スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

緊迫感がない 

100831 ナゴヤ
中日 9-3 広島
中)○チェン-清水昭信-小林-鈴木
広)●篠田-岸本-森-伊東



■落合監督
「緊迫感がない。あと20何試合、優勝を争ってるチームがやる試合じゃねぇ」


逆に言えば『これで優勝争い出来ちゃってるのがおかしい』くらいなんですけどねぇ…。
セサルなんて上げて余裕かましてんな!って言いたいんですけどねぇ・・・。

まぁ形はどうであれ、勝てばそれでいい時期に来てるので、勝てばよろし。

矛先はおそらく2度の本塁憤死と終盤のgdgdとバントミスなんでしょうけど、
一番最初のは簡単に直せる話(といっても就任以来ずっとやってるのでもう治りようもないかもしれませんが)
真ん中のはストレートに言っちゃうとagesageすればいいだけの話、
問題はバントミスでしょうね。


ただ、バントの技術に関しては全て持ってる川相さんが二軍にいるので、
一軍のコーチ陣はバント練習のときから試合並の緊張感を持ってやるとしかいいようがないかもしれませんね。

一応、下にはこんがりと焼けたバントの上手い小池さんがいますが。
わりと上手い方の井端は行方不明ですが。



試合のほうは、荒木があそこで打つのがナゴヤ、打たないのがビジター。ということで全てでしょう。
そこからトリガーが外れて打ちも打ったり17安打。

英智が猛打賞、ブランコが来日初の4安打を記録しました。



明日はまえけんじゃなくてマエケンかな?
春に前田神にサヨナラ打を打たせた貸しをそろそろ取り立てに向かわせていただいてもよろしいですかね?



スポンサーサイト
[ 2010/08/31 22:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)

【8・29】馴れ合い野球【ハマスタ】 

100829 横浜
横浜 2-1 中日
横)○大家-H真田-S山口
中)●中田


8.29 Hamasuta 001

着いたらドアラがサードコーチで出迎えてくれました(笑)


こっからぐるり~んと時計の針を回して終盤へ。

相も変わらずツマラン試合をやってくれるぜ&その試合に当たってしまうぜ
ちなみに今季現地勝率.000(0-4)。うち横浜に3敗とかもうね。
しかも4試合で総得点6点www



8.29 Hamasuta 116

8.29 Hamasuta 118

痛々しい和田さん。
このあと森野がゲッツーを打って和田さんを歩いてベンチに帰らせるというやさしさをみせました。



そして9回。

ブランコヒットで代走タツロー。野本はそのままで送りバントの構え。
「送りバントしたいなら代打タツローで代走英智でしょ」って思ってたら初球バスターエンドラン。

けどソレを空振りする野本(笑)

8.29 Hamasuta 130

結局山口が荒れてくれたおかげで四球をもらえたけど、
これは完全な結果オーライ。
四球でガッツポーズて(笑)w


振り返ればこんな感じだけど、そのときはいてもたってもいられなくなったので
こっそりと3塁側へ移動。
コンコースから客席に入ってしまえばその後の検閲は緩いです。
3塁側へ行く道中、そのままネット裏に座ることも、多分出来ます。


8.29 Hamasuta 135

まぁ結果はご存知の通り。


8.29 Hamasuta 136  8.29 Hamasuta 138

2アウトになり、ネクストにはお兄ちゃん。
見つめる先は…

8.29 Hamasuta 137

直倫。

8.29 Hamasuta 140

一旦シューのヤツを塗りなおして、

8.29 Hamasuta 141

仕切りなおし。


8.29 Hamasuta 143

。・゚・(ノД`)・゚・。


最後には何とか格好がついた形にはなったけど、相手がくれたようなもんだし、
しかもそれで決めきれないとかもうね…

とにかく弱い。ツマラン。退屈。窮屈。息苦しい。

いつになったら本気出すの?残り5試合になってから?

[ 2010/08/29 22:00 ] 10' 観戦 | TB(0) | CM(4)

さらば東京ドーム 

100826 東京D
巨人 10-4 中日
巨)○内海
中)●吉見-鈴木-小林-平井-清水昭信


今年はもうこんな欠陥球場こないからな。
絶対にこないからな。


優勝してナゴドでCS2ndやるんだから。。。





また来年のオープン戦で合戦されたし。あばよ。


5.18 marin 105
あんたも、あばよノシ 

[ 2010/08/26 22:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)

月間ドラゴンズ9月号 


今月号の月ドラがアツい!!!



いやー、周りはこの話題で持ちっきりですよ。
ちょっと外を歩けばすれ違う人みんなが「お前今月の月ドラ買ったか?」
テレビをつければどのチャンネルにも『月刊ドラゴンズ9月号』
どの番組の提供にも月刊ドラゴンズ、いつ何時のCMでも月刊ドラゴンズ。
バスの車内放送も、次はどこどこ~を言う隙もないほど月刊ドラゴンズ9月号発売中のアナウンス。
駅に行っても次はどこどこ~を言う隙もなく月刊どr(ry
渋谷の大スクリーンにも一日中月刊ドラゴンズの宣伝…



そんな今月の月刊ドラゴンズ(2010年9月号)とは一体!?!?



------------------------------------------

月刊ドラゴンズ 9月号

▼山本昌 23年連続勝利
▼竜選手とTALK  高橋聡文

▼堂上兄弟そろって初お立ち台
▼竜5試合連続完封勝利
▼立浪和義のダブルファンタジー
▼2010ドラマチック竜 岩田プロ初星
▼2010ドラマチック竜 6発でも負けた
▼愛子のインタビュー 岩田慎司
▼丸ごと若竜NOW 岡田俊哉
▼ドラゴンズ☆パーク 竜党のお店紹介
▼彦野利勝のお父さんのための野球教室


34.jpg
▼山本昌 23年連続勝利
プロ27年間で積み上げた「206」という膨大な白星。その中のたったの「1」つの白星が大投手の涙腺を緩ませた。これで23年連続勝利という偉業も達成した。
引退覚悟で臨んだ今シーズン、キャンプ中に背中を痛めたことに始まり、苦難の連続だった。それでも気持ちは切らさなかった。自分を信じ、地道に進めてきた歩み。44歳のラスト登板で、一歩一歩が間違いでなかったことを証明した。


67.jpg
▼竜選手とTALK  高橋聡文
セットアッパーとして『勝利の方程式』の一角を担う高橋聡文投手。キレと150キロ前後のスピードで勝負、常に強気のピッチングで三振が取れる頼もしい左腕だ。シーズンも正念場、浅尾・岩瀬投手にしっかりバトンをつなぎ、ドラの勝利を呼び込む。



63 1
▼堂上兄弟そろって初お立ち台
堂上兄弟にとっては、一生、思い出に残る日になったに違いない。8月6日、ナゴヤドームのお立ち台に初めて、そろって立ったからだ。「二人で立てたのは父と母、応援してくれたファンのおかげなので。これからも頑張ります」。兄弟を代表するかのように、兄の剛裕は満員のスタンドに感謝の言葉を並べた。



28.jpg
▼愛子のインタビュー 岩田慎司
  制球安定させて2勝目を
7月19日の横浜戦。プロ初登板初勝利を挙げた2年目の岩田慎司投手。球界新記録となる5試合連続完封勝利の4戦目の登板で、「いい流れを止めたくなかった」と7回を3安打無失点に抑える快投で、新記録に貢献。岐阜県出身で東邦高から明大へ。「プロ一年目のキャンプ早々、まわりに圧倒され勝つのは無理かな」と思ったことも。「目指すは2勝目」。8月1日の阪神戦、2度目の先発は残念ながら黒星。再チャレンジに燃えています。

 


--------------------------------------


昌さん ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ
堂上ブラザー (*´д`*)ハァハァ
イワタマ (゚∀゚)イイ!!
あきふみさん(*´д`*)ハァハァハァハァ


あーこりゃヤバイ

というわけで行ってきましたよ。最寄り駅の本屋まで。

豪雨と暴風の中、山を越え谷を越え、
途中クマに襲われ死にそうになりながら、空腹と飢えで悶え死にそうになりながら…

川が氾濫してて橋が流されたりしてました。
靴が破れボコボコの砂利道を裸足で歩きました。
リップを忘れて唇がカッサカサになりました。(これだけホント)



そんな中ようやくたどり着いた月ドラは…


どんなオアシスよりも癒される、最高の一冊でした。




あきふみさんのインタブーを6回以上読み込んだワタクシがこれを買ったかどうかは…

いうまでも・・・


ない( ̄ー ̄)/
[ 2010/08/23 22:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)

窮屈な野球 

100822 ナゴヤ
中日 2-3 ヤクルト
中)中田-H浅尾-●岩瀬
ヤ)バーネット-渡辺-松井光-○押本-S林昌勇

いっつも投手陣におんぶに抱っこしてるくせに、
投手陣がたまーに崩れたときは知らんぷりで無抵抗かよ('A`)

ホント都合のいい奴らの集まりだな>野手陣


って書こうと思ったけど、一応反撃はできたんですね。ナゴドだから。


そもそもは0-1で負けてるであろう試合だったけど、相手のミスから勝ち目が出てきて、結局は負けてしまったわけですから、
普通に0-1で負けたと考えればそれほどダメージも大きくない?


まぁ仮に0-1のまま負けてれば『打線が悪い』でこの展開で負けても『打線が悪い』が基本線だと思います。

だって今まで岩瀬に何試合助けられてきた?
逆に岩瀬を助けてやれたのは何試合ある?

相手のミスからの2点、たった1点のリードをとったことをして、
『あとは岩瀬さんお願いします』じゃあ不釣合いだよ。



野球はピッチャー、が最近のお気に入りなのか、決まり文句のように仰ってる監督がいるけれど、
ピッチャーと野手が持ちつ持たれつしてバランスよくしていくのが野球だと思う。

いくらピッチャーがいい能力や豊富な経験を持ってたとしても、いっつも1点リードじゃしんどいだろうし、
逆にいくら素晴らしい攻撃力があってもいっつも5、6点ビハインドじゃ苦しいし。




ちなみに、救援陣は8月初失点。 → 

こんなに頑張ってたんだよ。
そろそろ野手陣も頑張れよ。早い回から本気出せよ。
いつまで出し惜しんでるの?

[ 2010/08/22 21:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(2)

シンジラレナイ 

100819 ナゴヤ
中日 3-0 巨人
中)○吉見
巨)●内海-野間口



8.19 #19 #2 #52


vs巨人今季2度目の3タテ。チームとして7連勝。ナゴドで12連勝。
そして2位浮上。


正直、信じられない、というのが本音です。

個人的なことになりますが、
じぶん家、スカパー(ウエンツがCMやってるようなやつ)入れてないんですよね。
ケーブルテレビとかいう横浜地区にしかない(?)やつは入れてるんですが、
視聴可能なCS放送は、ガオラとJスポespn、ニュースバードとG+、それにtvkと千葉テレ、
そしてNHK、これしかありません。

ガオラとJスポespnはパ・リーグしかやらないし、
ニュースバードとtvkは横浜専用チャンネル、G+は巨人戦用チャンネルだし、千葉テレはロッテ。
だからナゴヤドームで行われるドラゴンズの試合を観るにはNHK様が放送してくれない限り見れないんですよ。
(PCではjustin神にお世話になってます。)


で、その頼りのNHK様も最近Jリーグの割合を増やしつつあるし、なぜか中日戦をなかなか放送してくれないんですよね。
一番最近で6月24日のvs横浜戦、ランドルフにまた負けた試合以来やってないと思います。

まぁ要するになにが言いたいかというと、
7月の巨人戦3タテも観てないし、連続完封も観てない、12連勝の内の一つも観てないんですよ。
で、見せられてるのは東京Dでのしょっぱい試合(直近は良かった)とハマスタでのダッサイ試合だけ。


弱いドラゴンズしか観てないのに、
vs巨人今季2度目の3タテ?チームとして7連勝?ナゴドで12連勝?

ましてや、2位浮上だなんて?


シンジラレナーイですよ、ほんとにね。



あ、来年こそはスカパー入ります。絶対に。
テレビに穴が開くほど見てやるから、覚悟しとけよ!


--------------------------------------


8.19 #19yoshimi2

吉見ん、出来すぎ。

ナイスピッチング過ぎてあきふみさんのオールドユニ姿が観れなかったじゃないか!
7回3失点くらいでよかったのに、なんでよりにもよって今季初完投&完封がこんなときにでるんじゃーい。。。



来週の巨人戦ではほどほどにね。 to吉見ん

2位になっただけで満足するな!来週の巨人戦の事は考えるな!目の前のヤクルト戦に全力を! to野手陣ん



[ 2010/08/19 23:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(4)

Gracias,Gracias por,gracias!! 

100817 ナゴヤ
中日 6-1 巨人
中)○チェン-清水昭信
巨)●グライシンガー-野間口-高木


ブランコ!!
やっぱりブランコ好きだ!!!

8.17 #42 blanco

待ってたよ!ブランコ!!
gracias!!ブランコ!!
bravo!!ブランコ!!!


オールドユニ似合ってましたよ(゚∀゚)



チェンも言うことナシのピッチングで自身初の2桁、10勝目。

大事な試合でのチェン、と言うのはあまり信頼できなかったのですが、
(というかカードのはじめすらあまり信頼できなかった)
そんな不安もどこへやら。
群がる敵と募る不安を左腕(ひだりうで)一本で一掃する圧倒的なピッチングを見せてくれました。

8.17 #21 chen


オールドユニが一番似合ってたのがチェンかな。

チェンの好投のせい(?)でブルペン陣のオールドユニお披露目はあきふヴのみ。
明日は平井とコバマサとすーさんのオールドユニ姿が見たいですね。頼むよ、病さん>なんか違う



とまぁメディアは賑やかに報道するでしょうが、
たかだかカードの初戦を勝っただけのことであり、これでお祭り気分になって明日あさってと負けてしまっては何の意味もないので。

快勝して、勢いで突っ走ってやる!という気運が高まっているいまこそ、
冷静に、謙虚に、丁寧に、明日からの試合も戦ってほしいです。

[ 2010/08/17 23:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)

2010プロ野球チップス第3弾スペシャルボックス注文しました 


2010プロ野球チップス第3弾スペシャルボックス

2010プロ野球チップス第3弾スペシャルボックスの注文をしました。

第1回販売を逃してしまったため到着予定日が最速の8月30日ではありません。
悔しいですっ!!

2010プロ野球チップス第3弾カードリスト


レギュラーカード
201 荒木雅博(中日)
202 和田一浩(中日)
203 井端弘和(中日)
204 朝倉健太(中日)
205 チェン(中日)
206 山内壮馬(中日)
207 大島洋平(中日)
208 松井佑介(中日)


山内、大島、松井佑介が収録されました。もちろん初。
ルーキーの初収録カードは、カード屋で単品購入するとバカ高い値段で売られていますので、
大島と松井佑介がほしい方はなにが何でも自力で当てるか、
カードの状態を度外視してヤフオクで落とすかをしたほうが絶対にいいです。
藤川俊介や加賀もそうですね。


レギュラーカードは選手の人気(?)に応じて150円と100円と80円の3種。
第2弾でいうなら金本やダルや杉内etcが前者で、シュルツやあきふみさんや大隣etcが後者、
そのほかが100円みたいな感じです。

そんな中でルーキーカードは、
第1弾の雄星1000円 
第2弾の長野800円 (価格は全てミント横浜店)



去年や一昨年のは第3弾でも主力級をゴリゴリ収録してましたが、
今年はかなり”ゆるめ”の収録。
1~3弾皆勤、なんてのがザラにあるよりはいろんな選手が収録されてる方がよっぽど良いです。




S-25 長野久義(巨人)   S-37 ダルビッシュ 有(日本ハム)
S-26 東野 峻(巨人)    S-38 糸井嘉男(日本ハム)
S-27 森野将彦(中日)    S-39 田中将大(楽天)
S-28 浅尾拓也(中日)    S-40 中村紀洋(楽天)
S-29 田中浩康(ヤクルト)  S-41 本多雄一(ソフトバンク)
S-30 中澤雅人(ヤクルト)  S-42 攝津 正(ソフトバンク)
S-31 鳥谷 敬(阪神)    S-43 栗山 巧(西武)
S-32 平野恵一(阪神)    S-44 片岡易之(西武)
S-33 前田智徳(広島)    S-45 荻野貴司(ロッテ)
S-34 栗原健太(広島)    S-46 小林宏(ロッテ)
S-35 石川雄洋(横浜)    S-47 後藤光尊(オリックス)
S-36 村田修一(横浜)    S-48 T-岡田(オリックス)

スターカードの面々をみても”ゆるめ”の収録に移行しつつあるというのは見て取れます。
今年のからのコンセプトですかね。このコンセプトはこれからも続けてほしいです。


第2弾のカードリスト考察→の時に書いた『アサタクもそろそろなって良い頃だと思うんですけどネ…』
が叶いましたわぁ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!

のりさんも(゚∀゚)キタコレ
栗山も(゚∀゚)キタコレ
石川も(゚∀゚)キタコレ

後世に語り継がれる神収録弾となりそうですな。がはは。


2010y08m09d_213701810.jpg

お楽しみのSPボックス限定カード。
テーマは『遊撃手』

ふつーすぎてなんだか… 
セットアップマンであきふみさんの収録マダー(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン
まぁセットアップマンならアサタクが収録されるんですけどね(´・ω・`)


荒木は別枠絶対で欲しい。
ファイル見開き1ページの8枚分をどうチョイスするか(誰があたるか)が問題。

は当てること確定カードで
は当たってくれたらいいなカード。
長さはその中でも欲しいレベルを表してます。

色つきの6名+渡辺以外の3名の内から2枚が理想型。

だけど贅沢は言いません。
荒木と大引と中島と石川と、レギュラーで山内、大島、松井、あとはアサタクのスターカードのサイン入り版が当たればそれで満足です(望みすぎ
[ 2010/08/16 23:00 ] 野球カード | TB(0) | CM(0)

荒木連夜の決勝打 

100814 ナゴヤ
中日 4x-3 広島
中)山本昌-鈴木-小林-清水昭信-H高橋-H浅尾-○岩瀬
広)ジオ-横山-H岸本-●大島


6回まで試合を行ってたのは青いユニホームを着てたドラゴンズナイン。
7回から本陣の白いユニホームを着たドラゴンズナインが到着すると
当然のように追いついて、最後は荒木がサヨナラタイムリーで試合を決めてナゴヤドーム8連勝。


2点を取りにいって2点を取れる白ユニのドラゴンズは強いですねぇ~
8回も、荒木が出て「1死からでもバントあるぞ、盗塁あるぞ、あるぞ。」と思わせておいてのエンドラン。
これがものの見事にはまりました。本当に綺麗で気分がスカッとしましたね。

和田さん犠牲フライの後の英智の「盗塁あるぞ、あるぞ。」の揺さぶりも良かったです。




追いついてからは(昌さんが降りてから)はブルペン陣が奮起。
普通、これだけの人数が投げれば誰かしら失点するのですが、前3人が無失点で切り抜けたので
そんな心配はまったく要りませんでしたね。
まぁそれにしてもお見事。
カメラブログもこんな画像をうpされてました。

8.14 #23 #69 #12 #67 #41 #13




サヨナラ劇は代打前田の2塁打から。

■前田選手
「監督から高めだけを打てと言われていた。
外よりの高めに真っ直ぐが来た。思いっきり振ってやろうと思った。
チームに貢献できないと試合に勝ってもベンチで喜びの輪の中に入れない。
初めて勝ちに貢献できて良かった。」

このコメント。目頭が熱くなりますね。・゚・(ノД`)・゚・。
打てて、本当に本当によかったです。

小池さん敬遠の後、荒木がバスターで一塁線を抜いて代走のタツローがホームイン!!



8.14 #2araki



まぁそれにしても小池さんを敬遠してくれたのはラッキーでしたね。

ドラゴンズ側からするとどうしても修羅場をくぐった人たち(和田と森野)に回したいところ。
そのためには小池、荒木、英智の誰かが塁に出ないといけない。
そんな中での小池への敬遠は、何の苦労もせずに無条件に和田さんまで回るということでしたからね。

延長のウラの守りのセオリーではありますが、非常に助かった、と。

(ノムケンがセオリーに忠実な采配をふるうなら、仮に荒木がバントしたとして、1死23塁から英智を敬遠して満塁和田&森野勝負を選んだのかどうかが気になります)



昌さんの横でタツローを迎えるあきふみさんの破壊的な満面の笑みに殺されかけそうなくらい喜んだのも束の間、
荒木のほうにビシバシ行く本隊に後れを取る和田さん(足を引きずってた)が痛々しかったです。

[ 2010/08/14 23:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)

勝ちに不思議の勝ちあり 

100813 ナゴヤ
中日 5-1 広島
中)○吉見-H浅尾-高橋
広)●前田健-チューク


監督からやりましたぁーーを禁止されどんなパフォーマンスになるのか?
と注目されたヒロインは
「ナゴドで勝てるのは声援のおかげ」で関東レフドラを敵に回した荒木のソレと、
ますだおかだの岡田や狩野英孝、ワッキーとノンスタ井上もビックリのスベりっぷりをみせた吉見んのソレでした。

ますだおかだの岡田のスベり芸はおもしろい、一方で他3名のスベり芸にはリアルドン引きをしてしまう寒さがあって、
吉見んのヒロインはどちらかというと後者の方に部類分けされてしまいそうでしたね…




マエケンが、「今日勝ったらマエケンからまえけんになります」という
ヘンテコなフラグを立ててくれたおかげ(?)で
“ナゴドでは”今日“も”勝って、ナゴドでは7連勝。

マエケンには抑えられるけど、負けはしない。
昨日の藤江に抑えられたけど、負けはしないに続き2夜連続で不思議な勝利。
勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。



それにしても何でこんなどうでもいいことを言い出したんだろう。
つばくろうに「ひらがなのほうが、かどがなくてまるっこいいんしょうをあたえるよ。でへへ。」とかそそのかされたのかな。

ちなみにボクがあきふみさんを頑なにひらがなで『あきふみさん』と表記するのは、
ひらがなの丸みとあきふみさん本人の丸みがマッチしてるからです。

[ 2010/08/13 23:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)

ねるねる粘投 

100812 横浜
横浜 0-1 中日
横)●藤江-真田-江尻-加藤
中)○ネルソン-H浅尾-S岩瀬


ネルソンが7回途中まで投げて三塁すら踏ませない零封!!

と言えば聞こえは良いですが、
わざわざハーパーの前の石川に2打席連続で四球を与えるなど5つも四球を与えてしまいました。

森野のなにがしたいのかよくワカラン守備でランナーを許したところで降板。
6回2/3、99球、被安打4、与四球5の内容。
要所で併殺を取ったこと、ハーパーを抑えたことが勝利につながりましたね。



継投は内川のところからアサタク。難なく抑えてお役御免。
8回石川、ハーパーと左が続くめぐりはあきふみさんでバシッと斬って、バトンを岩瀬に渡すと思いきや…
アサタク続投でございました。

たしかにね、わざわざ2人目のセットアップマンを使うよりは、アサタク1人で直接繋いだ方が
あきふみさんが投げない分、リリーフの負担が減るからそれでもいいんですけど、
(疲労のたまりにくいアサタクと疲労のたまりやすいあきふみさんの特徴を考えて)
対左投手で迎える村田がそんなに恐いのかい?



で、今日の監督のコメント

■落合監督
「毎日言っている。野球はピッチャーだ。浅尾、岩瀬で決める、それがうちの野球だ。
結局のところ、修羅場をくぐった連中(和田、森野、浅尾、岩瀬)で勝つしかない。
若い連中は持っている力を出してくれればなぁ。」


野球はピッチャーだ、はまぁこの試合展開からするとドヤ顔で言ってそうなのは容易に想像できて。

その中にあきふみさんは入ってないんですなぁ~というのがなんとも…。

あ、あとは荒木は修羅場をくぐってないんですね、とかとか。

[ 2010/08/12 23:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)

第177話 アラフィフの誓い 

100811 横浜
横浜 9-4 中日
横)○小杉-H弥太郎-加藤-真田-山口
中)●山井-清水昭信-小林-平井




山本昌公式サイト路傍の一球より引用。


----------------------------------------------

たくさんのお祝いメッセージ、白星についても、そして誕生日についても、ありがとうございました。四捨五入して50歳なんて、まったくイメージは沸かないのですが、自分の記念日を1軍で迎えられるというのはやっぱりうれしいものです。このエッセイはなんと3月以来の更新。それもこれも、今まで勝てなかった自分の不徳の致すところではありますが、申し訳ありませんでした。ただ、1つ勝ったからといって、状況はそれほど変わっていないでしょう。土俵の徳俵に、片足が乗っかっているという状態です。今後、チームの優勝争いに貢献できてこそ、来年のことも考えられるというものです。

振り返ってみると、2月のキャンプではここ数年にない、いい状態で過ごせました。新しいフォームも実にしっくりいって、チーム投手陣で2番目の投げ込み数にもなりましたが、そこが実は落とし穴だったのかもしれません。調子に乗りすぎ、投げなくてもいいところでも投げてしまったことが、肩の内部の筋肉の肉離れという事態につながったような気がします。ふつうならばそういう故障は起きにくい場所だったので。

これが実にやっかいでした。少しよくなったと思って投げ始めると、また痛み出す。ようやく5月中旬になって満足に投げられるようになったと思ったら、今度は2軍戦登板で足を痛めて1球降板。さすがにこのときは、落ち込みましたね。この程度でけがをするようじゃあ、もう終わりということかな、とも考えました。ただしキャンプの好感触はまだ忘れていませんでしたし、とにかくくじけずにやろうとだけ考えていました。

新フォーム自体に疑問がなかったわけでもありません。理論的にはいいはずなのに、自分に合わないんじゃないかと。しかしそれも昨年オフから取り組んできたことですし、これでダメなら仕方がないとハラをくくって調整を続け、夏場を迎えました。そこである程度調子が上がってきたと思ったら、今度は1軍の投手陣が絶好調。これまたタイミングが悪いなあなんて弱気にもなりました。でも、以前も登板後のコメントでみなさんにお話ししたように、もっと状態を上げておけという神のサインなんだと考えると、また前を向くこともできたのです。

実際に阪神戦に先発したときは、相手はリーグ屈指の強打線ですし、大げさじゃなく最後のつもりでマウンドに上がりました。KOされたら、静かにグラウンドに一礼して去ろう、なんてね。だから新聞などでも報道されていたように、いけるところまでと思って飛ばしていったのです。試合に勝つにはいろいろな要素がありますが、今年は前半、いろいろツイていなかった分、あの試合では幸運に恵まれていたのかもしれませんね。

残りのペナントレースを考えると、巨人と阪神はもちろん、ここへきてヤクルトが調子を上げてきましたね。昨年は3位でクライマックスシリーズ第1ステージで戦った相手ですし、もともと力はあるチーム。上ばかりを見ていると、追いつかれていたということにもなりそうです。ただし、冷静に戦力分析すると、一番バランスがとれているのはドラゴンズではないかという気もします。特に投手力は間違いなく、他の3チームに勝っているでしょう。やっぱりやる以上は、クライマックスのファイナル(第2)ステージを本拠地でやるというのが目標です。その点は落合監督も森ヘッドコーチもうまく導いていただける方です。ボクも新フォームでコントロールもカーブの曲がりもよくなったという自負があります。あと1つでも2つでも、いや3つ4つと勝って、チームの優勝とボク自身の選手寿命を伸ばすという2つの目標を実現したいと思います。27年目の残り1カ月半。いつもながば「応援してください」と結ぶところですが、今回は違います。期待してください。

-----------------------------------------------



昌さんをCSで勝利投手にするために、日本シリーズで胴上げ投手にするために、
気合に満ち満ちた試合が見たい。


きれいごとじゃない。本心。



[ 2010/08/11 22:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)

ナゴヤでは強い 

100808 ナゴヤ
中日 10-0 阪神
中)○中田
神)●小嶋-渡辺-若竹


ホームでは強いドラゴンズ。
今日も快勝で3タテ。

やっぱり中田の完封が全てですかね。

前回の完封は、
広島打線の惨状と中日の連続無失点の勢いがあっての完封で差し引きポイント(中田に有利があったポイント)+2。
今回の完封は、
阪神打線のナゴドでの相性があっての完封で差し引きポイント+1。

ローテ通り回れば次回はナゴドでの広島戦。ここもすんなりと勝ってもらって、
その次のヤクルト戦の差し引きポイント±0の試合で勝って、
ようやくCS2ndの先発マウンドを安心して観てられるレベルになるのかな。(ヤクルト戦後も内容を持続した場合)

ちなみに、ヤクルト戦の後は横浜@ハマスタ17:00プレイボールと巨人@ナゴド。
え?17時?ウソ!?ホントです。



打順は今日も5番に小池さん。

映像ではまったく見れてないので、ボックススコアからになりますが、
『5番』で今日も送りバント。
バントもできる5番として攻撃面では貴重な存在で、
守備面でも一塁とライトを無難以上・上手以下でこなす汎用性をもち、
関東の球場ならば一発を放てる意外性がある。

5番小池さんはなかなか面白い器用だとボクは思います。
これまた完全に個人的な見解ですが、

4 (三一) 森野
5 (一右) 小池
6 (右) 堂上剛
  二 岩崎達
7 (二三) 堂上直

この一連の守備固めの動きは萌えポイントが高すぎます(*´д`*)

(中三) 森野
(一) ウッズ
 走中 英智
(三一) 中村紀

これもなかなか萌えポイントが高かったですけどね。


課題は森野敬遠の後のチャンスで打てるかどうか、ですね。
今日は無死2,3塁から二ゴロ。残念。



剛裕も直倫も、タイムリーや打点のひとつやふたつでどやこや言われるレベルは脱しましたねぇ。
良い事です。


■堂上剛裕タイムリー
「1打席目に三振したのに、小池さんが送りバントをしてくださったので、ここは絶対に返さないといけないと思いました」



[ 2010/08/08 22:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)

山23続星&岩6続30S 

100807 ナゴヤ
中日 4-1 阪神
中)○山本昌-H高橋-H浅尾-S岩瀬
神)●下柳-安藤-藤原-渡辺-久保田




ドラゴンズが誇る2人のレジェンドが大記録を達成。

山本昌23年連続勝利と岩瀬仁紀6年連続30S。


#13 iwase

以前ほどの絶対的な安心感はなくなってきたことは否めないが、
豊富な経験に裏打ちされた頭脳と、鉄腕と形容してもしたりない左腕とで
竜の砦を守る守護神にまた一つ新たな勲章が加わった。


6年連続30セーブ。
誰かさんの配慮のない暴走的な起用がなければ5年連続40セーブの芽も十分にあったが、
継投全盛期の最近の野球といえど、この記録を抜くクローザーはもうでてこないだろう。
おそらく達成濃厚の12年連続50試合登板も含めて。

ドラゴンズ=投手王国の象徴としていつまでも耐えることなく、岩瀬仁紀の名は伝えられるだろう。

#13 iwase2

派手な成績とは対象的な、控えめなハイタッチとともに。



------------------------------------



8.7 #34masa2

待ち望んだベテランがまっさらなナゴドのマウンドに帰ってきた。

並々ならぬ決意で挑んだ今シーズン。
しかし、飛ばしすぎがたたって怪我をして大きく出遅れてしまった。

それでも、44歳の大投手は体を休ませることなく走りこんだ。
灼熱の陽光降り注ぐナゴヤ球場で大汗を流し、土を舐め、泥に塗れた末得た
ひとつの白星。

たったひとつの白星。優勝を決めたわけでもない、いたって普通の白星。
だけど、この”普通の白星”を得るためにどれだけ多くの苦労があったか、どれだけ多くの苦しみがあったか。

それは落合監督のコメントを聞くとより鮮明に分かる。


■落合監督
「(山本昌について)悪ければ点を取られているよ。あの打線なんだから。良いから抑える。
よっぽど嬉しかったのかなぁ。泣かれてもしょうがないんだけど。まぁいいじゃん、そういう気持ちがあるだけで。」

本人は泣いた。ファンも泣いた。



8.7 #34masa3


感涙の涙でファンは歓迎した。それに応えるように、レジェンドもその大きな脚でまた歩を進めて行く。


[ 2010/08/07 18:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)

兄弟ヒーローインタビューで連敗を止める 

100806 ナゴヤ
中日 4-1 阪神
中)○吉見-H浅尾-S岩瀬
神)●鶴-西村-渡辺-藤原


久々のナゴドでガッチリと勝利。
それにしてもナゴドではいい戦いをしますなー

こういう試合をビジターの試合でもだな…
…てビジターでもこんなに強ければいまごろマジック点灯してる頃ですわなw


先発は吉見ん。
実は直近の3試合はいずれも2桁被安打と、まったく良くなかった吉見ん。

今日は初回から4イニングパーフェクトに抑えるなど、
得意の粘りのピッチングすら必要ない理想的な立ち上がりでした。

5回にはブラゼルに一発、金本に2塁打を浴びますが打順のめぐりも助けて同点どまり。
こういうところを同点でとめられるのが、ナゴドゲームとビジターゲームの違いですかね。

8回は…本当なら投げきってもらいたいんですけどね。
送りバントのあと四球を出して打者・鳥谷という場面で降板。



継いだのはアサタク。
鳥谷、平野と左が続くので左右病で『まさかあきふみさん?!』と思いましたが、そうではなくてホッ。

今シーズンあきふみさんvs鳥谷は6-4と滅法打たれてますからね。
しかも得点圏では4-4の6打点(((( ;゚Д゚)))ガクブル
これはアカンです。



打。
打順を入れ替えました。

扇風機を4番に据えておくのにさすがの監督ももう耐えられなくなったそうです。

まぁこの3人に関しては順番がどうこうよりも、とにかく早く本来の調子になるのが先決で
先頭での出塁率が高い和田さん(意外と得点圏打率がそうでもない)が1番先を打って
後ろに森野が座ってる事で和田さんが避けられることがなくなり、
森野は、(和田さんが1塁にいたら)広く開いてる一二塁間を抜ける打球を打てばいいんですからね。
これでうまくいけば簡単に1,3塁。
副次的に7番の直倫までジグザグになっていて、理に適ってる打順だと思います。




6番の剛裕が先制タイムリーで7番の直倫がダメ押しタイムリーで、兄弟そろってお立ち台。

先制とダメ押しくらいで、ちょっと早とちりしすぎではないか?とあえて苦言を呈しますが、
これを書いてる自分の頬は緩みっぱなしデス。

ホントは、1点ビハインドから兄弟アベック弾でサヨナラ→初の兄弟ヒーローインタビュー
くらいのド派手な活躍で決めてればプレミアム感が凄く出てたんですけどね。





明日は昌さん?あさってが昌さん?

いずれにしろ、気分良くマウンドに送り出すためにも明日もガッチリいきましょう。
今日を経ての明日なんかは最高の流れだけど、どうかな?

[ 2010/08/06 23:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)

鬼門で案の定 

100805 神宮
ヤクルト 4-0 中日
ヤ)○由規
中)●ネルソン



鬼門神宮で被3タテ。



だけどこんな事よくあること。
上には上がいます。


09年7月8日 楽天●5-7○ロッテ (Kスタ宮城)
09年8月14日 楽天○4-3●ロッテ (Kスタ宮城)
09年8月15日 楽天○5-1●ロッテ (Kスタ宮城)
09年8月16日 楽天○7-6●ロッテ (Kスタ宮城)
09年8月28日 楽天○2-1●ロッテ (Kスタ宮城) 
09年8月29日 楽天○4-5●ロッテ (Kスタ宮城)
09年9月18日 楽天○9-5●ロッテ (Kスタ宮城)
09年9月19日 楽天○10-4●ロッテ (Kスタ宮城)
09年9月20日 楽天○6-5●ロッテ (Kスタ宮城)
09年10月7日 楽天○9-0●ロッテ (Kスタ宮城) 
10年7月6日 楽天○6-0●ロッテ (Kスタ宮城) 
10年7月7日 楽天○6-4●ロッテ (Kスタ宮城) 
10年7月8日 楽天○5-4●ロッテ (Kスタ宮城) 
10年8月3日 楽天○5-3●ロッテ (Kスタ宮城) 
10年8月4日 楽天○5-3●ロッテ (Kスタ宮城) 
10年8月5日 楽天○9-3●ロッテ (Kスタ宮城) ←new





3連敗なんてよくあること。
大好きなナゴドで、4番を変えて、平田りんを入れて空気を変えましょうよ。
[ 2010/08/05 23:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)

6番(右)堂上剛 7番(二)堂上直  

100804 神宮
ヤクルト 4-2 中日
ヤ)○石川-H増渕-H松岡-Sイム
中)●山井-小林-鈴木-平井


兄弟が並んだスタメンが発表されたところがピークの試合。
あとはまぁダラダラと消化。


6番はライトで堂上剛裕。
得意の早撃ち、ではなく全て追い込まれてから打ったヒットでプロ初(?)の3安打、猛打賞。

松井が代打でヒット、野本は代打で四球を選んだけど、
とりあえずは、6番ライトの争いもこれで決着かな。
だって今日の先発左の石川なのにスタメンなんだもんね。


ウィナー・どのうえええぇええたけひぃぃろろおおおう!!!

おめでとう!




病さん。(敬意を払っての誤変換ですw)
投手に3出塁率を許すあたりはらしさというか…
まぁ悪くてもこれくらいに収まってくれればローテの4本目としてはまずまずと言ったところですかね。
けど、この状態でCS2ndのGAME4に投げてもらうのもねぇ…。
半信半疑、いや、四信六疑のピッチャーが絶対に勝たないといけない試合で先発するのは…う~ん。


昨日途中交代の谷繁は抹消はなかったもののベンチスタートで出場無し。
代わりの小田がタイムリーを含む2安打で打率.421。
けど最後は代打を送られるんだよね。悔しいだろうなぁ。



[ 2010/08/04 23:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)

見てて楽しい竜虎対決 

100801 甲子園
阪神 8-7 中日
神)○下柳-H西村-H渡辺-久保田-S藤川
中)●岩田-清水昭信-小林-鈴木-平井-高橋


限りなく3タテに近い1分2敗で、約1ヶ月甲子園を空ける阪神に華。

ゲーム消化数、負け数を考えるとイタイ。
わざわざ吉見んをカードの頭に立てたのに0勝はイタイ。


点数だけを観れば接戦ですが、終始試合を支配してたのは阪神。
自ら阪神の手のひらの中に入っていき、おもしろいにもてあそばれました。

それでも、負け犬の遠吠えに聞こえるかもしれないけど、
阪神からするとネコジャラシで触られたくらいのダメージかもしれないけど、
ほんの少しはもがけたのはまだ良かったのかな?


岩田。
汗すげえ。ユニホーム全体の色が変わるほどの汗。
ユニホームを着替えて、色が元に戻った3回からはピッチングも元に戻って3,4回の2イニングは零封。

てかユニホーム本体(?)の着替えもあるんだね。アンダーシャツの換えしか持って来てないと思ってた。
それともウラで一所懸命ドライヤーでブオォーーってやってたの?


ブランコ。
フリーバッティングでもまったく飛ばない。状態は最悪(解説の鈴木啓示さん評)
その上ルールもワカラナイときた。
久保田がそこしか打てないところにピンポイントに投げてくれたおかげでホームランは出たけど…


野本。
まぁお疲れ。



1勝も出来なかったこの3日間を振り返っての感想は、『楽しかった』
それは阪神タイガースが相手だったからであること以外に理由はありません。

もしこれが巨人相手なら、扇風機の2台くらいは軽く壊してたでしょう。
ちなみに、去年のナゴド3タテの川井ちゃんがラミレスに何回目か分からないくらい打たれたときに怒りが頂点に達して
扇風機の羽がズダボロになるまで暴れてました(笑) 夏も終わりかけてたし、でかいまま処分するのもいろいろ大変だからこの方が捨てやすいでしょ。

自分が大阪出身なのは置いといて、巨人を倒すという最大にして明確な共通点を持つことから、
勝手ながら仲間意識が少しはあるんでしょうね。

2005.9.7や2008.10.20のような試合をCSでしたい!
もちろん2ndステージで、もちろんナゴヤドームで!






[ 2010/08/01 23:00 ] 10' シーズン | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。