スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

高橋聡文、4000万でサイン 

高橋は4千万円でサイン 中日
高橋
「もっと大事な場面で投げさせてもらえるようにしたい」

---------------------------

防御率3.08 49試合 2勝2敗 10H 49.2回 
失点17 被安打38 被本塁打6 与四球14 奪三振53 奪三振率9.60   

アッキーが契約を更改。

新型ノーコン病がブルペン陣に蔓延したナゴドのヤクルト戦とか、
GWの生観戦試合(井端のHRゲットの試合)で2アウトから3点リードを吐き出しそうになった横浜戦とか、
東京Dで爆炎した朝倉のあとでもうひと爆発させた巨人戦とか、
悪いときはとことん悪かった今年のアッキーですが、例の巨人戦以降は20試合25.2回をたったの2失点に抑え、その間の防御率はなんと0.71!
CSでも3試合3イニングをパーフェクトですから、いかに後半の調子が良かったかが分かるでしょう。

6月はたった2試合のみの登板(=それくらいの信頼)で自ら「僕の登板はレアですから」とまで自虐しましたが、CS2ndGAME3では荒木のプロフェッショナルなスライディングでリードしたあとの7回を任されましたからね。

来年はずっとフルシーズンでその場面で投げれるようになっていて欲しいです。


なお、同日に英智が200万円増の3300万円で契約更改。FA移籍に興味があると言っていた記事を中スポ見たきがしますが、とりあえず残留でホッ。落合ドラゴンズには欠かせないワンピースです。
そして藤井は同日の提示を保留「金額も含め、譲れない部分がある」と言い放ち、福留からアドバイス貰ったゴネ得テクニックを駆使しただとか(ウソ)


細かいことは明日の中スポ待ち。
アッキーの写真がアップされるか、不満顔の藤井がアップされるか。どっち?

スポンサーサイト
[ 2009/11/21 23:00 ] 09' シーズンオフ | TB(0) | CM(0)

聖域に挑む若手 

堂上弟、井端に挑む
堂上直「守備は自信を持ってやれるようになりました。あとは打撃でアピールするしかない。この秋も打撃を一番にやっています。(来年は)4年目なので、やるしかないんです。
(減俸は)結果が出ていないので当然。今年は去年と一緒で2軍でもダメでした。プロに入って悔しい年ばかりです。
ショート? 1つでも多く守れる方がプラスになる。難しいけどしっかり練習すれば何とかなると思っています。
(打撃は)だいぶよくなってきました。」

辻総合コーチ「ショートもできれば(起用の)幅が広がるからね。 直倫は肩が強くてスピードもあるからショートの素質はある。練習することはプラスになってもマイナスにはならない。可能性? 足を使えば何とかなると思う」

-----------------------------------

ずっと前から直倫はショートやればいいと思ってました。
竜の血を受け継ぐ人気者が、グランドの端っこで捕って投げるだけになるよりも、グランドの真ん中で走り回ったほうが絶対にカッコイイ。
今ショートを守ってる選手が選手なだけに、そのあとを受け継ぐには中途半端な縁やセンスじゃ割に合わない。
一家3代ドラゴンズという縁、中学時代にナゴドのレフトスタンドまで運んだセンス。ええ、適任です。

いちいち坂本を引き合いに出す意味が分からないのですが、こっちは西武の中島みたいなスーパーショートになるから、こういうことをいえるもの今のうちなんだろーな




谷がアライバ後継名乗り
谷「ドミニカにきてよかった。
試合に出られているということは、本当に自信になります。こっちは真っすぐで勝負してくる。それに振りまけないことを考えています。
最初はしんどいとも思いましたが、今は移動も楽しんでいますよ。
来年は違いますよ。」

----------------------------------------

次期ショートといえば、ずっと推していたのが谷くん。おとなしめな選手が多いナゴヤ球場において、やかましいくらいに声を出して雰囲気作りをする谷くん。
そのガツガツした性格がドミニカの気質とマッチして、試合に出れるだけで”すごい”とされるドミニカのウインターリーグで、バリバリ活躍してるそうな。
来季は、今までずっと使ってくれた2軍監督の辻さんが、1軍総合コーチになり、さらにドミニカに飛んでコーチまでしてる森繁コーチが、投手オンリーだったのがヘッドコーチとなり。

今までは「アライバのバックアップはお気にの岩崎だけ♪by落合」だったのが、谷をよく知る辻さんと谷の活躍をこの眼でしっかりと見た森繁コーチが落合監督のそばに仕えることによって、谷は非常に1軍に近い選手になると思う。いや、なる!



「アライバさんに勝つのは無理だから外野に…」とかいう逃げの姿勢をとることなく、あえてショートに割り込んできたり、ドミニカまで行って修行したり、いいじゃないですか。その心意気。
しかもその2人が海を隔てて争ってる、というのがまたドラマですなぁ。

アライバの後の『ナオリンタニリン』コンビ。楽しみですわぁああ(*´д`*)


[ 2009/11/15 17:00 ] 09' シーズンオフ | TB(0) | CM(0)

それぞれの秋 


日本シリーズも巨人の優勝という結果になり、本当のオフがやってきました。チーム本体はナゴヤ球場で厳しい秋季キャンプを行っているそうです。そうです、というのはつまり、ボクは参加していないという意味です。後輩投手から電話をもらって、相当きつい練習をこなしているという話を聞き、若い選手は大変だと思う次第です。といっても、ボクも10年ぐらい前までは毎年やっていたことでもあります。

若くて結果を残した連中が練習しているのに、何も成績を残せなかったボクが休んでいるというのはどういうこと?と言われそうですが、実は鳥取へ来ています。今回は岩瀬君も一緒です。本当は内緒なんですが、ホームページをご覧になっている方だけに教えちゃいます(笑)。秋季キャンプが始まったのと同時にこっちへきて、岩瀬君のほうはリハビリを中心となっていますがボクはそうはいきません。何年ぶりになるのかな。この時期に毎日100球以上を投げています。若い連中もこの時期には思い切って何かを習得しようと試みているでしょうが、ボクも調子のよかったころのフォームを取り戻そうとしているのです。

もうひとつ、前から話していますが、この年になると、体を休めた後の動き出しに非常に時間がかかってしまうというのも鳥取でトレーニングをしている理由です。来年が最後になってしまうかもしれませんが、自分がいいと思っていることをすべて取り入れて春のキャンプに突入しようと考えています。しばらくはこちらに滞在することになりますので、また何かあればエッセイでお知らせします。

全試合、全イニングを見たわけではないのですが、日本シリーズはどれもいい勝負だったような気がします。どちらが勝っても不思議ではないという試合が続きましたが、東京ドームの空中戦ではやはり巨人が一枚上でした。巨人はシーズンを通して強いチームで、強い中で世代交代をうまくやって、脂の乗ってる選手も中堅も若手もいて、面子だけを見ると以前のメンバーのほうが迫力があったようにも感じますが、野球自体は今のチームのほうが強いという感じなのでしょうね。そんな強い巨人に対して、来年は昨年のように勝ち越すということでチームに貢献したいと思います。

立浪君の背番号「3」は永久欠番になりませんでした。冷静に考えれば、杉下さんや中さん、高木さんといった偉大な先輩も永久欠番にはなっていませんので、当然ともいえるのかもしれませんが、立浪君の唯一の先輩としては、そうしてあげてもよかったんじゃないかなという気持ちです。すぐに森野君がつけることになったのはビックリ。でもああ見えて結構図太いやつですから、平気な顔でまた背番号「3」をグラウンドで輝かせてくれるのではと期待しています。

ドラフトでは左投手をたくさん指名しましたね。新聞などを見ていると、高校生の子がボクの話を聞いてみたいとか、目標ですとか言ってくれているので感激しています。それもこれも、現役でやっているからそう言ってもらえるんでしょうね。昨年の高卒ルーキーはうちの長女と同い年で、親子キャッチボールなんて言われましたが、今度のドラフト1位・岡田君のお父さんはボクより年下だそうで。キャンプではまた読谷で一緒に練習することになると思いますし、またいろいろチェックしてみたいですね。

反対に退団する選手も発表になりました。毎年のことですが、先輩としては嫌なときでもあります。今年は特にファームが長かったので、一緒に過ごしたという思い入れの多い選手がほとんどで寂しさもひとしおです。直接本人から電話をもらった選手もいました。チームに裏方として残る者、今日行われたトライアウトを受けた者、他業種に就職する者。それぞれ中日ドラゴンズに在籍していたということ忘れないで頑張ってほしいですね。菊地、佐藤亮太の両左腕はボクのことを慕ってくれてもいたので、本当に残念。この寂しさは何度経験しても慣れるものではないですね。

忘れていけないのが中里君。ルーキー時代からよく知っていますが、投げても打っても走っても素晴らしく、天才少年というのはああいう子のことを言うのだと思いました。キャンプ中の不慮の事故で大けがをしてしまい、今のところ完全にそこから抜け出せてはいませんが、幸い巨人入りが決まりました。まだまだ可能性を出し尽くしてはいないと思いますので、ライバルチームの選手にはなりますが、応援していきたいと思います。


2009.11.11


山本昌公式サイト路傍の一球より引用。
[ 2009/11/11 23:00 ] 09' シーズンオフ | TB(0) | CM(0)

欠番で栄光を残すより継承で歴史を輝かそう 

中日・森野が立浪の背番号「3」を継承
中日は5日、背番号の変更を発表し、今季限りで現役を引退した立浪がつけていた「3」を森野が引き継ぐことになった。

 同じく今季で現役を退いた井上打撃コーチの「9」は野本がつける。また、中川は32から森野がつけていた31に、佐藤充は16から70にそれぞれ変わった。

------------------------------

森野が立浪のあとを受け継いで来年から3番をつけます。
署名活動をしていた人からすれば残念かもしれないけど、立浪のポジションを奪ったのは森野であって、実力で堂々と奪ったので、森野に継がせるのは当然なのかな、と思います。

3番を永久欠番にすることは個人的には反対。
今ドラゴンズには服部さんの10番、西沢さんの15番と2つの欠番がありますが、僕はこの2選手のことをよく知りません。それはこの2選手の伝説が、永久欠番という形で保存されたことで”封印された”ことが大きいと思います。

今後、3番を立浪→森野→野本→?→…と代々その時代のチームの中心バッター(出来れば3番打者で左打ち)が受け継ぐことで、
例えば野本がユニホームを脱ぐ時代のドラゴンズファンの子供が『野本の前に3番を付けてた森野と立浪っていう選手は、名前しか知らないけど、チームの中心の左バッターで…』という風に想像がつくのは、立浪和義の英雄物語を伝承していく上で、とっても大事なことだと思います。


野本は9に。
どちらかというと7のほうが似合ってる気もしますが、前任のヤツの悪いイメージが強すぎるので、7番は数年寝かせることで浄化して…というところでしょうか(笑)

佐藤充はがけっぷち番号の70。
今年の中里と同じ道を歩むなら、チャンスは多くて2回しかないはず。個人的に好きな部類に入るので、どうにか頑張ってほしいところ。
齊藤やあきのぶが来季もダメな場合はブルペンでどう?



そして一番嬉しいのが中川の31。期待されてますねーいいですねー。
来年は生で観たい!関東遠征まで1軍に喰らい付いててくれ!
こっちは内野指定買う覚悟は出来てるから!


#32 nakagawa6
#32 nakagawa5
#32 nakagawa4

#32 nakagawa7  #32 nakagawa2




[ 2009/11/06 21:00 ] 09' シーズンオフ | TB(0) | CM(0)

来季スタッフ発表 

中日が新スタッフ発表!川相氏が2軍監督に
中日は2日、来季のスタッフを発表し、森繁和バッテリーチーフコーチがヘッドコーチに昇格した。辻発彦2軍監督は総合コーチになり、川相昌弘内野守備走塁コーチが2軍監督になった。

 新スタッフは次の通り。

▽監督 落合博満(55)=秋田工高 背番号66
▽2軍監督 川相昌弘(45)=岡山南高 71
▽ヘッド 森繁和(54)=駒大 80
▽総合 辻発彦(51)=佐賀東高 85

▽投手 稲葉光雄(61)=清水工高 89  
▽同 小林聖始(51)=広島工高 78  
▽同 高木宣宏(46)=北陽高 86  
▽同 近藤真市(41)=享栄高 76

▽バッテリー 田村藤夫(50)=関東一高 72  
▽同 中村武志(42)=花園高 83  
▽同 長谷部裕(41)=享栄高 79

▽打撃 高柳秀樹(52)=国士舘大 88  
▽同 石嶺和彦(48)=豊見城高 75  
▽同 井上一樹(38)=鹿児島商高 99

▽打撃・外野守備走塁 垣内哲也(39)=日高高中津分校 81   
▽同 上田佳範(35)=松商学園高 87

▽内野守備走塁 風岡尚幸(41)=春日丘高 74  
▽同 奈良原浩(41)=青学大 82  
▽同 渡辺博幸(39)=日大 77

▽外野守備走塁 笘篠誠治(45)=上宮高 73

▽野手 早川和夫(49)=国士舘大 84

▽トレーニング 三木安司(49)=中京大 90  
▽同 宮前岳巳(41)=大体大 93  
▽同 塚本洋(34)=大体大 91

▽コンディショニング 勝崎耕世(44)=日体大 92  
▽同 住田ワタリ(32)=帝京大 94

------------------------------------------

あまりにも見にくすぎるので綺麗に整理。

新任は井上と元西武の垣内氏の2名。
去年のコーチ発表を聞いた時は『投手コーチに稲葉氏と青木氏って誰や?』と思ったんですが、吉見ん、チェン、アサタクらの成長を見るとそれはそれでよかったんですね。(といっても投手は全て森繁が指揮してそうですが)

その森繁がヘッドコーチに昇格。まぁ元々投手陣の組長兼ヘッドだった立場をヘッドのみにした、というところでしょうか。
2軍を2度日本一にした辻さんが高代さんのやっていたポジションについて、空いた2軍監督が川相さん。

主にヒット打った打者とグータッチをする仕事(1塁コーチ)は誰になるんでしょうか?


なお、退任するのは兼任コーチだった立浪のみで、バカ柳は残留の模様('A`)
[ 2009/11/03 20:00 ] 09' シーズンオフ | TB(0) | CM(0)

さよなら中里 

中日、01年ドラ1・中里ら6選手を戦力外

中日は2日、中里篤史投手(27)、中村公治外野手(28)、小川将俊捕手(30)、佐藤亮太投手(26)、菊地正法投手(25)、樋口賢投手(19)の6選手に戦力外を通告したと発表した。

 中里は春日部共栄高(埼玉)から2001年にドラフト1位で入団。右肩の故障に苦しみ、通算32試合の登板で2勝2敗だった。


-------------------

中里:今季がラストって分かっていて。背番号を70にされてもう後が無いと言うのは誰もが分かっていて。一方でそのストレートに惚れている人もたくさんいて。
怪我ばかりの野球人生で不運といえばそうだけど、意識の低さともいえる事で。

最後に惚れ惚れするストレートをどうぞ。

忘れないよ(´;ω;`)ブワッ


佐藤亮:去年、あと一歩で勝てそうな試合を落として…って感じ。

菊地:公式サイトにまでも名前を間違えられるほど(菊地と菊池)存在感のなかった選手(笑)
あっきー、コバマサ、久本らの左中継ぎと比べた場合…ということなんでしょう。それだけアッキーの壁が厚いということだ。
ゴールデンウィーク期間には1軍にいたので、もしかしたらアッキーとかネルソンの後ろとかに写ってるかもしれません。探してみます。


樋口:失踪のうわさを聞いたけど???

小川:CSで2番手捕手としてベンチ入りしてたのは思い出作りだったのか。

中村ハム:去年も一時自ら退団を申し出たという騒動があって、右の外野は飽和中ということでサヨウナラ。一昨年は交流戦で4番スタメンだったよね。


昨今はチームスタッフとして残る人も多いのですが、今回はどうでしょうか。
トライアウトはどんなレベルでもとにかく左が欲しいというチームがもしかしたら菊地と佐藤を獲るかも?というレベル。1軍の経験は皆無に等しい選手ばかりですから、再就職はかなり厳しいでしょう。
去年の森岡に続いて中里もどっかが拾ってくれればありがたいんですけど…



日本一早い来季の解雇予想。
平井、清水将海(確定)
前田、澤井  (黄信号)
長峰、柳田  (可能性あり)
中村一、中川 (もしかすると…)
小笠原    (希望)
[ 2009/11/02 22:00 ] 09' シーズンオフ | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。