回裏、1点ビハインド』という状況で、先発山内と中継ぎエース浅尾の間にコバマサを選択しました。

「お、ここ最近の失敗を踏まえて今日はいい選択したじゃん」なんていう上から目線でのんきなことを思っていたら、
『8回裏、1点ビハインド』よりもはるかに荷の重い『11回裏、1死満塁』でコバマサの力が必要になってしまいました。。。

代打嶋にコバマサをぶつけても代打の代打で井生が出てきたでしょうが、
今年のコバマサは左投手vs右打者の対決になったくらいではそうそう信頼度は落ちません。
ちなみにこの日は左の松本に対するワンポイントのみの登板。ネクストは石原、そのつぎは天谷でした。
石原クラス(失礼w)の右打者なら続投させてあげてよ。
そろそろ次のステップに進めてあげてもいいんじゃないの?



試合時間が2時間20分くらいになったところで延長10回裏の守備へ。
個人的には、10分以上かけてゼロに抑えて、引き分けになっても十分満足でした。

しかし、岩瀬-谷繁のバッテリーは卑怯な手は使わずベストを尽くして10分以内で抑えて
11回の攻撃に一縷の望みをつなぎました。
これぞプロフェッショナルの心意気だと思います。

それなのに、11回表の気のない攻撃は一体なんなのだろうか。
四球を望んでいるのにボール先行から打つ、甘い球を打ち損じる、ボール球に手を出す…悪い見本のオンパレード。

バッテリー陣と野手陣で共通理解がなされていないなんてありえない。
スポンサーサイト
[ 2011/07/31 23:00 ] 11' シーズン | TB(0) | CM(0)

ドラゴンズになくてカープにあるもの 

110730 マツダ
中日 000 000 000 0
広島 030 000 00x 3
中)●伊藤-鈴木
広)○篠田-Sサファテ


先発は伊藤準規。
123球を費やして7回を投げました。投げ切りました。

打たれに打たれて11本ものヒットを浴びましたが、それでも粘り強く、我慢強く、マウンドを守り抜きました。
試合をリアルタイムで見ることが出来なくて、『準規が被安打11』ときいてまず真っ先に
「おいおいまた小山か?」と思いましたが、小田がマスクをかぶった4回までに9安打、小山がマスクをかぶった5,6,7回は2安打だったんですね(うち2イニングが三者凡退)


ドラゴンズになくて、カープにあるもの。
それは機動力。

機動力だけの野球じゃあペナントで好成績を収めることが出来ないということは十分承知していますが、
1試合単位でみると機動力が非常に有効なのは認めざるを得ません。

この試合なんてまさにその典型で、二盗・三盗を決めた赤松が試合の流れを乗せて走り回ったような。
いや、各ベースに落ちてた”試合の流れ”を走って奪いに行ったと言ったほうが適切かな。
どうせエラー出塁のランナーだから、思い切って走れたというのもあるかもね。



打つ方は篠田に手も足も出ず。
左の篠田ということでスタメンに起用された小池さんにチャンスで回ってくるという巡り合わせがありましたが、セカンドゴロで残念。

日程をチラッと確認したところ、8月~9月前半の週末は広島と横浜ばかり。
昨日撃破したとはいえバリントン、零封された篠田、この2人と何回も対戦するんですよねぇ…
広島のローテが(いまのところ)5人体制なので確定ではありませんが…

[ 2011/07/30 23:00 ] 11' シーズン | TB(0) | CM(0)

救世主ソト 

110728 甲子園
中日 000 001 001 2
阪神 000 000 000 0
中)○ソト-H河原-小林-H浅尾-S岩瀬
神)●岩田-渡辺-加藤-福原


( ゚∀゚)o彡°ソト!ソト!
( ゚∀゚)o彡°ソト!ソト!
( ゚∀゚)o彡°ソト!ソト!

初回以外は毎回ヒットを打たれるも、粘り強く、辛抱強く、我慢強く。
丁寧に、冷静に。投げてくれたソトの頑張りに感謝。

7回まで投げてくれれば120点でしたが、それを差し引いても100点以上のピッチング。
捕手が小田だったってことも少なからず関係してるのかな?


リリーフ陣は7回ですよね。魔の7回。
浅尾を温存しようとしたものの、ピンチの場面で投げさせざるを得なくなり、
結局2イニング投げさせるよりも精神的に苦しくしてしまいました。

温存(2イニングは投げさせないように)しようと決めたなら、あの場面はすーさんで良かったのでは?
そのために今日登録したんでしょうよ。



1番平田、2番荒木、3番佐伯の新打線は、一応、機能しました。

相手がどんなタイプであろうと、自分のバッティングスタイルを崩すことなく対峙できる今季の平田を
1番に据えることで少しは風通しが良くなりそう。
先頭打者本塁打ってのもあるかもしれない。


今日昇格の直倫は3タコ。
でもスイングは悪くなかったと思います。
井端が抹消されたので少なくとも10日分は試合に出してもらえる。
その中で何とか自分のバッティングを見つけて欲しいですね。調べたところによるとどうやらただいま絶賛打撃フォーム改造中らしいですが…


[ 2011/07/28 23:00 ] 11' シーズン | TB(0) | CM(0)

雑な野球 

110727 甲子園
中日 100 000 000 1
阪神 100 440 00x 9
中)●チェン-久本-武藤
神)○スタンリッジ


完敗。
なす術も無く完敗。

エラー、フィルダースチョイス、ワイルドピッチ…
ミスのオンパレード。



勝てないときこそ、1球に集中して、細かいチームプレイやサインプレイから徹底していかないといけないのに…
守って、投げて、打って、どの面でも雑な野球をしています。
過去のイメージだけで語ってる解説者がよく言うドラゴンズらしくない野球が続いてます。

残る面は”走る”ですが、それができるのは今いるメンバーでは荒木のみ。
しかし、現状、荒木はそれが出来てない。

じゃあ誰だ?でパッと名前が上がるのが大島とプリンス岩崎くらいしかいないしなぁ…。

アライバの後継を、獲っては捨て獲っては捨てを繰り返してきて解決策がコンバートのツケが回ってきた感じかな。

プリンスじゃない方の岩崎は痛恨のエラー。
2,3塁で3塁走者が突っ込んで来る打球をエラー。これって神宮でも見たね。




◆落合監督
「経験を積み重ねていくしかない。みんな若いのに野球の体力がない。
それも経験なんだろう、ベテランでも体力のある人はいる。
試合に使い続けて体力をつけるのも方法だが、
結果が伴わないと出続けられる世界でもない、だから競争させる。」


試合後のコメントは以上のとおり。


ベテランは結果残してなくても使うよ若手は結果残さないとダメだけどね、ってことかな。
そして若手は結果残しても経験ないからダメという無限地獄w

[ 2011/07/27 23:00 ] 11' シーズン | TB(0) | CM(0)

3位転落 

110726 甲子園
中日 001 110 000 3
阪神 100 020 02x 5
中)●ネルソン-三瀬-河原
神)能見-H渡辺-H榎田-○小林宏-S藤川


後半戦は黒星スタートで3位転落。

3回2アウトから、平田も森野の連打で同点(しかもいい当たりではないヒットで)に追いつき、
5回2アウトからは「一発が欲しいなぁ」ってときに一発が出て、
この回(5回オモテ)が終わったところではネルソンが直近の3イニングをパーフェクトに抑えていて…
運よく(?)能見に打順が回って来たところでは真由美ちゃんは、能見を交代させるという決断をしてくれて…

”勝ち試合、鬼の如し”とまでは言えないかも知れないけど、
それに近いくらいの運と流れを持ったまま試合を支配していて、


だけど、森田に浴びたホームラン。
この1球で全ての運と流れが相手に渡ってしまいましたね。
運と流れは目では見えないし、音でも聞こえないし、触って感触のあるものではないけど、
今日の試合だけは運と流れが全て無くなったのが分かりました。


榎田の乱調でチャンスが巡ってくるも和田さんの当たりは新井のファインプレー、次の打者はグスマン。
ここまで3打席丁寧に抑えていたマートンに4打席目にヒットを打たれる。これが運悪く先頭バッターでした。


確かに、運と流れは人の力でどうこう出来る物ではないけど、
それ以外の部分では何とかできる箇所はある。

グスマンを使わない、とか。イニングを任せる意思で打席に立たせたのにピンチで代えちゃう、とかね。







[ 2011/07/26 23:00 ] 11' シーズン | TB(0) | CM(0)

7月13日 ヤクルト×中日@神宮レポ 

レポートと言うほどのものではないけどw

神宮 (21)

神宮 (9)

神宮 (4)
準規、イワタマ、ムトゥーくん。+チャラ内、大野、山本昌で10年後のローテも安泰や!!



神宮 (18)

神宮 (19)

撤収中、打球が飛んできて「わぁああーーーっ」ってなる二人。

神宮 (34)

その打球を準規がキャッチ。      という後付けストーリー


神宮 (37)

寝るソン、ネル。
前日の試合で4回70球5失点で負け投手になってます。



神宮 (39)

神宮 (40)

みやもとさんのひもつをはこぶつばくろう。


神宮 (44)

リアル誰?カラスコ。
先発予想は館山。押本、松岡、バーネット、イムと主要中継ぎも右投手なのに右打席でしか打撃練習してなかったカラスコ。
準備不足とかお話にならない。

というか実戦で左打席に立つまで両打ちって事知らなかった。



神宮 (54)
神宮 (56)
セカンドに荒木・水田。ショートに井端・達郎という試合前ノック。
サードにいるクロンボはカラスコ。


神宮 (117)

神宮 (118) 神宮 (120)

神宮 (121) 神宮 (122)

神宮 (123) 神宮 (124)

みなさんお待たせの浅尾きゅん。
といっても、練習中のイケメン姿をバシャバシャ撮るほどミーハーではないので後姿の写真しかありませんが。


【超貴重!!】カラスコ写真館

神宮 (78)

神宮 (76)

イニング間のゴロ捕で荒木からの送球をポロリ。
荒木をにらむww

神宮 (79)

神宮 (107)
守備機会(ショート達郎からの送球)を華麗にこなしてドヤ顔で帰還。

神宮 (127)
からぶり1
神宮 (129)
からぶり2

後ろの大島は呆れ顔



神宮 (139)

試合はサヨナラ負け。
現地でサヨナラ試合を観たのは初でした。
ちなみになぜライトスタンドなのかというと、チケズル(チケットをくれる友達)がヤクルトファンだからです。

[ 2011/07/25 23:00 ] 11' 観戦 | TB(0) | CM(0)

フィールドを彩る6色のユニホーム 

110722 ナゴヤ
パ・リーグ 111 000 100 4
セ・リーグ 000 180 00x 9
パ)寺原-●武田勝-斎藤-森福-岸田
セ)岩瀬-江尻-榎田-久保-○山口-サファテ-イム-浅尾-藤川


試合前からこんなに楽しみだったオールスターは久しぶり。
ホールドマニア、継投マニアの自分にとってはセットアッパー&守護神9人リレーは垂涎ものです(*´д`*)

落合監督ありがとう。
また来年も、これから先も何回もこの光景が見たい。そのためには優勝しなきゃいけない。
優勝したい、優勝しよう。


敵に回すと怖くて怖くて仕方がないヤクルト勢は、味方にするととても頼りになる屈強な選手たちでした。

優勝するためにはこいつらを倒さなきゃならんのか…
面白い、敵に不足なし、だ。



パ・リーグは糸井・坂口の7番8番コンビが3安打と2安打。
糸井の身体能力の高さと大舞台でも物怖じしない宇宙人力は当然皆知ってるものとして、
坂口がいい活躍してましたねー。
意外にも初のオールスターでしたが、ベンチいれば仲間のヒットに大はしゃぎし、
イムからタイムリー打ったときはモノスッゴイ笑顔でレガースをボールボーイに渡してました。

坂口を知らないアホ実況は「ここ数年で成長した~」と紹介してたけど、彼は”ここ数年でようやく光が当たってきた”選手。
1打席目のヒットの時も、3打席目のタイムリーの時も、
放送席はプレイヤーゲストとの談笑に熱中してて坂口にはあまり触れずじまい。
プレイヤーゲストを呼ぶのは悪いとは言わないけど、
どうせ呼ぶなら今試合に出てる選手の性格なり、対戦してみての感想なり、選手間同士にしかわからないことを聞き出すべきではないのか?

[ 2011/07/22 23:00 ] 11' シーズン | TB(0) | CM(0)

HARD OFF ECOスタジアム新潟の思い出1 

110719 新潟
中日 000 000 100 1 
巨人 000 002 00x 2
中)●ネルソン-河原
巨)○内海-H久保-S東野


HARD OFF ECO 034
(画像は一昨年のもの)
HARD OFF ECOスタジアムの思い出その1

帰りの電車。新潟駅22:45発のムーンライトえちごの切符を持っていました。
「もし試合が延長戦になったり、乱打戦になったりしたら最後まで観れないかもなwHAHAHAw」なんて
のんきなことを思ってたら、試合は0-2(スミ2)、ヒットも中日2本、横浜4本という恐ろしいサクサク試合で新潟駅のベンチに座りながら約1時間40分暇したという思い出。
そしてそこでようやく、この試合は先発投手の書き間違えがあったと気付きました。



この時の新潟2連戦をドラゴンズファンのだれもが「あ~、あの試合ね、はいはい。」と分かるように説明するならば、
『先発書き間違えの試合』と『藤井が和田さんとぶつかって規定打席到達が絶望的になった試合』といったところでしょう。

そして今日の試合は『サード井端の試合』となります。
2年後、3年後に『井端がサードを守り始めた試合』に変わっているのか、
『誰も覚えてないだろうけど井端がサード守ってた試合』となるのかは分かりませんが。


荒木と井端がスタメンで試合に出場しててなおもショートのポジションに就いた達郎。
いかに落合監督の期待が高いかがよーくわかります。

"ドラゴンズの象徴=荒木・井端の二遊間"(どっちがどこを守るかは置いといて)という
イメージが野球を見始めた時から今までずっと染みついて、その二遊間に惹かれて中日ファンになった自分にとって、
今日のスタメンはある意味、夢を壊れされたような衝撃があるといっても過言ではないくらいショックなことではあります。

でも、これを次代の転換と捉えれば、その瞬間を自分の目で見届けることのできた喜びは何ものにもかえられません。
世代交代をリアルに感じられる喜び!



[ 2011/07/19 22:00 ] 11' シーズン | TB(0) | CM(0)

3連敗さえしなければよし 

110712 神宮
中日 001 111 000 4
東京 030 210 00x 6
中)●ネルソン-鈴木-ソト-河原-武藤
ヤ)○七條-H押本-H松岡-Hバーネット-S林昌勇

110713 神宮
中日 210 000 002 0 5
東京 100 400 000 1x 6
中)吉見-河原-三瀬-武藤-●浅尾-岩瀬
ヤ)館山-久古-H松岡-Hバーネット-林昌勇-○押本

110714 神宮
中日 010 100 000 0 2
東京 000 002 000 0 2
中)チェン-H小林-H鈴木-H河原-H岩瀬
ヤ)石川-H松岡-Hバーネット-H押本-久古


3連敗さえしなければよし、と意気込んだ3連戦は2敗1分け。
確かに、3連敗はしませんでしたが…
1敗2分けなら十分許容範囲内、いやむしろ満足の結果でした。


初戦。
中5ネルソンが今季最短の4回で降板。
交流戦期間ではmorisigeに「あいつは一人で二本柱」(中4日でも回せる的な意味で)とまで言わせるなど
ここまでずーっとフル回転で、自分の現地観戦連敗記録を9で止めてくれたネルソンですから、
同情をするな、擁護するな、というほうが難しい。

前半戦ラストの次回登板も中5日が濃厚ですが、なんとか頑張ってほしい。
監督推薦でオールスターに選ばなかったのはネルソンに少しでも休養を与えるためなのかな。

ここまで十分すぎるほど頑張ってくれてるネルソンに「頑張って」と言うのもおかしな話ですが、
頑張れという言葉以外にどの言葉が適切なのかわからない。


セカンドは荒木。
試合後のコメントから判断するに、監督はセカンド荒木に手ごたえを感じたようで。

打順は7番でした。
なんだかパッチワークみたいな打順でまったく迫力がないなぁというのが正直な印象。
荒木はリードオフマンにしか適性がないと思うし、何と言ってもリードオフマン以外似合いません。
荒木をリードオフマンで、大島を2番に、岩崎以下は1個ずつずらして…という打順なら収まりはピッタリだと思うのですが…



2戦目。
現地観戦でした。しかしチケットをくれたヤクルトファンの友達に付き合ったので、ライト側での観戦。
初の生サヨナラのシーンを観れるなど、まぁ楽しかったです(棒

吉見んと館山でこんな試合になるんですからねー野球はワカランもんです。
その友達に「今日の試合は1-0しかないな。8時半ごろ終わるんじゃね?」とドヤ顔で語ってたのが恥ずかしい(笑)

達郎のエラー、森野の4安打&2HR、カラスコの打席など珍しいものがいろいろ観れました。
ユウイチの応援歌を歌うのも、面白かったです。

この試合の最大のハイライトは、達郎がイムから打ったライト前ヒット。



3戦目は打順をいじってきました。
荒木をリードオフマンに戻すのは当然として、上位に残したのは大島でした。
森野が4番に移ったので空いた3番にはわれらの達郎(゚∀゚) と思いきや平田りんが乱入。
達郎は謙虚に7番へ。

4番森野がホームランを打ち、5番和田さんがタイムリーを打ち、と打順変更が功を奏しましたが、
8回のチャンスで森野が打てませんでした。
う~んどうもまだフラフラしてる感じですね~


7回2失点で降板したチェン(また勝てず)の後を継いだブルペン陣は細かく繋いで3イニング〆。

3連戦お疲れさま!ヤクルトのブルペン陣もお疲れさま!

[ 2011/07/14 23:00 ] 11' シーズン | TB(0) | CM(0)

7月11日 西武ドームに行ってきました 

西武ドーム (12)

栗山かっこいいよおおおおぉぉおおおぉぉおぉぉおおお



110710 西武ドーム
檻牛 000 001 200 3
西武 105 010 02x 9
オ)●フィガロ-伊原-桑原
西)○石井一-星野-長田-松永


というわけで行ってきました、西武ドーム。
ファンクラブ特典で外野5枚くれるヤクルトも太っ腹ですが、
内野指定A2枚くれる西武も太っ腹ですよね。

月曜は500円チケット(なんと内野指定Aも!)とか、西武鉄道沿線デーで対象者が割引されたりとか、
いろいろな工夫が凝らされています。

球場に足を運んでさえくれれば、球場めしとグッズ売り上げで儲けが立つという計算なんでしょうね。
あとは西武鉄道にとっても。

立地が良ければ球場めしをコンプリートして球場スタッフに顔を覚えられるくらい通い詰めてるだろうなぁ、と毎回思わせてくれる楽しい球場です。
ハマスタ並みとは言いませんが、せめて山手線から(池袋)30分以内のところには欲しいよなぁ…
西武球場前から池袋まで1時間弱はしんどすぎる…



西武ドーム (2)
対戦相手は上の画像を見ればお分かりのとおり


……ってんん??

おんなじユニホームやないか!!



西武ドーム (3)

試合前のシートノックではわれらが佐藤友亮さん(10)がセカンドでノックを受けてました。
ちなみに外野にいる3選手はオリックスの選手、内野にいる2選手が西武の選手です。
ユニだけじゃあ見分けがつかん

西武ドーム (22)

なかじもかっこいいなぁ
スーパーとか駅とかでGREEEENのキセキが流れてると『♪幸せですと~』のあとに「なかじ~」っていう黄色い声援が脳内再生されるクラスタ。


西武ドーム (19)

ぐっち。
交流戦首位打者坂口智隆外野手とヘビースモーカー坂口構成員は別人。


西武ドーム (17)

T-岡田。
タイロン・ウッズ以来のTコールを導入した応援歌が一聞の価値あり。


西武ドーム (4)

西武ドーム (11)西武ドーム (29)

オリックスで一番好きな選手のバルディリス。
いつも見てる球団の三塁の守備がもっさりしてるだけに(笑)、バルディリスの超人的な三塁守備がたまらん!
三塁線横っ飛び、起き上がってのビシッとしたストライク送球!たまらん!!!



西武ドーム (33)

大引、後藤(画像なし)、イスンヨプ(画像なし)と組む、派手・堅実・派手・堅実のデコボコ内野陣は日本一!


西武ドーム (46)

ユニホームの着こなし方に定評のある星野。
あとはもう少しだけ投手としての能力があれば…
人柄は良かったが、野球が下手だったセサルと同系統の選手。


西武ドーム (41)

栗山その2。
いやー、かっこいい。
顏だけじゃなくてプレイスタイル(打席で我慢強い、ベーランが速い)もかっこいい。



西武ドームといえば『目の前ブルペン』が味わえる数少ない球場。
西武側に座ったのでもちろんお目当ては牧田。
試合展開からいって守護神の出番はなさそうで7回までは肩を作ることすらしませんでしたが、8回裏にその時が。

自分の席を離れ、スルスルっとブルペン横へ。
神宮も『目の前ブルペン』が味わえる球場ですが、神宮は内野と外野の行き来が出ないので、ブルペン横に座ったらずっとそこにしかいることができないのがデメリットですね。
西武ドームは、たとえば内野指定Aを買えば、内野指定A以下の席はどこでもいけますから。
チャンスになったら外野でわっしょいわっしょい応援して、お目当ての投手がブルペンに入ったらブルペン横に行って、
普段は内野指定でまったり観戦して…ということができます。

西武ドーム (56)

西武ドーム (58)

西武ドーム (59)

西武ドーム (60)

西武ドーム (61)

西武ドーム (62)

西武ドーム (63)

西武ドーム (64)

西武ドーム (65)

西武ドーム (66)


西武ドーム (70)

素晴らしい被写体と素晴らしいポジション取りができる球場環境に感謝。
[ 2011/07/11 23:00 ] 11' 観戦 | TB(0) | CM(2)

授業料 

110710 ナゴヤ
横浜 000 000 300 3
中日 000 100 000 1
横)○三浦-H江尻-H牛田-S山口
中)●伊藤-小林-三瀬-ソト


西武ライオンズファンクラブ特典の内野指定席A引き換え券(7月31日まで)
を使って西武ドームに行ってた関係で試合は見ることができなかったのでアレですが…という前置きをしたうえで、


1死満塁のピンチになっても、同点になっても、代えなかったのは、将来への投資=監督の期待の表れでしょう。
とはいっても、投手交代のイニシアティブを握ってるmorisigeが準規にぞっこんな以上、
途中で代えることはなかったでしょうけどねw

ピンチを残したまま降板して後続のピッチャーが打たれて負け投手になって変に同情されるより、
はっきりと自分が責任投手になったほうが準規の中でも反省がしやすいし、糧にもなりやすいと思います。
(仮に打たれたのが三瀬や平井だったら彼らへのバッシングも半端ないものだっただろうしね^^; 浅尾なら別、たぶん。)

ただ、打たれたのが稲田、ってのがなぁ~
どうせ打たれるなら村田に打たれたほうが価値のある授業料になってたはず…


でも準規にプロの洗礼を浴びせる野手陣は放っては置けません。
とはいうものの去年からずっとそうだし、今季はその傾向がさらに強いのでもう何にも言えません、放っておきます(笑)

何とかかける言葉を振り絞って、「スタメンセカンドは井端でしたね」くらい。


[ 2011/07/10 22:00 ] 11' シーズン | TB(0) | CM(0)

貯金最多タイの5 

110709 ナゴヤ
横浜 011 110 000 4
中日 001 350 00x 9
横)●須田-大原-真田-藤江-小杉-篠原
中)朝倉-ソト-河原-○小林-鈴木-武藤


先発するする詐欺の朝倉がようやく今季2度目の先発。
内容はまぁ…言うまでもなく。。

朝倉のために上がってきた(?)前田は朝倉と同時にベンチに下げられました。

投手が打たれた分の懲罰として捕手も代える、というのは個人的には大嫌いですね。
だって前田がベンチから小山を見るときに「打たれろ」って少しは思うじゃないですか…

『同じポジションを争うライバル』の前に『同じ目標を持って戦うチームメイト』なわけですから、
チームメイトの失敗を望まざるをえない状況を作ってしまうのはどうかと思います。



ハーパーをワンポイントで抑えたコバマサが、たまたま5回を終えるアウトを取ったので勝ち投手となりましたが、
試合を振り返るとまさに勝ち投手にふさわしい火消し役でした。

正直、6回からの継投も苦しかったですが、
すーさんが思惑通り2イニングを抑えてくれてかなり勝ちに近づきましたね。

本来なら浅尾、岩瀬の他にあきふみさんがいて、
さらに言えば河原が投げるところで清水昭信あたりが投げてくれればかなり楽になります。


打線では、途中出場の小山が猛打賞。
猛打賞を記録しても特に驚かないくらいのレベルにまでなってきました。

森野がHRとタイムリーでお立ち台。
そろそろ復調…?(今季何度目だw)

荒木がセカンドで途中出場しました。
監督の中で『セカンド荒木』がアリなら(プライド的な意味で)下記のオーダーで全てが解決するのですが…


(二)荒木
(中)大島
(遊)岩崎達
(左)和田
(三)森野
(一)小池
(右)平田or堂上剛
(捕)小山


今日の活躍に免じて森野を5番にw

[ 2011/07/09 22:00 ] 11' シーズン | TB(0) | CM(0)

らしいプレー、らしくないプレー 

110707 ナゴヤ
阪神 000 000 03 3
中日 000 000 01 1
神)岩田-○藤川-S榎田
中)吉見-●岩瀬-鈴木


守備力とリードを買われてスタメン出場してる小田が平田の送球をポロリ。
ポロリをするのは小山の役目。
これは小田にとっては、らしくないプレー。


おあつらえ向きのゲッツーコースのゴロを岩瀬がセカンド悪送球。
悪送球といえばバルデスの専売特許。
これも岩瀬にとっては、らしくないプレー。


この日登録された謎の外国人・カラスコ。
自称4割を引っさげて来日しましたが、蓋を開けてみると40-6で.150。
しかも長打ナシで打点もナシ。4割超えたのは三振率だけ!(40打数19三振)
打席でも榎田の、膝元のスライダーに全く打てる気配なく空振り三振。
膝元の変化球に扇風機はクソ外人の代名詞。
これはカラスコにとっては、らしいプレー。


11回ウラ、全く隙の無い投球をしていた榎田から達郎がタイムリースリーベース!!
守備が持ち味の達郎にとっては、らしくないプレー…?


いいえ、打撃練習@ハマスタで中段への3連発を(以下略 の達郎にとっては"らしいプレー"かもしれません。

一刻も早く、かもしれません、の言葉が取れて断定できるようになってほしいなぁ…


[ 2011/07/07 23:00 ] 11' シーズン | TB(0) | CM(2)

やりましたっー! 

110705 ナゴヤ
阪神 000 000 000 0
中日 000 000 001x 1x
神)スタンリッジ-H榎田-●小林宏
中)岩田-H浅尾-○河原


初夏のナゴド6連戦は小田のサヨナラヒットで白星発進。
決め台詞の「やりましたっーも炸裂するこれ以上ないスタート。


推しメンのイワタマ、7回無失点の好投も白星は付かず。
今季は谷間の投手であっても、エース格であっても、
ドラゴンズであってもそうでなくても、本当にこういう試合展開が多い。

こういう試合で先発に白星が付き、勝利の方程式にホールドとセーブが付くようなチームが今季優勝するのかな?



平田の連続試合安打は16で止まりましたが、
守りでは価値のあるレーザービームがありました。
試合の流れの中ではヒット3本よりも価値のあるレーザービーム。


小池さんが2安打&サヨナラのホームイン、達郎も2安打&送りバント1つ、
水田は好守&サヨナラ足がかりの送りバント、と”控え組”がこの日もところどころで活躍。
特に達郎に関しては、
打撃練習@ハマスタで中段への3連発を含む7発など、徐々に開眼しつつあるバッティングが、いよいよ本物かもしれない。


(中)大島 (二)水田 (遊)岩崎達 (左)和田 (一)小池 (右)平田 (三)森野 (捕)小田


 3 番 シ ョ ー ト 岩 崎 達 郎 待 望 論  
[ 2011/07/05 23:00 ] 11' シーズン | TB(0) | CM(0)

中日イケメンズ 

110703 東京ドーム
中日 300 021 000 6
巨人 000 000 020 2
中)○伊藤-浅尾-岩瀬
巨)●澤村-高木-ゴンザレス-アルバラデホ


試合に先立って直倫が抹消され、水田が登録されました。
荒木が怪我と思われるで途中交代したので、二塁三塁の直倫をsage、二塁遊撃の水田がage。
(追記:調べてみたら水田は2軍ではおもに塁と左翼を守ってるらしい)

次上がってくるときは、直倫は二塁ではなく、
現任の三塁に替わる選手として上がってきて欲しいというのが本音。
でも、チーム事情でコロコロポジション変わるのは現任の三塁の守備がだめになった一つの理由でもありますからね…


移籍後初スタメンの水田は、移籍後初安打を放ち、ファインプレーも魅せてくれたイケメン。
荒木に替わってスタメンの達郎は、堅実な捕球と安定した送球でチームに安心をもたらすイケメン。
打撃練習@ハマスタでは中段への3連発含む7発など、徐々に開眼しつつあるバッティングでも2安打と結果を出したイケメンでもあります。

先発は、中スポにやたらと持て囃されているイケメン・伊藤準規。
この日は7回まで1安打に抑えるというこれ以上ないイケメンピッチング。
ピンチを断ち、イニング跨ぎで三者連続三振の浅尾もイケメン。


もうこの際、先制3ランの和田さんも、2ラン&押し出しで3打点の小池さんも、
落ちるボールを有効に使って好リードの小田も、みんなイケメンでいいよね。

[ 2011/07/03 23:00 ] 11' シーズン | TB(0) | CM(0)

勝因は長野のバント 

110701 東京ドーム
中日 000 000 104 5
巨人 010 000 011 3
中)○吉見-岩瀬-S浅尾
巨)内海-●ロメロ-久保


当初は50パーセントの節電だったが、「食品の衛生管理」を理由に節電幅を30パーセントへと減らした東京ドームでの今季初めての試合。


確かに、剛裕はよく打ちました。
2アウトから快心・痛烈の走者一掃タイムリー3塁打。
得点圏打率は10-7からさらにアップし、11-8で打率は脅威の.727!!


しかし勝因は長野にバントをさせた原采配でしょう。

同点のまま推移してきて8回ウラに一発で均衡が破れる、という試合は東京ドームではよくある悲しいストーリー。
しかもその悲しいストーリーは一発にとどまらず、連発、タイムリーと続くのが大半です。

この日まさにそのストーリーどおりに坂本にヒット、亀井に内野安打(実質エラー)。
ここで長野、ラミレス、小笠原と続けば、このうちの誰かに一発なりタイムリーなりを浴びるのが台本なのですが、
その中で一番打率が高く、一番怖い長野が送りバント!
ここで簡単に1アウトもらえたことは非常に助かりました。

原監督は「1点でロメロじゃ不安だ」とでも思っての送りバントだったかもしれませんが、
守護神に対して不安と思っているようでは論ずるに値しませんね(笑)




代打の順番は1死満塁で野本、2死になって剛裕でした。
個人的には剛裕→佐伯さんというのが正解だと信じて疑いありませんが…^^;

この試合でショックだったことは2つ。

1つ目は大事な場面での野本のしょぼさ。
力みに力みまくって外の甘めのストレートファール→膝もとの変化球に空振り三振のパターンしか思い浮かばない。
どうせならイビョンギュの方がマシだ。

2つ目は川又の解説の幼稚さ。
立浪さんはスポルトに行っちゃったから日テレで解説することはないのかな…?


[ 2011/07/01 23:00 ] 11' シーズン | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。